次回のてるチャレは4/17(土)に開催されます!シリーズ8の個人戦です!

【VR Circuit Qualifier #1 Top 4】Dragapult Kyogre

レンタルチームID: 0000 0002 75NR TV

English Version Below:

はじめに

初めまして。私はイギリスのプレイヤーのAuraRayquaza(@AuraRayquaza)です。最近VR Circuit Qualifier #1でTOP4という成績を残すことができました。

2019年に世界大会の出場権利を獲得することができましたが、良い結果を残すことができるようになったのは第8世代でダイマックスが登場してからです。私はドラパルトが大好きなので、ドラパルトと共に勝てているのは嬉しいです。

また、Desafio LATAM qualifierという209人が参加した大会でも、この構築に少し変更を加えたもので優勝することができました。変更点についても説明します。

https://twitter.com/latamvgc/status/1363617613406961668

English Version Below:

構築経緯

シリーズ8ルールが始まったころ、カイオーガを素早くしてしおふきを使うことができるトルネロス+カイオーガの組み合わせが非常に強力であることが認知されていました。ここで私は、カイオーガを素早くする方法を保ちつつ、確実に盤面操作ができてザシアンやバドレックスなどの非常に素早いポケモンに対しても有利を取れるような、よりバランスの良いカイオーガ構築を試してみたいと思いました。

ドラパルト

ドラパルトがカイオーガの良いパートナーに決まりました。対グラードンにおいてダイストリームで雨状態を取り返すことができ、ダイジェットで隣のカイオーガの素早さを上げることができます。ドラゴンというタイプも、みず・くさ・でんきタイプというこのルールで採用が目立つ攻撃技に耐性があり優秀です。

ドラパルトカミツルギガオガエンモロバレルポリゴン2

ドラパルトカミツルギガオガエンモロバレルレジエレキ

ドラパルトカミツルギガオガエンブリザポスポリゴン2

モロバレル、ガオガエン、カイオーガのバランスの良い3体を固定しつつ、ドラパルトとカミツルギでダイホロウビート展開、カイオーガとダイジェット展開などを考えました。また、トリックルーム展開も取り入れるためにスタンダードなトルネオーガ構築にブリザポスを入れたような形も試してみました。しかし、どれもうまくいきませんでした。

ドラパルトナットレイガオガエンレジエレキポリゴン2

この6体の並びを目にし、非常に気に入りました。ナットレイはカイオーガと合わせて強力な勝ち筋になり、雨+トリックルームで弱点をうまくカバーできています。カイオーガと縦の相性も良く、カミツルギよりも耐久が高いです。レジエレキはエレキネットでドラパルトをサポートし、相手のトルネオーガやバドレックス、ザシアンなどをドラパルトで倒すことができるようになります。この並びでトーナメントに参加しました。

構成

カイオーガ

特性あめふらしカイオーガ
持ち物うしおのおこう
性格ひかえめ
実数値(努力値)198(180)-*-110-222(252)-160-120(76)
しおふき/ねっとう
かみなり/まもる

カイオーガはこのパーティの中心となるポケモンで、トリックルーム下でも素早さ上昇下でも活躍できる最大の攻撃役です。

カイオーガでしおふきを選ぶよりもダイマックスさせることが最適な場合があることを頭に入れておくことが大切です。カイオーガが長く生き延びることができれば、試合に勝つ確率が高まります。この展開においてはガオガエンとレジエレキを絡めたサイクル戦が有効です。

うしおのおこうはしおふきとダイストリームの威力を上げるために採用しました。ねっとうはVictory Roadの大会中はこんげんのはどうでしたが、最終的には主に相手のラプラスと組んでいるガオガエンや霊獣ランドロスに確実に当てるためにねっとうとなりました。

対ラプラスでダイサンダーが使えるようにれいとうビームをかみなりに変更しました。相手のカイオーガにも有効で、トルネオーガ構築とのマッチアップで役立つことがあります。

努力値配分は素早さを+1段階上昇で最速トルネロスを抜くことができる値にし、トリックルーム下でも動けるよう少し遅くしています。残りをHPに配分することで、相手の予想以上に耐久を高くできるのが良いです。

ドラパルト

特性クリアボディドラパルト
持ち物いのちのたま
性格いじっぱり
実数値(努力値)163-189(252)-95-*-96(4)-194(252)
ドラゴンアロー/ゴーストダイブ
そらをとぶ/ダイビング

ドラパルトはポケモン剣盾での私のお気に入りのポケモンの1匹です。ザシアンやバドレックス(黒馬)などを除いた他の多くのポケモンよりも素早さが高いので、ダイジェットを非常に早く使うことができます。

