2022年もポケモンダブルバトルのコンテンツを中心に情報発信していきます。今年もよろしくお願いします!

【S24ダブル最終3位】超级巨火石爆发最强,无需技巧(キョダイフンセキ最強)

レンタルチームID: 0000 0004 HX82 2H

English Version Below:

はじめに

みなさんこんにちは。私の名前はJude Lee (@PlayerVgc)です。2016年からVGCを始めたプレイヤーで、2019年からより本格的に取り組み始めました。私の主な実績はシンガポールで行われたPokemon Asia’s Players Cup Regional Qualifiers TOP4で、シリーズ11でもこれまで多くの大会でトップカットに進出しています。

今回は、シリーズ11環境での私のセキタンザンへの取り組みについて紹介します。私に多くの素晴らしい結果をもたらしてくれた構築です。

主な成績

  • ランクバトルシーズン24 11/30時点で1位(415勝183敗) & 最終3位
  • z trick room cup 2位 (参加者30人)
  • Victory Road Series 11 Challenge TOP4 (参加者約100人)
  • JoeUX9 tour TOP4 (参加者95人)
  • リバティノートチャンピオンシップス(LCS2021) Day2進出 (22位/参加者123人)

このパーティは、私の友達のバリヤード角中(@kakunaka_VGC)がてるチャレチーム戦で、Victor Medina(@TorvivVGC)がJoeUX9 tourでそれぞれ使用し、良い結果を残してくれました。このことからも、このパーティは優れていて、ランクバトルでもトーナメントでも有効であると言えます。

前置きはこれぐらいにして、構築経緯へと進みます。

構築経緯

キョダイセキタンザンゴリランダー

私の考えでは、優れたセキタンザン構築はすべて、スタンダードな炎・草・水の軸を持っています。れんげきウーラオスは、物理アタッカーとしての攻撃性能や、特性ふかしのこぶしとねこだましとのシナジーなどから、間違いなくベストなアクアジェットの使い手だと感じます。草タイプは、モロバレルよりもゴリランダーが試合の詰めにおいてはるかに優れていると感じました。だんがいのつるぎやしおふき/こんげんのはどうなどの全体技が多く、攻撃を引き寄せる効果がシリーズ9のようなルールほど優れていないというのもあります。

ザシアン

伝説枠にはザシアンを採用しました。ザシアンはセキタンザンの最高のサポーターで、自身がダイマックスすることなく、相手が伝説のポケモンであったりダイマックスしていたとしてもほとんどの相手に大きなダメージを与えることができます。この目的に当てはまるポケモンとして黒バドレックスも検討しましたが、ザシアンは耐久が高いことと、とつげきチョッキ持ちのダイマックス霊獣ランドロスなど黒バドレックスでは脅威となるポケモンに強いことからザシアンが優れていると感じました。また、黒バドレックスは採用率の高いいちげきウーラオスのふいうちにも弱いです。

ガオガエン

次に、多くのパーティが採用しているようにガオガエンを採用。すてゼリフによって相手を弱体化させながら盤面を整えることができ、ねこだましによるプレッシャーを持つだけでなく、フレアドライブなどの強力なタイプ一致技や、ちょうはつのような有用な補助技を持っています。

ガラルファイヤー

ここで最後のポケモンを決めるのに苦労しました。最初はドラパルトを採用していて、対晴れパーティや、おにびによる圧力、ひかりのかべによるサポートが有効でした。しかし、対黒バドレックス+化身ボルトロスのマッチアップが非常に厳しく、相手の高速ポケモンに対して素早さ操作で切り返すための手段が不足していたことからダイジェットを使えるポケモンも欲しいと感じました。これらを満たす数少ないダイジェット役がガラルファイヤーでした。下記の理由からうまくマッチしました。

  • だっしゅつボタントリックによる妨害を受けない
  • 黒バドレックスに対して非常に強い
  • 耐久が高く倒されづらい
  • カイオーガ、リザードン、フシギバナ/コータスなどのメジャーな特殊アタッカーとの撃ち合いに強い
キョダイセキタンザンゴリランダーザシアンガオガエンガラルファイヤー

構成

セキタンザン

特性じょうききかん
持ち物じゃくてんほけん
性格おくびょう
実数値(努力値)185-*-140-132(252)-111(4)-90(252)
まもる/メテオビーム
ねっぷう/ソーラービーム

スタンダードなセキタンザンです。だいちのちからではなくソーラービームを採用しましたが、相手のカイオーガ(非ダイマックス状態)やトリトドンに有効であったり、ダイマックス終了後にグラードンに対して使えます。だいちのちからだといくつかのマッチアップで勝てなくなるのと、+2キョダイフンセキで相手のダイマックスセキタンザンは一撃で倒せることから、だいちのちからよりもソーラービームを優先しました。

