【S12ダブル最終25位】センリツコントロール ・フィナーレ

 レンタルチームID:0000 0004 4TYJ XF

はじめに

初めまして。968(@Kurohanolu)と申します。

前シーズンはランクバトルでレートが2100が二人、2000越えが54人と過去最高にインフレしていたシーズンでしたが、そのインフレのお陰でレート2003、最終25位に入ることができたのでその構築を紹介したいと思います。

今年の5月からずっと愛用してきたパートナーの最後(Finale)を見ていただけると嬉しいです。

構築経緯

今シーズンはキョダイラプラスを使う予定がなく身内から貰った強そうな構築をただひたすらに回しているだけだったが、そんな中で普段から仲良くさせてもらってるFFのたいき君(@Infinity_Ju)がキョダイラプラス構築で2000を達成したと聞き構築の詳細を教えてもらった後、自分には合わなかった部分を変更し最終的にはこのような形(パート4)に落ち着いた

ベースサマヨールの画像ガオガエンキョダイラプラスカプ・コケコ霊獣ランドロスキョダイアーマーガア

たいき君から貰った並び。

サマヨガエンラプラスはずっと使い続けていたのですぐに慣れたがカプ・コケコのエレキフィールドが強すぎて環境に蔓延しているレジエレキを強化してしまい構築が半壊してしまうことがよくあった。とてもではないが短期間で使いこなせる気がしなかったので練習としてのみ使用した。

パート1サマヨールの画像ガオガエンキョダイラプラス霊獣ランドロス

迷走している間身内から借りた構築。

テッカグヤは7世代の頃に散々苦しめられたポケモンでアーマーガアの代わりになれるのかと期待していたが物理耐久はアーマーガアより僅かに劣り、簡単にやられることが多かった。

この頃にランドロスとガオガエンの2枚威嚇は本当に強いのかと考えるようになる。

ランクバトルで30戦近く使用してレンタルを返却。

パート2サマヨールの画像ガオガエンキョダイラプラスレイスポスレジエレキナットレイのアイコン

ここからはベースとパート1を参考にしつつ自分で組んだ冠版センリツコントロール・フィナーレの初期型。

ランドロスの代わりにS130という高い素早さからデバフを撒き散らせるレイスポス、終盤の詰め要員として長く愛用していたてっぺきナットレイとカプ・コケコの代わりにこだわりメガネレジエレキを採用。

この頃にCobaltパと呼ばれるフシギバナコータス構築ががランクバトルで数を増やしレートは1900前半で停滞した。

パート3サマヨールの画像ガオガエンキョダイラプラスドラパルトガブリアスナットレイのアイコン

蔓延しているフシギバナコータス構築に対抗するためにレイスポスより耐性と素早さが優秀なドラパルトととつげきチョッキを持たせた耐久ガブリアスを採用。

これでもフシギバナコータスに確実に勝てるわけではないが対フシギバナコータスの勝率は確実に上がり2000に到達することができた。

しかしそこから勝つことができず対策をほぼ切っていたジュラルドン構築が数を増やしたため最終日まで2000に復帰することは無かった。

パート4(最終日仕様)サマヨールの画像ガオガエンキョダイラプラスレイスポスガブリアスナットレイのアイコン

ランクバトル最終日に使用した並び。

レイスポスを再採用し苦手な構築だったジュラルドンや封印イエッサン入り構築にも多少抗うことができるようになったため最終日の勝率は一番高かった。

前日にレートを溶かしすぎたため2000復帰できたのはシーズン終了30分前だった。

長くなってしまったがここから個体紹介・解説にに移っていく。

構成

サマヨール

特性おみとおし
持ち物しんかのきせき
性格のんき
実数値(努力値)147-*-195(220)-*-155(36)-27(S個体値0)
ナイトヘッド/トリックルーム
いたみわけ/くろいきり
調整
HB:A182ウーラオスのこだわりハチマキあんこくきょうだを87.5%(14/16)で耐え

冠環境でもまだまだ現役の高耐久トリックルーム要員。初見殺しを許さない「おみとおし」にバフ、デバフを打ち消す「くろいきり」、低いHP種族値と相性抜群な「いたみわけ」、そして固定ダメージ50の「ナイトヘッド」とどれも優秀すぎて抜くことができなかった。

コントロール構築のサマヨールはこの技構成で完結していると個人的には考えている。

ガオガエン

特性いかく
持ち物フィラのみ
性格のんき
実数値(努力値)201(244)-135-143(156)-100-124(108)-72 ※S個体値31
ねこだまし/フレアドライブ
すてゼリフ/バークアウト
調整
HD:C167フシギバナのいのちのたまダイアース(威力130)を87,5%(14/16)で耐え

