2022年もポケモンダブルバトルのコンテンツを中心に情報発信していきます。今年もよろしくお願いします!

【S20ダブル最終17位&33位】脱出キュウコン晴れドラゴ

レンタルチームID:0000 0007 RG2G HF

はじめに

はじめまして、みなみん(@poke_minamin)です。

今回初めて最終30位以内に入ることができましたので構築記事を書かせていただきます。

構築経緯

シーズン18からレジドラゴの火力に惹かれ、このポケモンを通せるようなパーティをずっと研究してきました。

レジドラゴ

天敵である鋼、フェアリーに強いポケモンで周りを固めようと思い、晴れパに組み込むことにしました。

まず晴れパのエースであるリザードンは確定。

リザードンもレジドラゴも素早さが足りないため、おいかぜ要員としてエルフーンを採用。

エルフーン

トルネロスも使ってみましたが、てだすけが使えない、相手のエルフーンにちょうはつで
おいかぜを止められるので今回エルフーンの方が適していると感じました。

晴れ要員は一般的にはコータスがメジャーですがこのパーティはおいかぜを張ってひたすら上から殴っていくコンセプトのため、素早さの高いキュウコンを採用。

キュウコン

次にリザードンの上から弱点をついてくるレジエレキ、晴れパの天敵であるガブリアスに強いマンムーを採用。

マンムー

最後の枠は水タイプに強くするため、フシギバナかレジエレキかで悩みましたがおいかぜ合戦になったときに上から素早さ操作ができるレジエレキを採用。

レジエレキ

こうしてこの6体が決定しました。

レジドラゴエルフーンキュウコンマンムーレジエレキ

個別解説

エルフーン

特性いたずらごころエルフーンの画像
持ち物きあいのタスキ
性格おくびょう
実数値(努力値)135-*-105-129(252)-96(4)-184(252)
ちょうはつ/おいかぜ
ムーンフォース/てだすけ

選出率No.1  このパーティの軸となるポケモン
おいかぜは確定。ねこだましを受けることが多いため、てだすけを採用。

隣の高火力アタッカーとの相性がよくこのパーティには必須と感じました。

ちょうはつは最初アンコールでしたがトリックルームを確実に止められない、いたずらごころかいでんぱでパーティが半壊したのでちょうはつの方が安定しました。

ムーンフォースは最終日2日前くらいまでマジカルシャインでしたがおいかぜパの苦手なオーロンゲの処理を早めたり、特殊アタッカーの特攻ダウンを狙えるのでこちらの方が良いと感じました。なお、一度も特攻ダウンを引くことはありませんでした。

キュウコン

特性ひでりキュウコン
持ち物だっしゅつパック
性格おくびょう
実数値(努力値)149(4)-*-95-133(252)-120-167(252)
うそなき/ねっぷう
オーバーヒート/ソーラービーム
調整
CSぶっぱ

晴れ要員、サポートと削り両方こなせる器用なポケモン。

このパーティは相手にランドロスやガオガエンがいれば初手に出されることが多いので初手にキュウコン+リザードンと選出することでいかくでだっしゅつパックを発動させ、晴れ状態でエルフリザの並びをつくることができます。

また、オーバーヒートで能動的にだっしゅつパックを発動させ、後発のエルフーンで水技や地面技を受けるといった立ち回りもできます。

場に居座るよりは控えにいた方がいいポケモンのためまもるは不要と判断しました。

うそなきはリザードンやレジドラゴをサポートできたり、仮に雨状態になってもくさらないため、便利でした。

ソーラービームは水タイプへの打点として採用。カプレヒレに約半分、水ラオスも乱数1と心許ない火力ですが他の高火力アタッカーがすでに削ってくれていることが多いのでそこまで気になりませんでした。

リザードン

特性サンパワーキョダイマックスリザードン
持ち物もくたん
性格おくびょう
実数値(努力値)155(12)-*-98-161(252)-105-166(244)
まもる/ブラストバーン
エアスラッシュ/ねっぷう
調整
Cぶっぱ S最速-1 残りH