配分もスタンダードですが、性格がおくびょうなのが重要です。性格をおくびょうにすることで、リザードン、ウツロイド、カミツルギなどひかえめでは抜けない多くの相手をおいかぜ下やS+2状態であったとしても抜くことができます。また、ひかえめの火力はややオーバーキル気味で、おくびょうにしても倒せる/倒せない相手は変わらないことが多かったです。耐久振りのセキタンザンについてはこのルールには合っておらず、鉢巻でないれんげきウーラオスのすいりゅうれんだを耐える以外には大きな変化がありませんでした。

ウーラオス(れんげきのかた)

特性ふかしのこぶしキョダイマックスウーラオス(れんげきのかた)
持ち物きあいのタスキ
性格ようき
実数値(努力値)175-182(252)-120-*-81(4)-163(252)
すいりゅうれんだ/まもる
インファイト/アクアジェット

スタンダードなウーラオスで、特に言うことはありません。

ゴリランダー

特性グラスメイカーキョダイマックスゴリランダー
持ち物きせきのタネ
性格いじっぱり
実数値(努力値)192(132)-194(252)-110-*-90-121(124)
グラススライダー/ウッドハンマー
まもる/ねこだまし

スタンダードなアタッカーゴリランダーですが、相手のゴリランダーの上からねこだましを打てることが非常に重要なので、S120に設定されているゴリランダーを抜けるようにしました。

まもるはサイクルできるとんぼがえりと選択ですが、相手のダイマックスターンを稼ぐことができるのが良いです。ウッドハンマーの高火力も終盤の詰めにおいて役立ちます。

ザシアン

特性ふとうのけんザシアン
持ち物くちたけん
性格ようき
実数値(努力値)167-222(252)-135-*-136(4)-220(252)
きょじゅうざん/せいなるつるぎ
じゃれつく/まもる

みがわりやつるぎのまいを採用せず、攻撃技を多く採用したザシアンです。序盤/終盤のいずれにおいてもダメージを与えることがこのパーティにおけるこのポケモンの主な役割で、5ターン以上場に残ることは少ないためです。

じゃれつくはこのパーティで重い対ゼクロム、パルキア、ジガルデ用ですが、ヤミラミを火傷していても一撃で倒せるのも便利です。耐久には努力値を割いていませんが、壁がなければ確定数に大きな変化はありません。

性格をようきにしているのはザシアンミラーで同速勝負を仕掛けられることと、相手のドラパルトの上を取れること、ダイジェットで素早さを上げることで相手のおいかぜ下のウーラオスやカイオーガを抜けることが非常に重要であるためです。

ガオガエン

特性いかくガオガエンの画像
持ち物シュカのみ
性格しんちょう
実数値(努力値)200(236)-136(4)-130(156)-*-130(68)-86(44)
フレアドライブ/ねこだまし
すてゼリフ/ちょうはつ

ガオガエンはS85の同族を意識して素早さを86にしています。

ちょうはつはバークアウトやDDラリアット/じごくづきと選択になりますが、ちょうはつを警戒されなければ相手のモロバレルやトリックルームを止めることができ、終盤に使って相手のまもるやダイウォールを封じることでグラススライダー、アクアジェット、ザシアンの攻撃、ファイヤーのふいうちなどで詰める展開を作れます。

ぼうぎょととくぼうが同じ値になるように配分しました。

ガラルファイヤー

特性ぎゃくじょうガラルファイヤー
持ち物とつげきチョッキ
性格ひかえめ
実数値(努力値)192(212)-94-113(20)-150(132)-146(4)-128(140)
イカサマ/バークアウト
エアスラッシュ/ふいうち

セキタンザンが厳しいマッチアップにおけるMVPです。

等倍であれば集中されても耐えることが多く、特殊攻撃であれば抜群攻撃を2耐えすることもあるほどです。主な役割はダイジェットの素早さ上昇をウーラオスとザシアンに乗せることです。

バークアウトはダイマックスしていない時に相手のディアルガやコータスなどの特殊アタッカーの火力を下げることができるのが強力で、イカサマはザシアンを攻撃するのに役立ち(最低3割のダメージ)、ふいうちは終盤やファイヤーが倒される直前にダメージを稼ぐことができます。もえあがるいかりはバークアウトが同じような役割を持っており、とくこうを下げる方が有用であるため不要でした。

マッチアップ

このパーティで勝つための全てのマッチアップが網羅できているはずです。ぜひ使ってみてください!