タイプもとても優秀で、トルネオーガ構築に入っているほとんどの攻撃に耐性があり、ソルガレオや日食ネクロズマに対しても大ダメージを与えられます。天候操作と素早さ操作という点でトルネロスと似たような役割をこなすことができますが、トルネロスよりも攻撃面で存在感があります。ねこだましが無効なので、ドラパルトの隣をダイマックスさせることで相手のねこだましを咎めることもできます。

ダイビングは対晴れパーティで雨状態を取り返すことができるダイストリームを使えるように、他のスタンダードな技を差し置いて採用されました。ナットレイへの相手の回答となるヒートロトムやガオガエンに対しても大きな打点となります。

トルネロスと比較すると、フシギバナとのマッチアップはドラパルトの方がかなり有利です。

性格をようきにしても相手のザシアンやバドレックス(黒馬)を抜くことはできず、いずれにせよエレキネットに頼る必要があるため性格はいじっぱりとしました。そのため火力が高く、素早さに全振りすることで晴れ下のおくびょうフシギバナを素早さ1段階上昇後抜くことができます。

レジエレキ

特性トランジスタレジエレキ
持ち物きあいのタスキ
性格おくびょう
実数値(努力値)156(4)-*-70-152(252)-70-277(252)
かみなり/エレキネット
ボルトチェンジ/まもる

レジエレキは良いサポートと攻撃の両方をこなします。エレキネットが最も使用頻度の高い技で、ドラパルトとカイオーガの素早さを補佐し、また対トルネオーガ、ザシアン、バドレックスにおいて役立ちます。

エレキネット1回でおいかぜ状態のトルネロスやカミツルギを抜けるよう、性格をおくびょうにしました。これにより、相手のおいかぜの素早さ上昇を打ち消すことができます。

Victory Roadの大会では持ち物をじしゃくで使っていましたが、きあいのタスキのほうが良いと思いました(持ち物以外は同じ)。じしゃくはレジエレキがダイマックスした場合に強力で、特に対とつげきチョッキ持ち化身ボルトロスにおいて有効ですが、きあいのタスキの場合はより自由にエレキネットが使えるようになります。どちらも良い選択だと思います。

ナットレイ

特性てつのトゲナットレイの画像
持ち物たべのこし
性格ずぶとい
実数値(努力値)176(212)-*-185(140)-*-156(156)-40
てっぺき/ボディプレス
やどりぎのタネ/まもる

技構成はスタンダードなもので、試合のあらゆる局面で強力な勝ち筋となることができます。ドラパルトやカイオーガで攻撃しながら隣でてっぺきを積む動きが最もよく決まりました。しかし、相手のほのおタイプを全て処理してからやどりぎのタネでゆっくり詰める方がより信頼できるプランです。

ディアルガやパルキアのような伝説ポケモンとのマッチアップでも動きやすく、ガオガエン、ポリゴン2、カイオーガと合わせて防御面での中核を成します。

努力値配分はHPを食べ残しの回復効率が最も良くなる16nとし、しんぴのしずくカイオーガのしおふきをたべのこし回復込みで2発耐えられるようにしました。素早さは非トリックルーム状態で相手のバドレックス(白馬)にエレキネットやダイジェット込みで先制できるようにするために最遅にはしていません。

ダメージ計算

  • 攻撃1段階上昇A244ザシアンのせいなるつるぎが136~160ダメージ(77.2~90.9%)で確定耐え
  • C222カイオーガの雨+しんぴのしずく補正込みのしおふき(威力150)が80~95 (45.4~53.9%)で、たべのこしの回復込みで超高乱数2発耐え

ガオガエン

特性いかくガオガエンの画像
持ち物ぼうじんゴーグル
性格しんちょう
実数値(努力値)201(244)-136(4)-119(68)-*-128(52)-98(140)
ねこだまし/フレアドライブ
ちょうはつ/すてゼリフ

ガオガエンは相手のモロバレルに対するナットレイに次ぐ第二の交代先となれるよう、ぼうじんゴーグルちょうはつで採用しました。いかくとねこだましにより防御面でキーとなるポケモンで、カイオーガが自由に動けるようにしたり、トリックルームの補佐をしたりします。

