【バトルレジェンド最終22位】カメザシアン ピッピを添えて

レンタルチームID: 0000 0007 YY82 6N

はじめに

こんにちは。さとちん(@kisseasura468)といいます。

今回、公式インターネット大会であるバトルレジェンドで最終22位をとることができたので、記念にリバティノートさんに構築記事を寄稿したいと思います。

少し変わった構築だと思うので是非最後まで見ていってください。また、まだ先の話になると思いますが、8世代GSルールの参考に少しでもなれば幸いです。

構築経緯

最初はザシアンカメックスに注目しました。

ザシアンザシアン

専用技、特性、種族値全てが破格の性能をしており、8世代の伝説のポケモンということで、ぜひ使ってみようということになりました。

種族値を見てみると、攻撃と素早さがずば抜けている一方で、HPがいささか低いという印象を持ちました。

防御と特防はそこそこあるため、攻撃は特性で上がるのだから、攻撃にまわす努力値をHPにまわせば強いのではという考えに至りました。

カメックス

ザシアンをHSベースにすることを決めた際、火力補強という意味合いですぐにこのポケモンが出てきました。

キョダイカメックスの専用技であるキョダイホウゲキは、4ターンの間、水タイプ以外のポケモンに最大HPの6分の1のダメージを与えるというもので、この定数ダメージが入ることで、こちらのザシアンが一方的に相手を縛れる場面を作ることができます。

ザシアンが苦手とするタイプのポケモンとも比較的有利にダメージレースを進められるのも強く、相手のザシアンにも有利なのが魅力的です。

ピッピピッピ

前述の2匹の耐久を底上げし、手助けで火力補助をすることができます。

このポケモンを採用することで、初手ザシアンで相手のザシアン対策のポケモンのダイマックスを誘い、ザシアンをピッピに変えてカメックスピッピのならびをつくり、相手のダイマックスをしのぎながら削っていき、温存したザシアンで攻撃していくという、この構築の基本的な動きが確立しました。

ブラッキーブラッキー

ソルガレオや日食ネクロズマに対してピッピを出すのは少し無理があると感じたため、これらの相手に対してピッピの代わりに出せるポケモンが必要だと思いました。

ということで、対エスパー伝説のポケモンとして、WCS2019準優勝者も使っていたブラッキーを採用しました。あくびを持たせることで、ダイマックスしたソルガレオやネクロズマを流すことができ、詰め筋になることもできます。

リザードンリザードン

カメックスでは優位に立ちにくい晴れパ(主にコータス入り)に対して選出するポケモンとして採用しました。キョダイゴクエンでカメックスの役割を担え、構築コンセプトを崩さないというのも大きいです。

タスキ悪ウーラオスウーラオス

最後に、ブラッキーだけではソルガレオネクロズマに不安があったことと、非ダイマの汎用アタッカーかつスイーパーとなるポケモンが欲しかったので、これら全てを満たせるタスキ悪ウーラオスを採用して構築が完成しました。

タスキの行動保障により、カメックスの削りと合わせて数多くのポケモンに対して有利をとることができます

結果として水タイプが重くなってしまいましたが、立ち回り次第で勝つことができると判断したので、これを大会に持ち込みました。

構成

カメックス(キョダイマックス)

特性 げきりゅう
持ち物 いのちのたま
性格 ひかえめ
実数値(努力値) 171(132)-*-120-150(252)-125-114(126)
しおふき/ねっとう
ふぶき/からをやぶる
調整
H:余り。できるだけ高く。
C:数値が足りないので最大
S:準速バンギ+1・キョダイホウゲキ(150)
晴れ下のH252コータス確定1発
砂下の無振りバンギラス確定1発
H252とつげきチョッキガオガエン確定1発

この構築のメインアタッカーです。

初手からダイマックスし、相手をがんがん殴っていき、数的有利を取りにいきつつ、攻撃していないポケモンにもホウゲキのスリップダメージで負担をかけていきます。

キョダイカメックスで運用する場合、持ち物はいのちのたま一択だと考えています。すばやさは最低限確保し、耐久にふることでとても倒されにくくなります。ピッピと並べばまず突破はされません。

「しおふき」はメインウェポン。ばかにならない火力がでます。サブウェポンには「ねっとう」を選択。げきりゅうが発動するとそこそこ火力がでます。「ふぶき」はダイアイスとして主にエルフーンモロバレルなどに撃ったり、天候を奪うときなどに使います。ウーラオスのタスキを削らないようによく考えて使います。「からをやぶる」はダイマックスが終わったあと、放置されそうになったときなどに使うとアドバンテージを得られることがあります。基本的には使いません。

ザシアン

特性 ふとうのけん  
持ち物 くちたけん
性格 ようき
実数値(努力値) 199 (252)-191(4)-135-*-135-220(252)
きょじゅうざん/じゃれつく
せいなるつるぎ/まもる
調整
H:たくさん
A:あまり
S:最速
陽気ザシアンの手助けきょじゅうざんをフレンドガード込みで確定耐え
特化日食ネクロズマのダイアース耐え
陽気珠ギャラドスのダイアース耐え
特化ルナアーラの手助けダイホロウ耐え

HSザシアンです。特に調整はしていないですが、いろいろ耐えてくれました。実際に役に立った耐久ラインを載せています。

ザシアンはたしかにダイマックスポケモンに対して強力な打点を持っていますが、それ以上に破格の種族値と特性による非ダイマ状態のポケモンとの撃ち合いにとても強いことのほうが重要だと考えています。