対晴れザシアンオーロンゲザシアンフシギバナコータス

先発:ガオガエンザシアン
後発:キョダイセキタンザン

主なプランは1ターン目にオーロンゲをザシアンで倒しながらダイマックスポケモンにすてゼリフをするか、ダイバーンをザシアンで誘ってセキタンザンで受けるかのどちらかです。ちょうはつがとても重要で、相手のオーロンゲやコータスの補助技を封じることができます。

対ゆずパ オーロンゲザシアン霊獣ランドロストリトドンヒートロトム

先発:ガオガエンザシアン
後発:キョダイセキタンザンゴリランダー

おそらく一番きつい相手で、相手のランドロスはすてゼリフを1回入れてもセキタンザンを一撃で倒すことができる上に、パーティになみのりがないためトリトドンがいるとじょうききかんを発動させることができません。さらにはファイヤーは壁やダイアースで特殊耐久の上がったザシアンとオーロンゲに何もできません。

アプローチは相手のランドロスにダメージを与えてグラススライダー圏内に入れて倒すことです。その後、フレアドライブでじょうききかんを発動させて相手を倒すことを目指します。ねこだましの圧力と相手のトリトドンに圧力をかけるためにウーラオスではなくゴリランダーを選出します。

対グラードンフシギバナフシギバナグラードン

先発:ガオガエンザシアン
後発:キョダイセキタンザン

いろんなポケモンがダイマックスしてくるためトリッキーなマッチアップで、五分五分の相手です。

ザシアンとガオガエンをゲームプランの軸として、相手のグラードンにすてゼリフをして弱体化させ、セキタンザンが生き残ることができるようにします。ちょうはつは相手にブラッキーがいる場合にとても有効です。

相手のリザードンの構成を把握することもとても重要で、プレイングに影響します。終盤のダイマックスリザードンはとても脅威で、ダイマックスリザードンに倒されてしまわないよう、相手を適切に狙ったり、1ターン目にダイウォールを強制させるなどして、セキタンザンが倒れたり晴れが終わるまでに優位を取りましょう。

対雨ザシアン キングドラザシアンゴチルゼル

先発:ガラルファイヤーザシアン
後発:ゴリランダー

ザシアンを守らせながらダイジェットでザシアンの素早さを上げることで雨状態のキングドラの上を取ることができるようになります。相手もザシアンに交代しながらダイジェットをファイヤーに打ってきた場合、ザシアンをゴリランダーに引っ込めてキングドラをグラススライダー圏内まで削りましょう。

終盤のためにウーラオスは大事にします。雨状態のすいりゅうれんだで相手を全員倒すことができます。

相手の1ターン目の行動次第の五分五分のマッチアップですが、適切にプレイすれば勝つことができます。

対おいかぜカイオーガ カイオーガ

先発:ガラルファイヤーザシアン
後発:ゴリランダー

このマッチアップは比較的イージーで、ダイジェットの素早さ上昇をザシアンに乗せることができればスカーフでない限り相手のおいかぜカイオーガを抜くことができます。もしスカーフの場合は(初手対面の特性発動順で判定できる)、カイオーガにダイジェットをしてしおふきの火力を下げてダイマックスを強要し、ゴリランダーの餌にしましょう。

相手がエースバーンを1ターン目にダイマックスしてくる場合には1ターン目にザシアンを守らせ、2ターン目にウーラオスに引っ込めてエースバーンのダイマックスターンを稼ぎます。アクアジェットが半減のタイプに変化していない限り、アクアジェット2発+いのちのたまダメージ2回+ダイジェットでエースバーンを倒すことができると思います。ファイヤーはエースバーンとエルフーンに集中されても耐えることができます(とても耐久が高いです)。

相手がダイマックスランドロスを展開してくる場合、S+1ザシアンが上を取っていて、グラススライダー圏内に押し込むことができます。1ターン目にファイヤーにダイジェットを撃たれてしまった場合はザシアンをゴリランダーに交代してダイアースを受ければ大丈夫です。(ランドロスのダイマックスを凌いでしまえば、じしんはグラスフィールドで半減なので脅威ではなくなります)

