チームID: T1MMPJ

はじめに

皆さん初めまして。ビッチィ(@BTrickroomZ)と申します。お前誰だよ?って方向けに自己紹介するとPJCSのwinners3回戦のサブ配信卓でボコボコにされて頭抱えてたアイツです。今回は2回のオフ会とPJCS2024において使用した構築についての記事を書かせていただこうと思います。正直今後の環境に適応できるような構築ではないかもしれませんが、一旦自分の一つの結論として共有するので、よければ読んでいただけたら幸いです。

成績
日野ヤコマオフ 予選5-2
第五回ケビンオフ ベスト4
PJCS2024決勝大会 ベスト24

構築経緯

白馬バドレックス

自分は基本的にトリックルーム軸の構築以外使うことができないので、使用する禁止伝説の候補は白馬バドレックス、ネクロズマ、ルナアーラに絞られていました。どれも当然強力なポケモンですが、ネクロズマとルナアーラはかなり尖った性能をしたポケモンであり、使用するにあたってかなり高度な技術が要求されます。一方の白馬バドレックスは立ち回りがかなり単純明確であり、さらに構築のカスタマイズ性もある。自分に前者2匹を扱う技量はないので、必然的に白馬を握る流れになりました。

テツノブジン

続いて、相性の良い相方決め。私はここに採用するポケモンの条件を「アンコールを覚えるポケモン」に絞ることにしました。と言うのも、トリルを張る関係上、どうしても相手の守るによるターン枯らしや猫騙しが邪魔になります。しかし、アンコールがあればそれを逆手に取って起点にできるのでは?という発想が降ってきたためです。というわけでアンコールを覚えるポケモンの一覧を開いて誰がいいか吟味していたところ、面白いポケモンを見つけました。それがテツノブジンです。あまり注目されるポケモンではない反面ワイドガードなどの優秀な補助技を数多く覚え、更に両刀寄りの種族値により型の特定も難しい。CTSにおいて強い要素盛りすぎではないか?と感じたので、今回はこいつを握ることにしました。

モロバレル

続いて3匹目として、いつもの相棒枠としてモロバレルを採用。粉や胞子でトリル展開をサポートする名脇役です。また、元々耐久が高い白馬をかふんだんごにより更に要塞化することもできる点も評価点。努力値に関しては、今回はテラパゴスや黒馬、カイオーガを重く見てHDベースで採用することにしました。技構成もレギュFの本戦で使ったものが最強と信じていたため変更なし。

ペリッパー

4匹目。私はここにペリッパーを採用しました。というのも、ここまでの3匹が晴れパや強力な炎技に対してあまりに無抵抗すぎるため、そこに対して切り返す枠が必要だったためです。コライドンに対して滅法強いのはもちろん、ワイドガードを覚えたり水技が高火力だったりとで晴れパ以外相手にも腐りにくいのが評価点といったところでしょう。世界各地のリージョナルでペリッパーが台頭してきているのを見た時、自分の考察が当たっているのを感じていました。

化身ボルトロス

続いてここまでカイオーガがキツすぎるためその対策として化身ボルトロスを採用。怪電波は勿論、にほんばれという2つ目の切り返し手段を持っているのが偉すぎました。しかし、カイオーガ相手以外に殆ど出すことがなかったため、正直この枠は要検討だったかなあという感じではあります。

ここまでがPJCS本戦前(多分4月15日とかそんくらい)に考察していた部分になります。そして本戦後の5月2日。私のポケモン人生初オフとなる日野ヤコマオフがありました。@1はまだ決まっていなかったため適当に鉢巻悪ラオスを持って行ったのですが、そこの予選リーグで当たった岩オーガポン+襷エルフーンの行動保証コンビにボコボコにされてしまったため、残り1匹はこの並びに有利を取れる、もしくは最低限不利を取らないポケモンを選択することに。あとついでにミライドンに有利をとれて、おまけに耐久と火力とサイクル性能があればなお良し…って感じ。
これを見たら、普通の人は「お前欲張りすぎだろ」と感じることでしょう。しかし、ダブルバトルにはそんな常識すらぶち壊す強すぎる一般枠がいます。そう、ゴリランダーです。