ドラパルトと一緒に選出することで相手のフシギバナ選出を見ることができ、レジエレキと一緒に選出した場合はサイクル戦においてたくさんの選択肢を与えてくれます。

カイオーガでしおふきを選択した場合や、レジエレキのHPが少なくなってしまった場合などに時々ガオガエンにダイマックスを切りました。

努力値配分は非常に重要で、いかく込みで相手のバドレックス(白馬)のダイアースを耐えることができ、攻撃が上昇していないザシアンのインファイトも耐えることができます。すばやさは98で、これまで出会った全てのガオガエンの上を取ることができました。これは非常に役立ち、ポリゴン2が容易にトリックルームを展開できたり、カイオーガやナットレイで相手のガオガエンを処理できるような場面を作ることができました。トリックルーム下では逆に遅くすてゼリフを使うことができます。後述しますが、バドレックス(黒馬)とのマッチアップではポリゴン2と合わせてキーとなります

ダメージ計算

  • 攻撃1段階下降A238バドレックス(白馬)のいのちのたま補正込みのダイアースが169~200ダメージ(84~99.5%)で確定耐え
  • A244ザシアンのインファイトが170~200ダメージ(84.5~99.5%)で確定耐え

ポリゴン2

特性トレースポリゴン2
持ち物しんかのきせき
性格ずぶとい
実数値(努力値)191(244)-*-145(172)-*-127(92)-80
トリックルーム/イカサマ
かいでんぱ/じこさいせい

この構築の安定したトリックルーム役です。トリックルームが展開されてなくても十分活躍することができます。カイオーガの水技でポリゴン2に打点のあるポケモンを倒してしまえばポリゴン2で詰めることも可能です。

かいでんぱは相手のフシギバナやディアルガ、パルキアのような特殊アタッカーをポリゴン2で見ることができるようになり、ダイアースがないこの構築においてナットレイの特殊耐久を補佐するのにも役立ちます。

イカサマはこのルールではザシアンや化身ボルトロス、グラードン、カミツルギ、霊獣ランドロスなどの攻撃の高いポケモンが多いため採用しました。特殊アタッカーでも伝説のポケモンは攻撃が高いため、イカサマでいいダメージを出すことができます。また、バドレックス(黒馬)にも大きなダメージを与えられ、このマッチアップにおいては重要です。

また、トリックルーム下ではダイマックスを切ることがあります。ダイアークを使って相手のとくぼうを下げることでカイオーガのしおふきが強力になります。

このポリゴン2は攻撃技がイカサマなので、特性をトレースで採用しました。ダウンロードは役に立ちませんし、アナライズはトリックルームが展開されていない時にしか効果がありません。トレースによっていたずらごころやクリアボディ、フレンドガード、ビーストブースト、いかくなどの有用な特性を得られることがあります。相手のトランジスタなどの役に立たない特性をトレースしてしまったり、相手のひでりをトレースしてしまったりするなど有効でない場面もありますが、体感だと5%で悪い特性を、55%がどちらでもない特性を、40%が良い特性をトレースしていたように思います。

努力値配分は相手の化身ボルトロスを主に意識したものとなっています。marcofiero(@marc0fier0)の有名なバドレックス(黒馬)構築では、化身ボルトロスやガオガエンでトリックルームを阻止しようとしてくるため、これに対処したいと考えました。このポリゴン2はこうげき1段階上昇てだすけ+いのちのたま補正込みの化身ボルトロスのダイナックルを耐えることができます。すなわち、こちらはガオガエンとポリゴン2を出して相手のボルトロスにねこだましをすることで、相手がダイマックスしてきた場合にも攻撃を耐えることができます。イエッサン♀が選出されなかった場合はガオガエンまたはウーラオスにねこだましをし、ちょうはつやインファイトを阻止します。これによりほぼ確実にトリックルームを展開でき、カイオーガが自由にしおふきを使うことができるようになります。

ダメージ計算

  • 攻撃1段階上昇A167化身ボルトロスのてだすけ+いのちのたま補正込みのダイサンダーが165~195ダメージ(86.3%~102%)で高乱数(81.3%)で耐え
  • 攻撃1段階上昇A167化身ボルトロスのいのちのたま補正込みのばかぢからが135~161ダメージ(70.6%~84.2%)で確定耐え
  • H4振りバドレックス(黒馬)にイカサマが136~164ダメージ(77.2%~93.1%)

選出と立ち回り

ゲームプラン

十分に練習を積んできたので、この構築はどんな相手にも勝てると信じています。それぞれの試合で的確に選出することが大事で、さもなければ勝ち筋を作ることができないでしょう。例えば、相手にモロバレルがいる場合はいかりのこなで腐ってしまうポリゴン2は選出しないなどです。