相手にカプ・テテフ/イエッサン♀がいると最悪のマッチアップです。その場合はゴリランダーを最後まで大切にし、フィールドの取り合いに勝つことを意識しましょう。

対白バドレックス バドレックス(はくばじょうのすがた)レジエレキウーラオス

先発:ゴリランダーガオガエンor
後発:ザシアンorガオガエン

ゴリランダーが最大のダイマックス候補になります。いかく込みグラスフィールド下、またはいかく無しのミストフィールド下ではキョダイコランダでミミッキュを一撃で倒すことができます。相手にガオガエンとカプ・レヒレがいる場合、ウーラオスの攻撃を重ねておくとさらにダメージを与えられます。相手にモロバレルがいる場合はガオガエンを選出します。(モロバレルがいるということはカプ・レヒレがいないことが多いです)

相手の先発がバドレックス+ミミッキュだった場合はキョダイコランダをミミッキュに、ちょうはつをバドレックスに打ちます。バドレックスはかげうちでじゃくてんほけんを起動してダイマックスしない限りはこちらが倒されないため、その場合はトリックルームが発動しません。トリックルーム状態でなければザシアン、ウーラオス、ゴリランダーの3体で勝つことができます。

ゴリランダーは相手の先発レジエレキにも有効で、ダイアタックを使うことでザシアンがレジエレキの上を取れるようになる上きょじゅうざん圏内に入ります。ただ、多くのプレイヤーはレジエレキよりもバドレックスを通すプランを取ってきます。

トリックルーム役がサマヨールの場合はキョダイコランダをレジエレキに打ちながらちょうはつをします。ダイマックスしないバドレックスはA+2でもブリザードランスではザシアンを倒せず、相手はレジエレキをダイマックスしない限り1ターン目にガオガエンが倒されることはありません。

対黒バドレックスバドレックス(こくばじょうのすがた)化身ボルトロス

先発:ガラルファイヤーザシアン
後発:ゴリランダーガオガエン

ファイヤーのおかげでかなり楽なマッチアップです。ボルトロスをきょじゅうざんで狙い、他のポケモンをファイヤーで狙うだけです。ダイサンダーやアストラルビットが急所に当たるなどのおかしなことが起きない限りは楽です。

ファイヤーザシアンに強いヒートロトムが相手のパーティ入っていることもありますが、セキタンザンが脅威となるため出てこないことが多いです。

対物理レジエレキ+黒バドレックス レジエレキバドレックス(こくばじょうのすがた)

先発:ゴリランダー
後発:ガラルファイヤーザシアン

かなり厳しいマッチアップで、正直に言って降参したいほどです。物理レジエレキがほぼ全てを一撃で倒してきます。

このマッチアップにおいてはダイマックスゴリランダーVSイエッサンレジエレキの盤面を作り、ダイアタックを使ってザシアンがレジエレキの上を取れるようにしたいです。もし相手が1ターン目にダイジェットを選択する場合は、イエッサンに自由にダメージを与えられてウーラオスが2回動けます。ウーラオスが襷で耐えている間にダメージを稼ぎ、終盤にファイヤーでバドレックスの相手をします。相手がレジエレキを出してこない場合はバドレックス対面でファイヤーをダイマックスさせます。

それでも厳しいマッチアップですが、全く勝てないわけではありません。アドバイスとしては、ゴリランダーとファイヤーを柔軟に使い分けて、相手がどのポケモンを選出してくるか、どのポケモンをダイマックスさせるかを予想してそれに合わせた選択をし、自分の選択に自信を持つことです。

対セキタンザンミラーキョダイセキタンザン

先発:ガラルファイヤーザシアン
後発:ゴリランダー

or

先発:キョダイセキタンザン
後発:ゴリランダーザシアン

相手に黒バドレックスがいる場合は1番目の選出を、相手にザシアンがいる場合は2番目の選出をします。

ファイヤーが驚くほど活躍するマッチアップで、ダイジェットでゴリランダーやウーラオスを攻撃しながら、ザシアンの素早さを330に引き上げることができ、最速でないセキタンザンであれば6段階上昇されていても抜くことができます。しかし、ファイヤーはザシアンには弱いので、通常のウーラオスセキタンザン選出がベターです。

おわりに

全体的に見てこのパーティは、全ての相手に対応することがとても難しいシリーズ11環境においてほとんどのマッチアップで有利を取ることができる良いパーティです。

友達であり、セキタンザン構築作成のパートナーである@typhoeus200318に感謝します。彼はとても素晴らしいプレイヤーで、セキタンザン構築を考える際におもしろいアイデアをたくさん出してくれます。彼のアイデアから多くを得ることができました。

また、友達のVíctor Medina (@TorvivVGC)たちにも、このパーティを使って良い結果を残したことを祝福します。

最後に、いつも支えてくれたりこのパーティを使ったりしてくれたBuzzwole Gainsのチームメイトたちにも感謝です。彼ら(Baars, Jin Furai, jnqe, Dresiop, tyoら)がいなければこの結果はありませんでした。

レンタルパーティはこちらです。ぜひ使ってみてください!さようなら!