技は、「きょじゅうざん」と「まもる」は確定で、水タイプ(主にロトム)にうつ「じゃれつく」、要塞化しようとするポケモンに対して使う「せいなるつるぎ」としましたが、どちらもあまり使いませんでした。どちらかを「ワイルドボルト」にするべきだったと反省しています。

ピッピ

特性 フレンドガード ピッピ
持ち物 しんかのきせき
性格 のんき
実数値(努力値) 177(252)-*-110(252)-*-86(4)-36 ※S個体値0
まもる/このゆびとまれ
てだすけ/サイドチェンジ

ザシアンにとんでくるダイアースを受けることが多いので、HBぶっぱです。

後発から交換で場に出します。

このゆびとまれで味方を守るのではなく、フレンドガードで守るように意識します。「まもる」などを駆使し、なるべく長く場に残るように立ち回ります。

ブラッキー

特性 せいしんりょく
持ち物 オボンのみ
性格 わんぱく
実数値(努力値) 202(252)-*-178(252)-*-151(4)-71 ※S個体値3
イカサマ/あくび
つきのひかり/まもる
調整
S:最遅ネクロズマ-2 (S個体値3以下)

ピッピ同様、物理技に受けだすことが多く、ネクロズマなどの相手をしてもらいたいのでHBぶっぱ。

トリル下でじならし弱保をしてくるネクロズマをとがめるためにSを下げています。

あくび」と「まもる」を駆使して相手のダイマックスターンをしのぎます。採用理由とは裏腹に、そこまで日食ネクロズマソルガレオに強いわけではありませんが、ダイマックスターンを2~3ターン消費させることはでき、十分強かったです。

ウーラオス

特性 ふかしのこぶし ウーラオス(いちげきのかた)
持ち物 きあいのタスキ
性格 ようき
実数値(努力値) 175-182(252)-121(4)-*-80-163(252)
インファイト/あんこくきょうだ
ふいうち/みきり

汎用性の塊。

後発死に出し以外しませんでした。繰り出すまでタスキを死守し、最後のスイーパーとして相手を一掃します。

リザードン(キョダイマックス)

特性 サンパワー キョダイマックスリザードン
持ち物 ラムのみ
性格 おくびょう
実数値(努力値) 154(4)-*-98-161(252)-105-167(252)
ねっぷう/ぼうふう
ねっさのだいち/まもる

相手の日照りにただ乗りするためにサンパワー

ねむりごなでリザードンを無理やり止めにこようとする輩をわからせるためにラムのみ。

これのおかげでトリックルーム下のモロバレルに対しても強くなりました。レシラムなどと撃ち合うのを想定していたため、「ねっさのだいち」を採用しています。「ぼうふう」に関しては、「エアスラッシュ」でもいいと思います。ダイマックスしているとき以外飛行技を使わなかったので威力を重視しました。カメックスと同時選出することもあり、その場合でも大事に扱いたいので「まもる」は切れません。

選出と立ち回り

基本選出

先発:ザシアン
後発:ピッピウーラオス

たいていザシアンに強いポケモンから入ってくるので、ザシアンは序盤にHPを大きく削られないようにします。

よくピッピへ即バックしたりしていました。

カメックスをダイマックスさせ、カメックスで倒せそうなポケモンを積極的に狙っていきます。

多くの場合、ザシアンに強いポケモン=カメックスで倒せそうなポケモンです。カメピッピと並べたあとは倒れるまでがんばってもらい、ザシアンとウーラオスでしめます。いかにカメックスで負担をかけられるかとウーラオスのタスキを死守することを意識します。

対晴れ(コータス入り)コータス

先発:リザードンザシアン
後発:ピッピウーラオス

もしくは

先発:ザシアン
後発:ピッピリザードン

することは基本選出と同じです。

カメとリザを同時選出するのはコータスの処理がリザードンだけでは厳しいと感じたときです。後発にリザードンをおき、カメックスをダイマックスさせます。

対日食ネクロズマ、ソルガレオソルガレオ

先発:ザシアン
後発:ブラッキーウーラオス

ブラッキーで相手のダイマックスを流すのか、それとも最後の詰めに使うのかを決めます。

安易に「イカサマ」を押すとゲームエンドになるので気を付けます。それ以外はすることは同じです。炎タイプがメタられていることが多いのでリザードンはあまり出しません。

その他

伝説枠問わず、モロバレルモロバレル入りにはリザードンリザードンの選出を考えます。

きついポケモン

弱保ダイサンダーソルガレオソルガレオ

カメックスがワンパンされるので厳しいです。

トリトドントリトドン

有効打がほとんどないのできついです。

さいごに

ここまで読んでくださりありがとうございました。

カメックスがリバティノートさんの構築記事に載るのは初ではないでしょうか。

1度きりのルールでしたが、冠の雪原が来る前にカメックス構築を寄稿させてもらうことができたのでよかったです。

また、ただのインターネット大会とはいえ上位に入れたのは素直に嬉しかったです。良い経験ができたので、これからのJCS予選などに生かしていきたいと思います。

レンタルチームID: 0000 0007 YY82 6N

パーティ作成者

さとちん

ツイッター

北大ポケモンサークルゆきふらし 3年 元代表 / ダブル /

Twitterで最新情報をチェック!