また、ナットレイはカイオーガ、レジエレキ、モロバレル、ガオガエンを倒すことができますが、トルネオーガ構築には非常に相性が悪いのを理解することも大切です。ちょうはつ+しおふきや、カミツルギのダイナックルを対処するのが難しいためです。

基本選出1

先発:レジエレキドラパルト
後発:ガオガエンorナットレイorポリゴン2

この選出はエレキネット+ダイホロウorダイドラグーンで攻撃的なプレッシャーを与えることを目的とした選出です。適当なタイミングでボルトチェンジでカイオーガを出しながらダイジェットの素早さ上昇を乗せることもできますが、それができなくても問題はありません。

レジエレキにねこだましが来ることが予想できる場合にはレジエレキをダイマックスさせる選択肢も頭に入れておくと良いでしょう。この動きが通れば2体で1ターン目から攻撃して相手を壊滅させることができます。

ラスト1体は相手の構築に合わせて詰め筋となるポケモンを選びます。この選出パターンでポリゴン2を出すことはあまり多くないですが、試合の終盤でトリックルームを展開したい場合や、相手がポリゴン2を倒せなさそうな場合は有効です。ガオガエンはカイオーガで相手を一掃する展開に最も役立ちます。

カイオーガが刺さっていない場合など、ごく稀に後発にガオガエンとナットレイを置く場合もあります。対ディアルガ/パルキア構築でのBO3の3本目でこの選出をよくやりました。

基本選出2

先発:レジエレキ
後発:ガオガエンナットレイorドラパルト

選出1と同じようなプランですが、カイオーガのしおふきで攻撃していきます。

最後のポケモンは誰にダイマックスを使いたいかで選ぶと良いです。もしカイオーガやレジエレキがダイマックスできそうな場合には、ナットレイのてっぺきでプレッシャーを与えることができます。エレキネット+しおふきを選びたい場合は、後発にドラパルトを置くのが強いです。

対ラプラスザシアン構築には、この選出のナットレイを出すパターンが多かったです。カイオーガをダイマックスさせて、ザシアンが着地する前にナットレイを展開します。

基本選出3

先発:ポリゴン2+ガオガエン
後発:+ナットレイorレジエレキ

トリックルームをしてカイオーガで一掃を狙います。てっぺきを積むチャンスがありそうな場合にはナットレイを、カイオーガにダイマックスを使わずトリックルーム終了後にレジエレキにダイマックスを使うプランの場合はレジエレキを選びます。

ナットレイを出す場合には、ガオガエンをダイマックスさせる選択肢もあります。オーロンゲ+ディアルガ/パルキアのような相手に有効で、かいでんぱで相手のディアルガなどを弱らせたり、カイオーガ+ナットレイでダイマックスターンを枯らして終盤にナットレイで詰めて勝つことを狙います。

対バドレックス(黒馬) バドレックス(こくばじょうのすがた)レジエレキ化身ボルトロス

先発:ポリゴン2+ガオガエン
後発:+レジエレキ

ポリゴン2の項で述べたような化身ボルトロス展開に対する選出です。相手の選出がバドレックス+ボルトロスの場合はねこだましをボルトロスに、ボルトロス+ガオガエンの場合はねこだましをガオガエンに、ウーラオス+ボルトロスの場合はねこだましをウーラオスに選択します。(ボルトロスのばかぢから+ウーラオスのダイナックルは3/16の確率でしかポリゴン2を倒せません)

トリックルーム後にカイオーガで一掃を狙い、終盤にレジエレキを温存して締めます。

対トルネロス+カイオーガ 化身トルネロス

先発:レジエレキ+ドラパルト
後発:+ガオガエン

冒頭で述べたとおりの動きです。1ターン目にダイジェットをトルネロスに選択しながらレジエレキはまもるを選択し、2ターン目にエレキネットをします。レジエレキは素早さを1段階上げることで追い風下のトルネロスを抜くことができ、上から倒すことができます。

カミツルギが選出された場合にはカミツルギにダイジェットを選択して圧力をかけていくのが良いでしょう。レジエレキのきあいのタスキのおかげで確実にエレキネットを使うことができます。

カイオーガはこのマッチアップではあまり重要ではありませんが、相手のガオガエンの処理や、終盤に相手のカイオーガを倒すのに使えます。終盤のカミツルギに対してもガオガエンがベストな選択です。

対グラードン+フシギバナフシギバナ

先発:レジエレキ+ドラパルト
後発:+ガオガエン

こちらも冒頭で述べたとおりで、この選出がとても良いです。プランはフシギバナにボルトチェンジとダイジェットを選択で、ほとんどの場合倒すことができます。グラードンが横にいる場合は裏からカイオーガを出します。そうでない場合はガオガエンを出します。このマッチアップにおいては天候を維持することを意識して立ち回る必要があることを常に念頭におきますが、さほど難しくはないはずです。

現環境ではほとんどのフシギバナはねむりごなを使ってきませんが、持っている場合はドラパルトに当たらないことか、晴れ状態のフシギバナがレジエレキより遅いことを願うしかありません…

さいごに

きつい相手もいくつか存在しますがいずれも十分に練習をすることで対処できるはずなので、落胆することはありません!