レンタルチームID: 0000 0004 HX82 2H

最後のワンポイント

  • バークアウトで弱体化させることに囚われすぎないように。時にはダイマックスして素早さを上げたり生存できるようにしたりすることが圧力となることがあります。
  • セキタンザンを失うことを恐れないように。カメックス、フシギバナや他のキョダイマックスと同様に、キョダイフンセキを使うことができれば1ターンで倒されてしまっても十分なことがあります。セキタンザンを1ターンで失っても、フンセキの定数ダメージと、ゴリランダー・ウーラオス・ザシアンで相手を倒し切れる試合はたくさんあります。
  • ダイマックスを強制させられていると感じないように。それがこのパーティのメインプランです。ダイマックスはプレイに柔軟性をもたらしてくれるものです。私はこれまでに、ダイナックルやダイアタックの追加効果のためにウーラオスやゴリランダーをダイマックスさせたことがあります。

パーティ作成者

Jude Lee

ツイッター

超極巨炎石噴發最强
Gigarroca Ígnea demasiado fuerte
キョダイフンセキ最強

 


English Version

Rental Team ID: 0000 0004 HX82 2H

Introduction

Hello everyone, my name is Jude Lee (@PlayerVgc), and I am a player who started vgc in 2016 but only took it more seriously in 2019 onwards. My results in vgc have included top 4 in Pokemon Asia’s Players Cup Regional Qualifiers in Singapore, and cutting a lot of online tours so far in series 11.

Today, I am presenting to you my take on Coalossal in the s11 meta — a team that has carried me to multiple impressive results online.

The results include:

  • Current no.1 on the in game ladder (415-183)
  • 2nd Place z trick room cup (30 participants)
  • Top 4 Victory Road Series 11 Challenge (approx. 100 participants)
  • Top 4 JoeUX9 tour (95 participants)
  • Day 2 of Liberty note championships(LCS 2021) (Top Cut day 1, 22nd out of 123 participants)

This team was also used by my friend Shinichi Matsuda (@kakunaka_VGC) and Víctor Medina (@TorvivVGC) in the Tererun team challenge and 2nd place in the JoeUX9 tour. Both achieved very good results, proving that this team is a successful and effective team both in the ladder and in tournaments.

Without further ado, let’s move onto the team building process.

Team Building Process

キョダイセキタンザンゴリランダー

IMO, every good Coalossal core should have the standard fire water grass core. I feel that Urshifu-Rapid-Strike is hands down the best Aqua Jet user in the format by a mile, because of it being a physical attacker that can diversify your team’s damage type and the synergy between Unseen fFst and Fake Out from Pokemon like Incineroar and Rillaboom. For the grass type, I decided against Amoonguss as I felt Rillaboom is much better for cleaning up games, and there are a lot of spread moves like Precipice Blades and Water Spout/Origin Pulse, that redirection is not as good as in a format like series 9.

ザシアン

For my restricted, i chose Zacian, as it is the best supporter of Coalossal, given that it can hit everything for good damage, even if resisted or dynamaxed, without needing to dynamax itself, making it a very good clean up Pokemon. For that purpose, I was deciding between Calyrex-Shadow-Rider and Zacian, but felt that Zacian had much better bulk and can hit things like Assault Vest Landorus-Therian and dynamax threats in general more effectively, and Calyrex-Shadow has a glaring weakness to Sucker Punch from things like Urshifu-Single-Strike variants which are quite popular.

ガオガエン

Next, I added Incineroar, as it is overall a very consistent member that every team should have, as it can control the board state very well, with Parting Shot being so overpowered, and having a very good STAB move like Flare Blitz, and support move like Taunt, as well as the Fake Out pressure.

ガラルファイヤー

Now, here comes the hard part — choosing the last Pokemon. I originally wanted to put Dragapult in, as it is good vs the sun matchup with Will-O-Wisp pressure and Light Screen support, but i felt that my Calyrex-Shadow Thundurus matchup would be horrendous if I did so, and I also wanted a member that could use Max Airstream, to give my fast threats a way to keep up with speed control that my team lacks. The only really viable airstream user was Galarian-Moltres, which made a lot of sense due to a few reasons:

  • Doesn’t get cheesed by eject button
  • Walls Calyrex-Shadow hard
  • Has very good bulk and survivability
  • Has a good MU vs a lot of popular special attackers like Kyogre, Charizard and Venusaur/Torkoal
キョダイセキタンザンゴリランダーザシアンガオガエンガラルファイヤー

