2022年もポケモンダブルバトルのコンテンツを中心に情報発信していきます。今年もよろしくお願いします!

【S12ダブル最終レート2006】対面妹ラティハッサム

レンタルチームID:0000 0005 16B7 WY

はじめに

はじめまして。とぅふ(@TofuHeatranVGC)と申します。

今回、残念ながら30位以内には残れませんでしたが、最終レート2006(43位)を達成しましたので、こちらに寄稿させていただけることになりました。

初めての寄稿で至らない点も多々あると思いますが、最後までお付き合いいただけると幸いです。

構築経緯

ほのおタイプのメタに強くて且つカミツルギを上から処理できるポケモンとしてラティアスに目をつけていたところ、メタグロスとラティアスでじならしじゃくてんほけんギミックを起動する構築をルート(@tbhla7130)さんをはじめ何人か使用されていたので並びを参考にし、以下の並びになります。

メタグロスラティアス霊獣ランドロスカプ・レヒレウーラオスレジエレキ

しかし、環境にメタグロスに強いガラルファイヤー、ドラパルト、ウーラオス、レイスポス等ガラルファイヤードラパルトウーラオスレイスポスが増加し、彼らに強いカプ・レヒレやウーラオスも必ず対策が仕込まれており、本来メタグロスが倒したいマンムーやブリザポスマンムーブリザポスと、先述したあく、ゴーストタイプが共存する構築に構築で負けていると感じました。

そこで、メタグロス軸をすっぱり諦め、マンムー、ブリザポス、ウーラオスから弱点を突かれずにほぼ確実に行動できるハッサムを採用しました。

ハッサム

これに伴い、ラティアスを広く選出できるてだすけこごえるかぜ型ランドロスダイマックスを前提としたそらをとぶ採用型に変更し、現在の形になりました。

構成

ハッサム

特性テクニシャン
持ち物フィラのみ
性格いじっぱり
実数値(努力値)176(244)-180(108)-125(36)-*-115(116)-86(4)
バレットパンチ/とんぼがえり
ダブルウイング/アイアンヘッド
調整
H:4n
HB:182ハチマキウーラオスのあんこくきょうだ確定耐え。
HD:152メガネレジエレキの10まんボルト超高乱数耐え(151〜178)。167フシギバナのダイアース2耐え、ハードプラント元キョダイベンタツ+ダイアース+スリップダメージ耐え。
余り振り分け

ブリザポス、マンムー、ウーラオス、フシギバナ、ゴリランダーブリザポスマンムーウーラオスフシギバナゴリランダー全く弱点を突けないはがねタイプです。同じような性質を持つはがねタイプは他にテッカグヤ、シュバルゴテッカグヤシュバルゴが存在しますが、どちらも先制技を持たずにハッサムより行動が保証されづらく、特にテッカグヤはブリザポスの一致こおり技を半減できないため、高火力先制技を使えて広く選出できるハッサムを採用しました。

ラティアス

特性ふゆう
持ち物マゴのみ
性格おくびょう
実数値(努力値)176(164)-*-110-142(92)-150-178(252)
サイコショック/てだすけ
マジカルフレイム/こごえるかぜ
調整
H:4n
C:余り
S:最速カミツルギ抜き(最速)

バナコーポリ2フシギバナコータスポリゴン2といった特殊主体の並びや、ダイジェットを用いて展開する並びを妨害してダイマックスターンを消化し、ランドロス、カプ・レヒレの後発ダイマックスでゴリ押す場作りをします。

Cは一貫を切りづらいCSウツロイド(185-67)ウツロイドサイコショックで、じしゃく持ち152レジエレキの10まんボルト2耐え調整のチョッキカミツルギカミツルギマジカルフレイム確定で落とし切れるので最低限は確保されています。

ランドロス

特性いかく霊獣ランドロス
持ち物とつげきチョッキ
性格いじっぱり
実数値(努力値)191(212)-205(172)-115(36)-*-103(20)-120(68)
じしん/そらをとぶ
ストーンエッジ/とんぼがえり
調整
H:6n-1、16n-1
A:207-150ブリザポスをストーンエッジで確定2発
HB:182ハチマキウーラオスのあんこくきょうだ確定耐え
D:余り
S:ダイジェット込み最速化身ボルトロス抜き

後発ダイマックスの数値でゴリ押すメインダイマックスポケモンです。

構築上初手ひこうダイマックスが通りやすく、ランドロスでダイマックスを切ると都合が悪いがひこうダイマックスポケモンを削りたいという盤面が多発したためストーンエッジを採用しています。