  • とつげきチョッキボルトロスはエレキネット+ダイストリームを耐えてくるためかみなり+ダイストリームを選ぶ必要があります。ゴリランダーと組まれている場合は厳しいこともあります。
  • いのちのたまディアルガは非常に強いため、このマッチアップでは慎重に交代を選ぶ必要があります。しかし、終盤でのダイマックスやかいでんぱが役に立つでしょう。
  • 環境にドラパルトが増えた場合には、ドラパルトの性格をようきにする必要が出てくるかもしれません。

最後に、ここまでレポートを読んでくれてありがとうございました!私はリバティノートの構築記事を読んで多くの情報を得て助けられてきたため、ついに貢献することができて嬉しいです。ぜひこのパーティを使ってみてください。一緒にこの構築を使って、いくつかのマッチアップについて教えてくれたOliver(@OweVGC)に感謝します。

何か質問がありましたら、Twitterで直接聞いてください!

レンタルチームID: 0000 0002 75NR TV

パーティ作成者

AuraRayquaza

ツイッター

VR Circuit #1 TOP4


English Version

Rental Team ID: 0000 0002 75NR TV

Introduction

Hi, I’m AuraRayquaza (@AuraRayquaza) from the UK and recently I finished 3rd in the VR circuit qualifier #1.

I qualified for worlds in 2019 but started getting good results in generation 8 with Dynamax. I really love Dragapult so doing well with it is nice.

I was also able to win the Desafio LATAM qualifier with 209 participants the weekend after, with some changes which will be discussed.

https://twitter.com/latamvgc/status/1363617613406961668

Teambuilding Process

When series 8 rules came out, it was understood that Tornadus + Kyogre was very strong, for making Kyogre very fast to use Water Spout. I wanted to try a more balanced Kyogre team as a way to exert control and also do better vs Zacian and Calyrex teams which are very fast, while still having a way to make Kyogre quick.

ドラパルト

Dragapult was determined to be a good partner for Kyogre because it can use Max Geyser to reset the rain vs Groudon and Max Airstream with a high speed next to Kyogre. Its dragon typing provides a nice resistance to water, grass and electric which are all prominent attacking types in the format.

ドラパルトカミツルギガオガエンモロバレルポリゴン2

ドラパルトカミツルギガオガエンモロバレルレジエレキ

ドラパルトカミツルギガオガエンブリザポスポリゴン2

Some of my ideas revolved around keeping the balance core of Amoonguss Incineroar and Kyogre, while adding Dragapult to Max Phantasm beatdown with Kartana and Max Airstream with Kyogre. I also tried to develop a stronger Trick Room mode by using Glastrier, while keeping the basic TornOgre core with Kartana. None of the above ideas worked.

ドラパルトナットレイガオガエンレジエレキポリゴン2

I found this 6 on ladder and immediately I liked it. Ferrothorn is a strong win condition next to Kyogres offensive pressure and likes Rain + TR support to cover its weaknesses. It also has good vertical switch synergy with kyogre, but more bulk than kartana. Regieleki helps Dragapult to sweep by hitting Electrowebs onto TornOgre, Calyrex and Zacian. I made sets and entered the tournament.

The team

Kyogre

AbilityDrizzleカイオーガ
ItemSea Incense
NatureModest
Stats(EVs)198(180)-*-110-222(252)-160-120(76)
MovesWater Spout/Scald
Thunder/Protect

Kyogre is the centre of the team and the biggest offensive threat, able to work both inside TR and get speed boosts to hit hard.

It is important to know when dynamaxing Kyogre is the best choice or if you should Water Spout instead. If Kyogre is positioned well, then you will most likely win the game. The pivoting from Incineroar and Regieleki helps with this.

Sea Incense was used to boost Water Spout and Max Geyser power. Scald was used in the final version (Origin Pulse in the VR tour) to hit Incineroar and Landorus-T accurately when they were paired with Lapras. Ice Beam was changed to Thunder to further help vs Lapras teams, being able to click Max Lightning vs them. It means you can also hit opposing Kyogre hard, which sometimes helps vs opposing TornOgre teams.