The Team

Coalossal

AbilitySteam Engine
ItemWeakness Policy
NatureTimid
Stats(EVs)185-*-140-132(252)-111(4)-90(252)
MovesProtect/Meteor Beam
Heat Wave/Solar Beam

Standard Coalossal team here, Solar Beam instead of Earth Power to handle threats like Kyogre (if not dynamaxing), Groudon once your dynamax is over, Gastrodon, etc. You would not be able to win some matchups if you have Earth Power over Solar Beam, and since +2 Volcalith already oneshots opposing dynamax Coalossal, you don’t need to tech Earth Power specifically for that MU; Solar Beam covers much more.

Spread is very standard, but Timid is very crucial to note here. It allows you to outspeed a lot of things in tailwind/when twaved/opponent at +2 speed, such as Charizard, Nihilego, Kartana, which you would not outspeed with a modest nature. Also, I figured that modest was kind of overkill, given that i was picking up/not picking up KOs regardless of nature, and many calculations were not altered by the changing of nature. I decided that bulky Coalossal is not that good in the current format, as it doesn’t change much of the calculations other than maybe living Surging Strikes from non banded Urshifu-Rapid-Strike.

Urshifu-Rapid-Strike

AbilityUnseen Fist 

キョダイマックスウーラオス(れんげきのかた)

ItemFocus Sash
NatureJolly
Stats(EVs)175-182(252)-120-*-81(4)-163(252)
MovesSurging Strikes/Protect
Close Combat/Aqua Jet

Standard Urshifu set, nothing much to talk about here.

Rillaboom

AbilityGrassy Surgeキョダイマックスゴリランダー
ItemMiracle Seed
NatureAdamant
Stats(EVs)192(132)-194(252)-110-*-90-121(124)
MovesGrassy Glide/Wood Hammer
Protect/Fake Out

Standard full offense Rillaboom set here, speed is to speed creep the opposing Rillabooms that hit 120, which can be very important when you want to get the Fake Out off first.

Protect over pivoting move like U-turn, as it is good to stall out opposing dynamax, plus, Wood Hammer’s raw damage in late game is too good to pass up.

Zacian

AbilityIntrepid Swordザシアン
ItemRusted Sword
NatureJolly
Stats(EVs)167-222(252)-135-*-136(4)-220(252)
MovesBehemoth Blade/Sacred Sword
Play Rough/Protect

Full offense Zacian, no Substitute/Swords Dance, as the purpose of this Pokemon is mainly to pick up KOs in the end game or early game, not to stick around for 5 or more turns.

Play Rough is for Zekrom, Palkia and Zygarde MUs that are tough for this team, also good for Sableye KOs, even when burned. No bulk, as it doesn’t really change calculations without screens, and Jolly instead of Adamant to ensure you have at least a 50/50 chance of winning Zacian 1v1 mirrors, and outspeeding Dragapult, as well as outspeeding Urshifu and Kyogre(non scarfed) in Tailwind at +1 speed is very important.

Incineroar

AbilityInitimidateガオガエンの画像
ItemShuca Berry
NatureCareful
Stats(EVs)200(236)-136(4)-130(156)-*-130(68)-86(44)
MovesFlare Blitz/Fake Out
Parting Shot/Taunt

Incineroar spread is to speed creep 85 speed incineroars.

Taunt instead of Snarl or Darkest Lariat/Throat Chop to stop things like Amoonguss or Trick Room setters if they get greedy or don’t respect the possibility of Taunt, and also helps to set up good endgame scenarios where they cannot Protect or Max Guard from clean up moves like Grassy Glide, Aqua Jet, or Zacian’s attacks/Moltres’ Sucker Punch.

Defense and Special Defense EVs and nature are to make them the same.

Moltres-Galar

AbilityBerserkガラルファイヤー
ItemAssault Vest
NatureModest
Stats(EVs)192(212)-94-113(20)-150(132)-146(4)-128(140)
MovesFoul Play/Snarl
Air Slash/Sucker Punch

MVP of the anti Coalossal matchups.

Can live almost all neutral double ups, even takes double ups of 2 super effective special attacks, main role is to give Airstream boosts to Urshifu and Zacian.

Snarl is good for outside of max, helps to neutralize special attackers like Dialga and Torkoal, Foul Play is very good for attacking Zacian (30% at least), and Sucker Punch is good for endgames where you want to get some damage off as chip before Moltres dies. Fiery Wrath isn’t needed as you already have Snarl that does pretty much the same job as it, if not better (because of Sp.Atk drops).