カプ・レヒレ

特性ミストメイカー
持ち物いのちのたま
性格ひかえめ
実数値(努力値)159(108)-*-135-157(220)-150-128(180)
まもる/だくりゅう
ムーンフォース/れいとうビーム
調整
H:10n-1、16n-1
C:163-96ダイマックスドラパルトをダイフェアリー+いのちのたまスリップダメージで1発
S:準速ウオノラゴン抜き

ダイマックスポケモンその2です。

即ダイマックスを切ることでガオガエンめいそうカプ・レヒレ体力管理をさせずに相手のプランニングを崩壊させることができるという点に魅力を感じたのでいのちのたまで採用しました。

体力管理が追いついていないポケモンをバレットパンチで処理でき、ほのおタイプの処理速度がめいそうカプ・レヒレに比べて格段に上がるため、ハッサムとの相性も非常に良いです。

ウーラオス(いちげきのかた)

特性ふかしのこぶしウーラオス悪キョダイマックス
持ち物こだわりハチマキ
性格ようき
実数値(努力値)175-182(252)-120-*-81(4)-163(252)
あんこくきょうだ/インファイト
ふいうち/どくづき

キツいポケモンを(てだすけ)あんこくきょうだで無理矢理削るためにハチマキで採用し、序盤から終盤まで幅広く選出に絡みます。

ラティアスと並べた際に丁度ダウンロード対策ができるためDに4振りました。

レジエレキ

特性トランジスタレジエレキ
持ち物きあいのタスキ
性格おくびょう
実数値(努力値)155-*-70-152(252)-71(4)-277(252)
まもる/エレキネット
ボルトチェンジ/10まんボルト

ラティアスと併せてタスキを盾にエレキネットを複数回撃つことでおいかぜ、ダイジェット展開を妨害します。

選出と立ち回り

基本選出

先発:ウーラオスレジエレキ
後発:霊獣ランドロス+1体

迷ったらこれで出します。先発2体のエレキネット+あんこくきょうだで負担をかけつつ展開阻止をし、死に出しランドロス打開ダイマックスを通す選出です。

主に先発ダイジェットプラン(化身ボルトロス、サンダー等化身ボルトロスサンダー)に対してはこの選出に依存します。

対おいかぜラプラスキョダイラプラス

先発:ラティアスレジエレキ
後発:カプ・レヒレ+1体

おいかぜ下の準速ラプラスよりもレジエレキが速いため先制でエレキネットを当てることができ、さらにSが下がった準速ラプラスよりもラティアスが速いので上からマジカルフレイムでCを下げて展開阻止し、裏のカプ・レヒレダイマックスを切ります。

ラティアスはC1段階下降150ラプラスのいのちのたま140キョダイセンリツを耐えるので、裏のハッサム等に交代してダイマックス&おいかぜターンを稼げば、相手の裏から出てくるカミツルギを単体で縛ることもできます。

対イエッサン+トリックルームイエッサンの画像サマヨール

先発:ハッサムラティアスor霊獣ランドロス
後発:ウーラオスカプ・レヒレ

一度トリックルームを展開させ、イエッサンとトリックルーム要員を削った状態でウーラオスを出し、再展開を潰すことを目指します。

ツンデツンデツンデツンデのダイマックスには主にカプ・レヒレのダイマックスを合わせ、ブリザポスブリザポスのダイマックスに対してはハッサムのダイマックスを合わせます。

対ピッピドラパピッピドラパルト

先発:ハッサムレジエレキ
後発:カプ・レヒレウーラオスorラティアス

ピッピを10まんボルト+バレットパンチで倒してから裏のカプ・レヒレダイマックスで展開します。

構築次第ですが裏にほぼ100%カミツルギを選出されるので、ラティアスが裏選出の選択肢に入ります。

対バナコーポリ2ウーラオスキョダイマックスフシギバナコータスポリゴン2ウーラオス

先発:ラティアスウーラオス
後発:ハッサム霊獣ランドロスorカプ・レヒレ

マジカルフレイムを連打することで、基本的に強い盤面を作らせません。相手の先発がバナポリ2の場合はウーラオス即ハッサム引きでキョダイベンタツを受けつつダイマックスを枯らし、ランドロスorカプ・レヒレのダイマックスで打開する展開をします。

さいごに

ここまで読んでくださりありがとうございます。ハッサムは今作もかなりポテンシャルが高いように感じたので個人的に気に入っています笑。暇な時にでも使っていただけたら嬉しいです。

質問、意見等は自分のTwitter(@TofuHeatranVGC)DMまでお願いします。

レンタルチームID:0000 0005 16B7 WY

パーティ作成者

とぅふ

ツイッター はてなブログ

ヒードランが大好きなダブル勢。

Twitterで最新情報をチェック!