The speed EVs outspeed Thundurus after a Max Airstream speed boost, while staying slow enough for TR. The extra HP is extremely good because Kyogre gets much more bulky than opponents might expect.

Dragapult

AbilityClear Bodyドラパルト
ItemLife Orb
NatureAdamant
Stats(EVs)163-189(252)-95-*-96(4)-194(252)
MovesDragon Darts/Phantom Force
Fly/Dive

Dragapult is one of my favourite pokemon in sword and shield. It is faster than most other pokemon in the format at the moment, with the exception of Zacian and Calyrex-Shadow, so it can Max Airstream very quickly.

Its typing is also very good, for being able to resist most of the attacks on TornOgre teams and dealing huge damage to Solgaleo/Necrozma Dusk Mane. It fulfils a similar role to Tornadus in controlling the weather and speed, but has a bigger offensive presence on the field. Being immune to Fake Out also means you can often punish Fake Out leads by maxing Dragapults partner to get two attacks off.

Dive was chosen alongside the other standard moves for Max Geyser to reset rain for Kyogre when facing sun teams. It can also hit Ferrothorn answers like Rotom-H and Incineroar hard.

It has a much better Venusaur matchup than Tornadus does.

Adamant was chosen because Jolly Dragapult cannot outspeed Zacian or Calyrex-Shadow so you must rely on Electroweb anyway. Therefore the extra power is preferred. 252 speed EVs outspeeds 252 timid Venusaur in sun if you have a +1 speed boost.

Regieleki

AbilityTransistorレジエレキ
ItemFocus Sash
NatureTimid
Stats(EVs)156(4)-*-70-152(252)-70-277(252)
MovesThunder/Electroweb
Volt Switch/Protect

Regieleki is a good mixture of support and offense for the team. Electroweb is the most used move to speed up Dragapult and Kyogre, and is very good vs TornOgre and Zacian/Calyrex.

Max speed with timid was used because after one Electroweb, Regieleki outspeeds Tornadus and Kartana even in Tailwind, so can Electroweb a second time to neutralise the speed boost from TW.

I used Magnet in the VR tour but decided Focus Sash was better (the rest of the set stayed the same). Magnet makes Regieleki a stronger dynamax option, particularly vs AV Thundurus, but Focus Sash allows Regieleki more freedom to use Electroweb. Both are good choices.

Ferrothorn

AbilityIron Barbsナットレイの画像
ItemLeftovers
NatureBold
Stats(EVs)176(212)-*-185(140)-*-156(156)-40
MovesIron Defense/Body Press
Leech Seed/Protect

The moveset is standard and lets Ferrothorn be a strong wincon at any point in the game. I have found the most success aggressively setting up Iron Defense with the pressure of Kyogre or Dragapult next to it, but it can be a reliable plan to remove all of the fire types on the opposing team and play slowly with leech seeds.

It is very good vs legends such as Dialga and Palkia, forming a good defensive core with Incineroar, Porygon2 and Kyogre.

The EV spread hits a 16n HP number for best leftovers recovery, and lives 2 Mystic Water Kyogre Water Spouts after Leftovers. The speed is not minimised because Ferrothorn can outspeed Calyrex-Ice outside of TR if you can use Electroweb or Max Airstream.

Damage Calculations:

  • +1 252+ Atk Zacian-Crowned Sacred Sword vs. 212 HP / 140+ Def Ferrothorn: 136-160 (77.2 – 90.9%) — guaranteed 2HKO after Leftovers recovery
  • 252+ SpA Sea Incense Kyogre Water Spout (150 BP) vs. 212 HP / 156 SpD Ferrothorn in Rain: 80-95 (45.4 – 53.9%) — 2.7% chance to 2HKO after Leftovers recovery

Incineroar

AbilityIntimidateガオガエンの画像
ItemSafety Goggles
NatureCareful
Stats(EVs)201(244)-136(4)-119(68)-*-128(52)-98(140)
MovesFake Out/Flare Blitz
Taunt/Parting Shot

The Incineroar was chosen to be Safety Goggles with Taunt to provide a second switch into Amoonguss with Ferrothorn. It is a key defensive pokemon with Intimidate and Fake Out to help Kyogre attack more freely, and to help set up Trick Room.

It pairs nicely with Dragapult to check Venusaur leads and can give many pivoting options when lead with Regieleki.

I would also sometimes dynamax Incineroar if I had clicked Water Spout with Kyogre and my Regieleki was low on HP.