ゴリランダー

・電気半減とフィールド張り替えでミライドンに強い
・猫騙しで襷頑丈破壊できる
・チョッキ型はかなり硬い
・サポーターみたいな顔しといてウッドハンマーでそこら辺のアタッカーを超えるレベルの火力を叩き出す

いや強すぎん?使わない理由is何??というわけで最後のピースにはゴリランダーが入ってきました。以上で構築完成です。

白馬バドレックステツノブジンモロバレルペリッパー化身ボルトロスゴリランダー

個別解説

白馬バドレックス

特性じんばいったい白馬バドレックス
持ち物クリアチャーム
テラスタイプほのお
性格ゆうかん
実数値(努力値)H207(252)-A238(252)-B170-C×-D151(4)-S49 ※S個体値1
ブリザードランス/10まんばりき
トリックルーム/アンコール
調整
・男のHAぶっぱ

最強禁伝ポケモンの一角。異常としか言えない種族値から必中高火力の全体技を連打し自力でトリル展開もできるまさに禁伝ダブル環境の王。技構成はテンプレ3つに加えて驚愕の「アンコール」採用。元々この枠は守る、炎テラバ、命の雫のどれかにしようと考察していたのですが、スランプに陥った際に自暴自棄になって採用したアンコールがケビンオフで大活躍したため、横浜まで続投することに。前述の通り相方のテツノブジンもアンコールを採用しているため、上下からアンコールによる縛りをかけることができるとんでもない並びになってます。
用途としては主に面倒なワイガ要員を縛ったり、相手の守るに合わせて使用します。テラスタルは火傷対策のほのおを採用しました。

テツノブジン

特性クォークチャージテツノブジン
持ち物ブーストエナジー
テラスタイプゴースト
性格むじゃき
実数値(努力値)H159(76)-A154(28)-B111(4)-C169(228)-D72-S173(172)
ムーンフォース/はたきおとす
コーチング/アンコール
調整
・HP16n-1
・はたき連打でHP244、B4振りルナアーラが最低乱数2連引き以外なら落ちる
・Cなるべく高め
・最速コジョンド抜き

白馬の相方として採用。コーチングで白馬を強化しつつ、隙を見てアンコールを叩き込む悪魔のポケモンです。元々はムンフォ1ウェポンにコーチング、アンコール、ワイドガードで採用していたのですが、ワイドガードがめちゃくちゃ読まれること、そしてワイガで技を防ぎたい相手は大抵特殊アタッカーであり、対面でブジンを出さざるを得ない状況が弱いと感じてワイガ切りの判断を取ることにしました。代わりに採用したはたきおとすはメテビ系統の相手や黒馬に刺せたらな〜、って感じです。

モロバレル

特性さいせいりょくモロバレル
持ち物おんみつマント
テラスタイプみず
性格なまいき
実数値(努力値)H219(236)-A×-B100(76)-C105-D137(196)-S31 ※S個体値0
キノコのほうし/いかりのこな
かふんだんご/クリアスモッグ
調整
・HP3n
・A4振りガオガエンのフレドラ耐え
・なるべくD高め

トリックルーム適正の高さや、白馬との相性の良さを評価して採用。キノコのほうしいかりのこなでサポートをしながら、隙を見て白馬にかふんだんごを投げて回復させるのが主な役目です。クリアスモッグは積みポケモンに対する対策として採用しました。努力値はカイオーガ、ミライドン、テラパゴスなどを厚めに対策するために特防方面厚めとなっています。

持ち物のおんみつマントはCTSルールに強いことから本番直前に採用。通常なら猫騙しで優先的に止めたいポケモンであるモロバレルに持たせることにより、相手の作戦を崩すことができます。テラスタルは氷技を受けるために水で採用しました。

ペリッパー

特性あめふらしペリッパー
持ち物こだわりメガネ
テラスタイプじめん
性格れいせい
実数値(努力値)H167(252)-A×-B120-C161(252)-D91(4)-S63 ※S個体値0
ウェザーボール/ぼうふう
テラバースト/ワイドガード
調整
・HCぶっぱ

