【ダブル】エルヴァディ軸ビートダウン【ランクマッチ1位到達】

【ダブル】エルヴァディ軸ビートダウン【ランクマッチ1位到達】

レンタルチームID:0000 0002 TGDN M9

今回ははかたるびーさん(@hakata_ruby)がランクマッチのダブルバトルで1位(12月5日~12月16日頃)に到達したパーティの掲載許可を頂きましたので当サイトでもご紹介いたします。

↓はかたるびーさんのブログはこちら

【剣盾ランク戦ダブル1位達成構築】エルヴァティ軸ビートダウン

はじめに

どうもはかたるびーです(^-^)ノ

今回はポケモン剣盾ダブルで使用して何度も1位を達成し、12/5〜12/16辺りで1位付近を長らく維持した構築を紹介しようと思います。

パーティの詳細は以下の写真の通りです。

f:id:pkmntaiko925630:20191226175556j:plain

 

構築概要

基本的にはエルフーンとシルヴァディを並べて「おいかぜ」&「ダイジェット」で展開し、後続のポケモンと合わせてパーティ名の通り、とにかくひたすら上からぶん殴ります。

同様の戦術の構築は他にも存在すると思いますが、その中でも認知されていないポケモンやギミックを組み込んでいる事が今回の結果に繋がったと考えています。

型バレが無ければこちらのする事は基本あまり読まれないので、構築スタンスのおかげもあって一方的にイージーウィンする事も多々ありました。

 

構成

エルフーン

特性 いたずらごころ
持ち物 きあいのタスキ
性格 ひかえめ
実数値(努力値) 136(4)-*-105-141(252)-95-168(252)
ムーンフォース/おいかぜ

ちょうはつ/うそなき

この構築の展開の要①

高い素早さと特性による先制「おいかぜ」によって、ほぼ確実に「おいかぜ」を決めれるだけでなく、次点で隣のポケモンが技を打てるのも素晴らしい。

準速でも100族を抜けるために控えめで採用。

持ち物

きあいのタスキ…「おいかぜ」を打った後でも充分に仕事ができるのもあって、高速低耐久との相性の良さを考慮して採用。

ムーンフォース…メインウェポン。この技と後述の「うそなき」のおかげで、「おいかぜ」を打った後に置物になる事は殆どありません。

おいかぜ…構築の要である素早さ操作技。

ちょうはつ…「トリックルーム」やその他サポート技を許さない、この構築において欠かせない技。

うそなき…後述の特殊型シルヴァディと合わせて相手のポケモンを葬ります。初手にこの技を打ってシルヴァディと共に1匹倒してから「おいかぜ」を展開する事もしばしば。

 

シルヴァディ

特性 ARシステム
持ち物 いのちのたま
性格 ひかえめ
実数値(努力値) 172(12)-*-115-161(252)-115-146(244)
エアスラッシュ/シャドーボール

10まんボルト/くさのちかい

この構築の展開の要②エルフーンの「おいかぜ」とこのポケモンの「ダイジェット」で確実にこちらが上を取る展開を狙います。

このポケモンの何よりの強みは、何をするのかが全く読まれないという点です。使っている人が少ないために一般的な型も定まっていないため、どの技を打っても読まれる事は殆どありません。ましてや特殊型であるにもかかわらず「おにび」が飛んでくるレベルです笑。技範囲の広さも相まって、幾度となく相手のポケモンを殆ど警戒させずに弱点を突いて倒してきました。

また、HBD種族値95という高種族値に加え、ノーマル単体という非常に優秀なタイプのおかげでダイマックスした際の耐久数値が高く、非常に場持ちのいいポケモンとなっています。エルフーンが倒された後に出てくる後続のポケモンを、ダイジェットと合わせて先制で殴らせたいために非常に魅力的。