晴れパのエース、晴れ状態では相性を無視する超火力。

キョダイゴクエンの威力を最大にするため、ブラストバーンを採用。

ダイマしない場合も晴れねっぷうで相手2体をがっつり削れます。

炎技を2つ採用したため、もちものをもくたんとしました。
これにより晴れ状態だと半減ゴクエンの方が等倍ダイジェットよりわずかに威力が高くなります。なので素早さで上がとれていれば相性に関係なく晴れゴクエンを打っている方が安定だったりします。

素早さをキュウコン-1とすることでうそなき+晴れキョダイゴクエンで半減でもたいていのポケモンを一撃でおとすことができます。
ダイマポリ2も一撃でおとせます。

マンムー

特性どんかんマンムー
持ち物いのちのたま
性格ようき
実数値(努力値)186(4)-182(252)-100-*-80-145(252)
まもる/こおりのつぶて
つららおとし/10まんばりき
調整
ASぶっぱ

相手のパーティにレジエレキ、ガブリアス、ランドロスなどがいればリザードン対策としてほぼ確実に選出されているため、それらを狩るポケモン。

最初はたつじんのおびで使用していましたが水タイプへの火力が足りなかったのでいのちのたまとしました。

てだすけを重ねることでH振カプレヒレをダイアースで確1でおとせます。

性格は最初いじっぱりでしたがレジドラゴと同速となることや、おいかぜを張ってもダイジェットを積んだボルトロスを抜けなかったりしたのでようきとしました。

レジドラゴ

特性りゅうのあぎと
持ち物りゅうのキバ
性格ひかえめ
実数値(努力値)275-*-70-167(252)-71(4)-132(252)
まもる/はかいこうせん
ドラゴンエナジー/りゅうのはどう
調整
CSぶっぱ

通すことができれば一気に相手を一掃できるポケモン。

エルフーンと並べておいかぜドラゴンエナジーを打っても強いですがねこだましなどで止めにくる相手に対しててだすけダイドラグーンを打つ選択肢があるのも強いです。

てだすけダイドラグーンと晴れゴクエンの威力がだいたい同じです。

相手にフェアリーがいる場合は先発にはおかず、リザードンやマンムーでフェアリーを倒してドラゴンエナジーを通せるようにするのを意識して立ち回ります。
相手にカプレヒレがいたりフェアリーが2体以上いる場合は基本的に選出しません。

また、相手のフェアリーをほぼ選出させる誘導の役割もあり、相手の選出が読みやすくなります。

レジエレキ

特性トランジスタレジエレキ
持ち物じしゃく
性格おくびょう
実数値(努力値)155-*-70-152(252)-71(4)-277(252)
まもる/はかいこうせん
エレキネット/10まんボルト
調整
CSぶっぱ

主に水タイプへの対策、おいかぜ合戦になったときの素早さ操作係。

相手にトゲキッスやカプ・レヒレがいればほぼ選出されており、それらの対策になります。半減実でなければ10まんボルトでほぼ確1をとれます。

はかいこうせんの枠はでんじはだったりボルトチェンジだったり試しましたがいまだに決めきれていません。エレキネットと10まんボルトでほぼなんとかなってました。

電気の通りがよければたまにダイマックスもします。

選出と立ち回り

基本選出

先発:キュウコンエルフーン or
後発:エルフーンor +@1

相手にニョロトノ、バンギラスなどの天候操作ポケモンがいない場合は基本この選出。

相手が初手にランドロスやガオガエンなどのいかく持ちを出していれば晴れ状態でエルフーン+リザードンの並びができます。

ランドロスのとなりがレジエレキやボルトロスでリザードンを出しにくい場合はキュウコンの裏からマンムーを出せれば有利な対面がつくれます。

ランドロスがダイマックスを切ってくることが多いですが晴れゴクエンにてだすけを重ねることでチョッキの場合でもHD振りでない限り一撃でおとせます。

スカーフだった場合はひでりといかくの発動順で判別でき、おいかぜゴクエンやマンムーのこおりのつぶてでおとせます。
タスキは考慮しません。

対雨パ(ゴチルゼル+キングドラなど)

