ランクバトルダブル使用率シーズン12

【ダブル】マスターランク級でのポケモン使用率!(シーズン12まとめ)

ランクバトルダブル使用率シーズン12

はじめに

シーズン12でのランクマッチダブルバトルのポケモンの使用率の集計を行いました。

データはすべてマスターボール級のものとなっています。

後半ではシーズン12の環境の変化を解説しています。こちらも是非ご覧ください。

前回のシーズン11使用率のまとめ記事はこちら↓↓

S11使用率まとめ

 はじめにシーズン11でのランクマッチダブルバトルのポケモンの使用率の集計を行いました。データはすべてマスターボール級のものとなっています。後半では、要注目なポケモンをピックアップして解説します。[…]

ダブルバトルの使用率

トップ30

集計期間:2020/11/1~11/30(シーズン12)

データ数:924

マスターボール級の対戦データのみを集計しています。

シーズン11と比較して順位が上がったポケモンは「」で、順位が下がったポケモンは「」、順位の変動がないポケモンは「→」で示しています。

また、冠の雪原で新登場したポケモンは「」で、シリーズ6で使用禁止となっていたポケモンは「復」で表記しています。

順位ポケモンKP(かぶりポイント)採用率
1ウーラオス ウーラオス36039.0%
2カプ・レヒレ カプ・レヒレ35338.2%
3レジエレキ レジエレキ29031.4%
4霊獣ランドロス 霊獣ランドロス23725.6%
5ガオガエン ガオガエン19621.2%
6ブリザポス ブリザポス18419.9%
7ドラパルト ドラパルト16217.5%
8ゴリランダー ゴリランダー16017.3%
9メタグロス メタグロス15416.7%
10ガラルファイヤー ガラルファイヤー14515.7%
11 カミツルギ14015.2%
12コータスのアイコン コータス13014.1%
13ポリゴン2 ポリゴン212813.9%
14サマヨールの画像 サマヨール12513.5%
15化身ボルトロス 化身ボルトロス11512.4%
16クレセリア クレセリア11412.3%
17フシギバナ フシギバナ11011.9%
18ヒートロトムのアイコン ヒートロトム10911.8%
19バンギラスの画像 バンギラス9810.6%
20エルフーン エルフーン889.5%
21サンダー サンダー859.2%
22化身トルネロス 化身トルネロス849.1%
23 テッカグヤ737.9%
24トゲキッスのアイコン トゲキッス717.7%
25ピッピのアイコン ピッピ697.5%
26ヒードラン ヒードラン667.1%
27 ツンデツンデ657.0%
28 マンムー596.4%
29モロバレル モロバレル586.3%
30イエッサンの画像 イエッサン♀556.0%

シーズン12環境レポート

初期はメタグロス、ガラルファイヤーが流行メタグロスガラルファイヤー

冠の雪原環境の初期はダイマックスに適正のある新登場のメタグロスとガラルファイヤーが流行しました。

メタグロスは特性「クリアボディ」で相手から能力を下げられることがなく、味方のじならしで相手のSを下げつつ自身のじゃくてんほけんの発動が狙えるポケモンです。

ガラルファイヤーは特性「ぎゃくじょう」で高い特殊耐久があるため倒されにくく、タイプ一致のダイジェット・ダイアークが強力です。

しかしながら、シーズン12最終順位30位以上のパーティにはメタグロスは1体、ガラルファイヤーは2体しか使用されておらず、終盤では上位プレイヤーにはあまり好まれていませんでした。

メタグロスを採用したパーティ

中盤からはフシギバナポリゴン2が台頭キョダイマックスフシギバナポリゴン2

やなぎさんが瞬間1位、レート2003を達成した構築がシーズン12の中盤から注目を集めました。

フシギバナ+ポリゴン2の初手が強力で、フシギバナのダイアースやダイアシッドでポリゴン2を強化しながら、ポリゴン2はトリックルームやサイドチェンジでサポートをして、じこさいせいで長く盤面に居座ることを目指していきます。

フシギバナ+コータス+ポリゴン2の組み合わせは中盤以降上位でよく見られるようになり、7人のプレイヤー(9ROM分)が晴れポリゴン2入りのパーティで最終順位30位以内に入っています。

フシギバナポリゴン2を採用したパーティ

オーロンゲを使用したプレイヤーが上位にオーロンゲ

シーズン12の最終順位トップ30で目立つのはオーロンゲの採用です。

最終順位トップ30のうち、4名のプレイヤー(5ROM分)が使用しており、うち4ROM分が10位以内と好成績を残しています。

2020ルールでは苦手としていたトゲキッスがかなり数を減らしたため、確実にサポートをこなせる環境になったことが活躍の要因の一つと考えられます。

従来はリフレクターやひかりのかべでパーティ全体の耐久を上げる型が多い印象でしたが、シーズン12ではうそなきによる特殊アタッカーのサポートやトリックでまんぷくおこうを相手に押し付ける動きが目立ちます。

オーロンゲ入りの上位構築は中盤以降流行した晴れポリゴン2の組み合わせに有利を取っていて、シーズン13ではオーロンゲの使用率が伸びてきています。

今後の活躍に要注目なポケモンです。

オーロンゲを採用したパーティ

レート名前Twitter構築記事
1&7位
2110
じーん @zeen172m
ウーラオスヒードランオーロンゲのアイコンゴリランダー霊獣ランドロスサンダー
2位
2102
げべぼ @gebebo
サンダーヒードランウーラオスゴリランダーポリゴン2オーロンゲのアイコン
10位
2041
ぶん @sherry14084457
ウーラオスガブリアスウツロイドオーロンゲのアイコンポリゴン2
19位
2017
てるるん @teru_gift
レイスポス霊獣ランドロスウツロイドヒートロトムのアイコンオーロンゲのアイコン

おわりに

シーズン12のマスターランク級のダブルバトル使用率と環境の変化について紹介しました。

当サイトでは毎シーズン後にシーズンの使用率まとめの記事を投稿する予定です。

今後も是非ご覧ください!

ランクバトルダブル使用率シーズン12
Twitterで最新情報をチェック!

ダブル最新記事