確定範囲が変わるポケモンが多いために性格は控えめにしています。弱点を付けない場合は火力が低めなのは否めませんが、それでも大体は確定2発(「うそなき」を合わせれば1発)を取れる上に、メインの火力ソースは裏のウオノラゴンとヒヒダルマという意図で組んだので、自分としては充分過ぎるくらいです。

後述するガラルヒヒダルマとS実数値をズラすため、S244振りにしています。初手トゲキッス+ドラパルトを相手にする際の安定行動のためです。

持ち物

いのちのたま…タイプ不一致技を打つ事による火力不足の面を少しでも補えます。

エアスラッシュ…エルフーンの「おいかぜ」と合わせて展開していく技。ついでに苦手なかくとうタイプに弱点を突けるのも偉過ぎる。

シャドーボール…通りが良いのと、後続のポケモンが物理アタッカーであるために、相手のBを下げれる「ダイホロウ」が打てるようになるのが強い。

10まんボルト…裏のポケモンのメイン打点であるみず&こおりを両方半減するみずタイプに刺さる技。「ダイサンダー」でエレキフィールドを発生させることで「あくび」対策にもなり得て便利。

くさのちかい…でんき技でも弱点を付けず、環境に多いウォッシュロトムやトリトドンなどに刺さる。

 

ウオノラゴン

特性 がんじょうあご
持ち物 こだわりハチマキ
性格 いじっぱり
実数値(努力値) 166(4)-156(252)-120-*-100-127(252)
エラがみ/かみくだく

ドラゴンダイブ/こおりのキバ

「おいかぜ」&「ダイジェット」の素早さ上昇を生かして上から敵をなぎ倒していく要員であり、エルフーンかシルヴァディが倒された後に投げることが多いです。

その異次元的な火力は等倍以上のポケモンをほぼ全てワンパンし、半減であるドラパルトでさえも確定1発、シルヴァディの「ダイホロウ」で防御を1段階下げればウォッシュロトムやミロカロスも一撃で葬り、HP252振りナットレイでさえも中乱数。タイプ相性どこ行った。

そして耐久数値も低くない上にタイプも優秀なため、一撃で葬られることが殆どないのも強すぎる。

持ち物

こだわりハチマキ…基本トリトドンがいなければ「エラがみ」しか打たないので拘るデメリットは少なめ。それによって得れる火力は上記の通り。エグい。

エラがみ…あのネクロズマ様が1ターンの反動を受けてまで打つ専用技「プリズムレーザー」が威力160なのに、すました顔で威力170を叩き出すとかポケモンなめてんのか?(解説放棄)

かみくだく…主にトリトドンに打つ技であり、基本的にトリトドンはこの技でゴリ押せます。

ドラゴンダイブ…ウオノラゴン対面で打ったくらい。当てたの偉い。

こおりのキバ…トリトドン+バンバドロを並べられた時に打ったくらい。「いわなだれ」でもいいかも。

 

ヒヒダルマ

特性 ごりむちゅう
持ち物 こだわりスカーフ
性格 いじっぱり
実数値(努力値) 181(4)-211(252)-75-*-75-147(252)
れいとうパンチ/フレアドライブ

ばかぢから/いわなだれ

基本は「おいかぜ」中にウオノラゴンを死に出しし、「おいかぜ」が切れそうor切れたタイミングでこいつを死に出ししていきます。高い素早さと攻撃に加えて技範囲の広さから、「おいかぜ」が切れた後でもフィニッシャーとしてしっかりと役割をこなしてくれます。

こだわりハチマキウオノラゴンを使っていると感覚が狂いそうになりますが、こいつも充分に火力が頭おかしいです。

持ち物

こだわりスカーフ…役割遂行のため。特性と拘り系の相性の良さは異常。

れいとうパンチ…命中安定をとって「つららおとし」ではなくこちらを採用。

フレアドライブ…ナットレイやアーマーガア、アイアントなどによく打つサブウェポン。

ばかぢから…バンギラスやジュラルドンなどによく打つサブウェポン。

いわなだれ…2番目に打つ頻度が多いとても優秀な範囲技。「とんぼがえり」は交代先になり得るポケモンがいる場面が少ないので不採用。

 