初見殺し用のやばすぎるポケモン。雨で相手の炎技の火力を下げつつ、予想できない火力のウェザーボールで相手を薙ぎ倒すゴリゴリのアタッカーです。当初はいのちのたまを持たせて運用していたのですが、更なる火力が欲しくなったためメガネ運用に切り替えました。一応最後の詰め筋としてワイドガードも覚えさせてます。テラスタルはザシアンやミライドンをテラバーストで奇襲しに行くためにじめんにしました。メガネで採用したことにより、こいつらも確1で倒すことができます。

化身ボルトロス

特性いたずらごころ化身ボルトロス
持ち物メンタルハーブ
テラスタイプはがね
性格おだやか
実数値(努力値)H181(212)-A×-B102(92)-C145-D138(204)-S131
10まんボルト/ちょうはつ
かいでんぱ/にほんばれ
調整
・水ウーラオスの1.2倍すいりゅうれんだ耐え
・なるべく特殊耐久厚め

カイオーガ対策枠です。にほんばれによる天候書き換えとかいでんぱによるCダウンという2重の妨害により、カイオーガの苛烈な攻撃から味方を守ることができます。持ち物は特に持たせたいものがなかったので挑発トルネ対策のメンタルハーブにしました。

ゴリランダー

特性グラスメイカーゴリランダー
持ち物とつげきチョッキ
テラスタイプみず
性格いじっぱり
実数値(努力値)H207(252)-A165(36)-B111(4)-C×-D99(68)-S124(148)
ウッドハンマー/10まんばりき
とんぼがえり/ねこだまし
調整
・最速ガエン抜き
・C187アカツキガチグマの珠テラスブラッドムーン確定耐え
・A11n

ミライドン対策。とんぼがえり10まんばりきの両採用により、サイクル性能と草耐性を持つ相手への打点を両立することができました。HDSベースのサポート型で火力にはほとんど振っていないもののフィールド効果のおかげか普通にウッドハンマーで押して行くことも可能です。テラスタルは炎に耐性をつけながら水耐性をキープするために水を選択。かなり汎用的な強さがあり、使いやすいポケモンでした。

選出と立ち回り

基本選出1

先発:テツノブジン白馬バドレックス
後発:モロバレルペリッパーorゴリランダー

一番多くやった出し方です。ブジンのコーチングで白馬を強化しつつ、トリル下でモロバレルと並べて全抜きを目指します。白馬の攻撃で倒しきれない相手はぺリッパーかゴリラで回収します。

基本選出2

先発:モロバレル白馬バドレックス
後発:ペリッパーゴリランダー

悪巧み黒馬など相手にはこれで出します。初手トリルor胞子のどちらかを通しに来たと見せかけ、普通にブリラン連打で対面突破しに行く出し方です。ブリランを受けるのが苦しくなった相手がまもるなどを使用すると判断したらそこですかさずトリルを貼りに行きます。択が多く苦しい出し方ですが、ハマれば強いです。

対カイオーガ

先発:化身ボルトロス白馬バドレックス
後発:モロバレルゴリランダー

とりあえず先発にほんばれしながらブリザードランス。カイオーガの隣に挑発を撃ってきそうな奴がいなければ2ターン目でトリルを貼っていきます。

対ミライドン

先発:ゴリランダー白馬バドレックス
後発:モロバレルペリッパー

初手でフィールドを張り替え、主導権を取りに行く出し方です。相手がリキキリン+ミライドンで出してきたらゴリラがとんぼしながら白馬をバレルに交代、それ以外の出し方ならゴリラがねこだましを撃ちながら白馬がトリルを貼ります。

さいごに

PJCSは悔しい結果に終わってしまいましたが、8月半ばに開催されるWCSに向けてまた1から出直してきます。S1バドレックスを提供してくださったJohnさん、ボルトロスを提供して下さった論者ケイト氏、隠密バレルを提案してくれたミンギュさん、直前までフレ戦してくださった多くの方々や応援してくれた方々、そしてここまで読んでくださった皆様、本当にありがとうございました!!

チームID: T1MMPJ

パーティ作成者

ビッチィ

ツイッター

20歳 PokémonVGC🇯🇵Yuta Ishigaki(TN:パラガス)PJCS2014 予選7位(ジュニア) PJCS2024第3回予選抜け 本戦1位 決勝24位 ケビンオフ#5 best4 気軽に話しかけてくれたら嬉しいです!#かんなファミリー

Twitterで最新情報をチェック!

構築記事最新記事