The EV spread is very important. It lives -1 max quake from calyrex-ice, and a zacian close combat at neutral. A speed stat of 98 is chosen to almost guarantee i outspeed every other incineroar i face. This is useful to give Porygon2 an easier time setting TR, and can create some nice situations with Kyogre and Ferrothorn to remove the opposing Incineroar. By being faster than other Incineroar, I can taunt them before they have a chance to Parting Shot, losing a lot of momentum for the opponent. I also have a slower parting shot under TR. This forms a key piece of the Calyrex-Shadow matchup with Porygon2, which will be mentioned later.

Damage Calculations:

  • -1 252+ Atk Life Orb Calyrex-Ice Max Quake vs. 244 HP / 68 Def Incineroar: 169-200 (84 – 99.5%) — guaranteed 2HKO
  • 252 Atk Zacian-Crowned Close Combat vs. 244 HP / 68 Def Incineroar: 170-200 (84.5 – 99.5%) — guaranteed 2HKO

Porygon2

AbilityTraceポリゴン2
ItemEviolite
NatureBold
Stats(EVs)191(244)-*-145(172)-*-127(92)-80
MovesTrick Room/Foul Play
Eerie Impulse/Recover

The most consistent Trick Room setter for the team, because it can function very effectively even outside of tr. It can function as an endgame wincon after all of the big hitters have fainted to Kyogre’s water moves.

Eerie Impulse allows p2 to control the Sp Atk of Pokemon such as Venusaur, Dialga and Palkia, and helps Ferrothorn out since i cannot use Max Quake to boost its Sp Def.

Foul Play is used as the attack because a lot of Pokemon have very high attack stats, such as Zacian Thundurus Groudon Kartana and Landorus-T. Even special attacking restricted Pokemon have high attack stats, so Foul Play always does nice damage. It also hits Calyrex-shadow very hard, which is important in the matchup.

There is also the very rare option to dynamax P2 under TR. You can use max darkness to lower special defense and make kyogres water spout even stronger.

Because there are no moves that rely on Porygon2’s attack stats, Trace is the ability used. Download is useless, and Analytic is only useful when not setting TR, which isn’t very often. Trace can give P2 some very good abilities, such as Prankster, Clear Body, Friend Guard, Beast Boost and Intimidate. When compared to the times trace is a bad situation (tracing Drought) or neutral (such as Transistor), it is about 5% bad, 55% neutral and 40% good.

The EV spread is tailored specifically for Thundurus I. This is because a popular team with Calyrex-shadow by marcofiero (@marc0fier0) had Thundurus I and Incineroar on it to stop TR from being set up, and i wanted to beat that. The defense always lives +1 HH LO Thundurus Max Knuckle. This means you can always lead Incineroar and P2 into Thundurus and Fake Out Thundurus. If they dynamax to dodge Fake Out, P2 lives the attack. If they do not lead Indeedee to helping hand, then you can Fake Out the partner Incineroar or Urshifu to stop a Taunt or Close Combat. This almost always guarantees TR sets up and Kyogre can Water Spout freely.

Damage Calculations:

  • +1 252 Atk Life Orb Thundurus Helping Hand Max Lightning vs. 244 HP / 172+ Def Eviolite Porygon2: 165-195 (86.3 – 102%) — 18.8% chance to OHKO
  • +1 252 Atk Life Orb Thundurus Superpower vs. 244 HP / 172+ Def Eviolite Porygon2: 135-161 (70.6 – 84.2%) — guaranteed 2HKO
  • 0- Atk Porygon2 Foul Play vs. 4 HP / 0 Def Calyrex-Shadow: 136-164 (77.2 – 93.1%) — guaranteed 2HKO

Common leads

Gameplan

I believe that with enough practise, this team can win any battle. It is very important to choose the correct Pokemon in each game, otherwise you will not be able to set up your winning Pokemon properly. For example: if there is an Amoonguss on the opposing team, do not bring Porygon2 as it is useless when rage powder is used.

It is also important to see that Ferrothorn is very bad against TornOgre teams, even though it beats Kyogre, Regieleki, Amoonguss and Incineroar. The combination of Taunt + Water Spout and Max Knuckles from Kartana is too much to handle.

Basic selection 1

Front: レジエレキドラパルト
Back: ガオガエンorナットレイorポリゴン2

The aim is to put a lot of pressure on the opponent with Electroweb + Max Phantasm or Max Wyrmwind. We will try to use Volt Switch safely at some point to give Kyogre a Max Airstream speed boost, but do not worry if this isn’t possible.