冠環境では霊獣ランドロスという強力なライバルが現れたが、今作のガオガエンは強力なデバフ技「すてゼリフ」を習得しているのでコントロールの性能はまだこのポケモンのほうが優秀だと考え採用している。

配分はたい君が教えてくれたのをそのまま使用。

ラプラス(キョダイマックス)

特性シェルアーマー
持ち物ひかりのねんど
性格れいせい
実数値(努力値)227(172)-*-113(100)-140(180)-122(52)-58(S個体0)
ハイドロポンプ/フリーズドライ
ほろびのうた/まもる
調整
C:H218-D103までのトリトドンをフリーズドライで確定1発
HD:C167レジエレキのじしゃくダイサンダー(威力140)を93.7%(15/16)耐え

半年ずっと使い続けてきた筆者のお気に入りポケモン。

新環境でもラプラスの技の通りは確かに良かったが正直スペックが環境に追い付いていないと感じることが多かった。

それでも「キョダイセンリツ」+「ほろびのうた」の詰め筋はやはり強い。
この技のお陰で勝ちを拾えた試合は数えきれないくらいある。

持ち物はオーロラベールのターンを伸ばすひかりのねんど

レイスポス

特性くろのいななきレイスポス
持ち物きあいのタスキ
性格おくびょう
実数値(努力値)175-*-81(4)-197(252)-100-200(252)
シャドーボール/おにび
バークアウト/ちょうはつ

S130という高い素早さからデバフを撒き散らせる優秀なポケモン。
火力も中々あるので腐りにくいのだがこのポケモンの役割はデバフを撒き散らすことなので専用特性が発動しにくいのが欠点。

持ち物は一撃で落ちるのを嫌ってきあいのタスキにしているが、「おにび」の命中を底上げするためこうかくレンズを持たせてもいい。

ガブリアス

特性さめはだ
持ち物とつげきチョッキ
性格いじっぱり
実数値(努力値)215(252)-188(164)-116(4)-*-116(84)-123(4)
ワイドブレイカー/じだんだ
アイアンヘッド/いわなだれ
調整
A:H177-B160コータスを130ダイアースで高乱数1発

対フシギバナコータス殲滅兵器。

自慢のS102を捨てて耐久と火力に割いた結果とんでもない化け物が爆誕した。
「ワイドブレイカー」は物理版「バークアウト」みたいな技だがこの技を使うなら絶対最速のほうが強いと記事を書きながら思ったのでもし今後使う人がいたら「ドラゴンクロー」に変えたほうがいいと思う。

ナットレイ

特性てつのトゲナットレイの画像
持ち物たべのこし
性格のんき
実数値(努力値)181(252)-*-200(244)-*-138(12)-28(S個体14~15)
てっぺき/ボディプレス
やどりぎのタネ/まもる

最強のフィニッシャー。

アーマーガアやテッカグヤを使用していた時に悩まされていたレジエレキに耐性がある為採用した。

Sは最遅にするよりトリックルーム下でサマヨールの後に動いてもらった方がいいと判断し28にしている。

選出と立ち回り

基本選出

先発:サマヨールの画像ガオガエン
後発:キョダイラプラスナットレイのアイコン

基本選出はこれ。

サマヨールでトリックルームを貼りラプラスでオーロラベールを展開しながら雑に荒らしてもらいてっぺきナットレイで締める事を意識する。

ガオガエンを出しにくい構築(まけんきボルト、ドラパピッピなど)化身ボルトロスピッピドラパルト

先発:サマヨールの画像レイスポス
後発:キョダイラプラスナットレイのアイコン

ガオガエンだと止められない構築はレイスポスを投げる。

ドラパピッピだとほぼ確実にてだすけ+ダイホロウでサマヨールを止めに来るのでレイスポスのおにびが当たればナットレイで積みの起点にすることが可能。

対フシギバナ+コータスフシギバナコータス

先発:サマヨールの画像レイスポス
後発: ガブリアスガオガエンorナットレイのアイコン

ラプラスの天敵。

この構築にはラプラスを投げずに対フシギバナコータス用に採用したガブリアスをダイマックスさせていく。

さいごに

新環境でもラプラス構築を使用して2000に行くことができたのは非常に嬉しいです。

しかし解説でも書いた通りラプラスは明らかにスペックが足りておらず今後上位を目指すのは厳しいと感じたので恐らく使うことは無いと思います。

ラプラスを握るきっかけを作ってくれたたいき君、そして半年の間一緒に戦ってくれたラプラスに感謝🙏

レンタルチームID:0000 0004 4TYJ XF

パーティ作成者

968

ツイッター はてなブログ

ポケモンやってます。よろしくお願いします。

Twitterで最新情報をチェック!

構築記事最新記事