Matchups

This should be all the relevant MUs you need to be successful with this team, please enjoy it!

VS Hotdog オーロンゲザシアンフシギバナコータス

Front: ガオガエン+ザシアン
Back: キョダイセキタンザン+

Main way to win this MU is either killing Grimmsnarl T1 with Zacian and Parting Shot onto other dynamax Pokemon to nulify their damage, or baiting max Flare into Zacian and proccing Coalossal.

Taunt is very important, as it prevents grimm or torkoal from doing their shenanigans.

VS @UB_SLOW rank1 team オーロンゲザシアン霊獣ランドロストリトドンヒートロトム

Front: ガオガエン+ザシアン
Back: キョダイセキタンザン+ゴリランダー

This is probably the toughest matchup you will ever face, as the Landorus oneshots Coalossal even at -1, you cannot self proc yourself due to lack of Surf and Gastrodon, and Moltres does nothing vs Zacian and Grimmsnarl with screens and Max Quake boosts.

The way you approach this matchup is to try to chip Landorus low enough where Grassy Glide kills it. After that, use Flare Blitz to proc Steam Engine and try to sweep from there. Rilla over Urshifu for Fake Out pressure and kill pressure onto Gastrodon.

VS VenuDon フシギバナグラードン

Front: ガオガエン+ザシアン
Back: キョダイセキタンザン+

This is a tricky matchup because of the different Pokemon they can dynamax, making it a 50/50 matchup.

Zacian Incin covers most bases, gameplan is to Parting Shot Groudon and target around it, making Groudon low in attack power is really helpful for Coalossal to survive, Taunt is also very good vs opposing Umbreons if they do have it.

Knowing the Charizard set is important as well, as it affects how you play the MU. Do note that late game Charizard max is very threatening to your team, but this gameplan is by far the best you can do. To avoid getting swept by Charizard max, try to target efficiently to at least force out t1 max guard from charizard and position yourself such that by the time Coalossal dies, sun is close to/has run out already.

VS Kingdra Zacian Gothitelle キングドラザシアンゴチルゼル

Front: ガラルファイヤー+ザシアン
Back: ゴリランダー+

Zacian outspeeds Kingdra at +1 in rain, so try to get airstream off t1 while protecting Zacian from a Max Geyser in rain. If they switch into Zacian and airstream Moltres t1, then pivot Zacian into Rilla and continue damaging Kingdra to get it into Grassy Glide range with airstreams and Life Orb chip damage.

Preserve Urshifu for late game, where rain boosted Surging Strikes destroys their whole team.

50/50 matchup, depending on what they do in t1, but definitely winnable if you make the right plays.

VS Tailwind Rain HO カイオーガ

Front: ガラルファイヤー+ザシアン
Back: ゴリランダー+

This MU is relatively easy, as long as you get +1 onto Zacian, as it can outpace Kyogre as long as it is not scarfed. If scarfed(which you can tell from which ability, Intrepid Sword or Drizzle, starts first), airstream Kyogre to weaken Water Spout and potentially force out a max, which is free food for rillaboom.

If they go Cinderace max t1, then Protect Zacian and switch it out t2 to Urshifu to stall out the max damage from Cinderace. Aqua jet+2 ticks of LO+2 airstreams should be a kill onto Cinderace, even if it has transformed into a type not weak to aqua jet. Moltres can also usually survive a double up from Cinderace and Whimsicott plus another attack from Cinderace (yes, it’s that bulky).

If they max Landorus, get +1 onto Zacian and it outspeeds, putting it into Grassy Glide range. If they airstream t1 into Moltres, switch Zacian out into Rilla to take quake t2 and should be fine (once Lando’s max is over, it is basically useless vs your team, with Grassy Terrain weakening earthquakes).

The worst MU of these MUs is if they have Tapu Lele/Indeedee-F, if that is the case, then just preserve Rilla as late as possible and pick up quick KOs to hopefully force psy terrain out as early as possible — so as to ensure a terrain war victory on your end.

VS Calyrex-Ice TR バドレックス(はくばじょうのすがた)レジエレキウーラオス

Front: ゴリランダー+ガオガエンor
Back: ザシアン+orガオガエン

Rilla is your prime max candidate here, as it can one hit KO Mimikyu even when intimidated in Grassy Terrain, or when at neutral in misty terrain. Urshifu is for extra damage onto mimikyu if they have incin and Fini. Change to Incineroar instead of Urshifu alongside Rillaboom if opponent has Amoonguss (generally means they don’t have tapu fini as the 2 contradict each other heavily).