It should be noted that you can dynamax Regieleki here if you are expecting a Fake Out into it. This allows for 2 attacks on turn 1 which can be devastating.

The last pokemon should be chosen based on the opponents team and your best endgame plan. Porygon2 is a rare choice here but good if you want to develop a late Trick Room or the opponent cannot KO it. Incineroar is best chosen when Kyogre can sweep.

Very rarely in this selection, we will choose Incineroar + Ferrothorn in the back, when Kyogre is not very strong. This is often used against Dialga/Palkia teams as a game 3 adjustment in BO3 tournaments.

Basic selection 2

Front: レジエレキ
Back: ガオガエンナットレイorドラパルト

We will aim to use the same plan as selection 1, but with Kyogres Water Spout.

The last pokemon should be chosen depending on who the best max pokemon is. If Kyogre or Regieleki can dynamax early, you will be able to use their pressure to set up Iron Defense with Ferrothorn. If you will click Electroweb + Water Spout, then Dragapult is very strong in the back.

The Ferrothorn version is my most common choice against Lapras/Zacian teams. I will dynamax Kyogre and set up Ferrothorn quickly before Zacian enters the field.

Basic selection 3

Front: ポリゴン2+ガオガエン
Back: +ナットレイorレジエレキ

We will aim to set up Trick Room quickly and sweep with Kyogre. Ferrothorn can find opportunities to set up an Iron Defense, while Regieleki can dynamax after Trick Room has ended if Kyogre doesn’t do so.

It should be noted that sometimes, Incineroar can also dynamax if Ferrothorn is selected. This is the most common selection against Dialga/Palkia + Grimmsnarl teams, where we will try to Eerie Impulse the Dialga and use Ferrothorn + Kyogre to waste the early max turns, ending with a Ferrothorn win.

Vs バドレックス(こくばじょうのすがた)レジエレキ化身ボルトロス

Front: ポリゴン2+ガオガエン
Back: +レジエレキ

We will expect a Thundurus lead and refer to selection 3. Calyrex + Thundurus = Fake Out Thundurus, Thundurus + Incineroar = Fake Out Incineroar, Urshifu + Thundurus = Fake Out Urshifu (since Urshifu Max Knuckle + Superpower only KOs 3/16 times).

We will then aim to sweep with Kyogre and keep Regieleki for the end of the game to finish off.

Vs 化身トルネロス

Front: レジエレキ+ドラパルト
Back: +ガオガエン

We will refer to selection 1 here. Turn 1 you should Max Airstream the Tornadus and Protect Regieleki. Then Electroweb on turn 2. Regieleki at +1 speed will outspeed Tornadus in Tailwind to take the KO.

If Kartana leads, then you should Max Airstream the Kartana to put pressure on it. The Focus Sash on Regieleki also allows you to Electroweb on turn 1 if you decide.

Kyogre is not so important here but can hit Incineroar hard and deal with lategame Kyogre. Incineroar is the best option against Kartana late on.

Vs フシギバナ

Front: レジエレキ+ドラパルト
Back: +ガオガエン

Once again we refer to selection 1 (it is very good haha). The plan will be to Volt Switch and Max Airstream Venusaur on turn 1 and hopefully pick up a knockout. If Groudon enters the field for Venusaurs partner, then we will switch Kyogre in. Otherwise, switch Incineroar in. The remainder of the game will need to be played carefully to continue winning the weather war but it should be easy to do.

In this environment, most Venusaurs do not use Sleep Powder. But if they have it, then we hope it does not hit Dragapult or that Venusaur in sun is slower than Regieleki…

Conclusion

Some tough Pokemon for this report exist, but all of them are able to be beaten with enough practise, so do not be disheartened!

  • AV Thundurus is able to live Electroweb + Max Geyser, so we must Thunder + Max Geyser, which is sometimes hard if paired with Rillaboom.
  • Life Orb Dialga requires very careful switching, as it is very strong, but a lategame dynamax or an Eerie Impulse can help this.
  • It may become necessary to use Jolly Dragapult as the number of Dragapults increases in the environment.

Lastly, thank you for reading my report! I have gained a lot of information and help from reading team constructions on Liberty Note so it is good to finally contribute, I hope you enjoy the team. I thank @OweVGC for using the team with me and helping to learn some of the matchups. Any further questions can be directed to me @AuraRayquaza on Twitter.

Rental Team ID: 0000 0002 75NR TV

Author

AuraRayquaza

ツイッター

VR Circuit #1 TOP4

Twitterで最新情報をチェック!