先発:エルフーンレジドラゴ
後発:キュウコンレジエレキor

雨パにはフェアリーがいることが少なくレジドラゴがささります。

こちらにキュウコンがいるため、先発からニョロトノを出されることはほぼなくゴチルゼル+キングドラで出されることが多かったです。

相手はおいかぜを防ぐためにエルフーンにねこだまし、レジドラゴにダイドラグーンを打ってくることが多いですが、こちらもダイマックスすることでキングドラの珠ダイドラグーンは耐えるのでたとえ追い風を張れずに先制されてもダイドラグーンで返り討ちにします。

相手にブリザポスがいる場合は後発にリザードンを置くこともあります。

対セキタンザン軸

先発:エルフーンレジエレキorレジドラゴ
後発:@2

リザードンが通しにくいので辛いです。

相手にフェアリーがいなければレジドラゴをダイマックスさせて対抗します。

てだすけダイドラグーンでアクジェダメージと合わせてセキタンザンをおとせます。

相手のパーティにトゲキッスやマリルリ、アシレーヌがいる場合はエルフーン+レジエレキから入ります。
相手からは脱出ボタンすりかえの可能性があるため、初手からダイマックスはきりづらいはずでおいかぜやエレキネットで場を作って後続へサポートして対抗します。

対おいかぜパ(エルフーン+@1)

先発:エルフーンレジエレキ
後発:@2

相手においかぜされても先手をとれるレジエレキを先発にすることが多いです。

そのため、相手のエルフーンがトリルを選択する可能性もあるので集中攻撃して落としたり、同速ゲー覚悟でちょうはつを打ったりします。

相手のエルフーンをうまく処理できればおいかぜやエレキネットでサポートし、後発の高火力アタッカーで上から攻撃します。

対トリパ

このパーティはトリルを張られるのが辛すぎるため、最優先で止めにいきます。

相手が何も対策していなければエルフーンのちょうはつで問題ありません。

ねこだましでちょうはつを止められる場合は晴れゴクエンやてだすけダイドラグーンでトリル要員を特防特化でもない限り1撃で落とします。

エルフーンレジドラゴ
キュウコン

タスキゴチルorミミッキュ+ねこだましに対してはマンムー+リザードンでマンムー側にねこだましを誘い、マンムーをダイマックスさせ、ダイアース+エアスラッシュで落としたりしてました。

マンムー

イエッサン+タスキブリムオンはキュウコン、リザードンと両ねっぷうを打つことでのこの指トリルを封じられます。(両方当たれば)

キュウコン

この指+ポリ2orサマヨールはねっぷうでもてだすけドラゴンエナジーでも火力が足りないため基本的に止められず、相手後発のエースポケモンを着地させないようターンを稼ぎつつトリルを枯らすしかないです。

さいごに

ダイマックス環境最後に自己最高順位を達成できて嬉しいです。
ダイマなし環境も自分なりに考察してやっていきます。

このパーティについての質問はTwitterのDMでいつでも受け付けています。

むしろ改善点を教えて欲しいです。

レンタルチームID:0000 0007 RG2G HF

パーティ作成者

みなみん

ツイッターユーチューブ

最終最高順位17位(S20)/最終最高レート1982(S12)。
YouTubeにたまにポケモン動画上げたり配信してます。

 

フレ戦ですがパーティのギミックがうまく決まった試合
ユーチューブ(8) 【ムゲンリーグジムチャレンジ5】チバジム VSえげ【ダブルバトル】 – YouTube
Twitterで最新情報をチェック!