If opponent leads caly mimi, then G-max Drum Solo the mimi and Taunt caly, caly cannot oneshot unless he self shadow sneaks himself and maxes, which means tr isn’t going up. Zacian urshi rilla will win vs that team as long as TR is not up.

Rilla is also helpful vs Eleki mode of that team, as you can max strike the eleki, making it slower than Zacian and in Behemoth Blade KO range, even though most players do not bring Eleki, as Calyrex can sweep more easily.

If TR setter is Dusclops, then use Incin to Taunt it and drum solo the eleki to oneshot it, Calyrex ice without max, even at +2, doesn’t kill Zacian with Glacial Lance, and Incin never dies t1 unless eleki maxes.

VS Calyrex-Shadow HO バドレックス(こくばじょうのすがた)化身ボルトロス

Front: ガラルファイヤー+ザシアン
Back: ゴリランダー+ガオガエン

Made a lot easier by Moltres. Behemoth Blade the Thundurus and target the other slot with Moltres, and that’s about it. Pretty easy as long as nothing crazy happens, like critting Max Lightning/Astral Barrages.

Some teams have a Rotom which is kind of good vs Moltres Zacian, but most won’t bring it, due to the coalossal threat.

VS Physical Regieleki Calyrex-Shadow HO レジエレキバドレックス(こくばじょうのすがた)

Front: ゴリランダー+
Back: ガラルファイヤー+ザシアン

Very hard MU, even consider forfeiting to be honest. Physical Regieleki can oneshot almost everything.

For this MU, I would max Rilla vs Indeedee Eleki mode, so that I can max strike it to make Zacian faster than it. If he airstreams t1, I get free damage onto Indeedee, and Urshifu gets to attack twice. Urshifu is meant to dish out 1 attack while hanging on with Sash, Moltres is for the endgame with Calydow, u can even max it if they don’t bring Regieleki and use Calyrex shadow mode instead.

It’s still an extremely hard MU, so a win is never guaranteed vs this. Main advice: Be flexible with the leads of Rilla and Moltres, and adapt flexibly to what they bring/what you think they will dynamax and be confident with your choices.

VS Coalossal Mirror Match キョダイセキタンザン

Front: ガラルファイヤー+ザシアン
Back: ゴリランダー+

or

Front: キョダイセキタンザン+
Back: ゴリランダー+ザシアン

If they have Calyrex-Shadow, lead the first lead, while if they have Zacian, lead the second lead pairing.

Moltres is surprisingly good in this MU, with airstreams being very effective vs Rilla and Urshifu, allowing Zacian to hit 330 speed number, which outspeeds non Jolly Coalossal at +6. However, vs Zacian Coalossal, normal Urshi Coal is much better, as Moltres is weak against Zacian.

Conclusion

In summary, this is a very good team for series 11, having good matchups vs most of the meta, which is quite hard to achieve with any core in s11, with the restricted MU dictating a lot of the MU.

I would like to give thanks to my good friend @typhoeus200318, who is my building partner for Coalossal teams, he is truly a great player who has a lot of interesting ideas with regards to building Coalossal, I have definitely learnt a lot from his ideas.

Also congrats to people like Víctor Medina (@TorvivVGC), who is now a friend of mine, for taking this team and using it to 2nd place for the first time.

Lastly, huge thanks to my teammates in the Buzzwole Gains (EGL team) for always supporting me using this team and through my tournament runs, couldn’t have done it without them.(Baars, Jin Furai, jnqe, Dresiop and others like tyo)

Rental code is below, and pls enjoy using it!! Cheers!

Rental Team ID: 0000 0004 HX82 2H

Final tips for this team:

  • Don’t get too obsessed with spamming Snarls, sometimes maxing is good for the extra speed boosts and survivability, as well as the pressure you get from it.
  • Don’t be afraid to lose Coalossal, just like Blastoise, Venusaur and other residual effects abusers of gmax, sometimes, just getting the effect off is good enough to justify dynamaxing it, even if it gets oneshot. There are many games where I lost Coalossal turn 1 but still won easily due to the power of rocks chipping opponents down for the combo of Rilla Urshi and Zacian to clean up.
  • Don’t feel forced to dynamax something, just because it is the main mode of dynamax. Dynamax is made for us to be flexible with our ways to play out the game — I have even maxed Urshifu and Rillaboom before, for Max Knuckle boosts and Max Strikes for Rillaboom.

Author

Jude Lee

ツイッター

超極巨炎石噴發最强
Gigarroca Ígnea demasiado fuerte
キョダイフンセキ最強

Twitterで最新情報をチェック!