ネンドール

特性 ふゆう
持ち物 やわらかいすな
性格 ひかえめ
実数値(努力値) 167(252)-*-125-134(252)-141(4)-95
だいちのちから/サイドチェンジ

トリックルーム/ふういん

トリパガンメタ要員。このパーティの面子は全般的に耐久数値が低いどころか、「まもる」を覚えているポケモンが1体もいないため、はっきり言って「トリックルーム」を打たれたらその時点で試合終了といっても過言ではありません。よって、相手がいくら「トリックルーム」を決めるために手を打とうが、決まれば確実に止められる「ふういん」という技を評価して採用しました。「ちょうはつ」エルフーンと並べる事で、バタフリーの「ねむりごな」も許しません。

「トリックルーム」と「ふういん」を覚えるポケモンは他にも沢山いますが、優秀な耐久数値に加えて流行りのドサイドンのタイプ一致技を半減以下で受けられること、コータスをワンパン出来る事からこのポケモンの採用に踏み切りました。

持ち物

やわらかいすな…H252D4振りコータスを「だいちのちから」で確定で落としたいために採用。

だいちのちから…トリパへの通りが案外良いメインウェポン。

サイドチェンジ…トリル要員の「サイドチェンジ」による択ゲーに持ち込まれるのがうざいので採用。相手がトリル選出をしなかった際もこの技でかなり仕事ができます。

トリックルーム…相手のこの技を封印するために採用しているため、対戦中に打った事は殆どないです。

ふういん…役割遂行技。

 

ドリュウズ

特性 すなかき
持ち物 じゃくてんほけん
性格 いじっぱり
実数値(努力値) 197(92)-205(252)-81(4)-*-100(116)-114(44)
10まんばりき/アイアンヘッド

いわなだれ/つるぎのまい

調整

・S⇒大抵のジュラルドンを抜けるであろうライン。

・HD⇒珠込みc252リザードンのダイバーン(オバヒ)耐え。

現状この構築で厳しいと感じたのが

①エルフーン+リザードン

②ジュラルドン入り

だったので、その対策としてのポケモン。フライゴンやアイアントなど色んなポケモンを試しましたが、結局1番最初に使っていたこいつに落ち着きました。

ジュラルドンからこのポケモンへの打点が殆どない&「ダイロック」ですなかきを自主的に発動させてリザードンを上から縛れます。「おいかぜ」+すなかきでほぼ確実に上から殴れると同時に、耐久の低いポケモンの防御や特防を上げれると相手の攻撃を周りが耐えてくれるのもありがたい。

持ち物

じゃくてんほけん…自身の耐久を上げるダイマックス技との相性がいい持ち物。

10まんばりき…メインウェポン①。「じしん」は浮いているポケモンがいないため不採用。

アイアンヘッド…メインウェポン②。

いわなだれ…自主的に特性:すなかきを発動させるための技。

つるぎのまい…特にジュラルドン対面だとこの技を打つ隙は案外あり、1度積めればかなり無双できます。

選出と立ち回り

基本選出

先発:

後発:

基本的には「おいかぜ」+「ダイジェット」を打って展開していきますが、初手に「うそなき」+シルヴァディのダイマックス技で1匹葬ってから展開する事もしばしば。

VSエルフーン+リザードン、ジュラルドン入り

先発:

後発:

剣の舞を積めれたら積極的に積みたいところ。

VSトリックルームパーティ

先発:+@1

後発:@2

バタフリーやラフレシアコータス、猫騙し要員がいる際には初手にエルフーンを投げて、「ちょうはつ」も合わせて「トリックルーム」を止めに行きます。

先発ネンドール以外の枠は刺さり具合で判断。

さいごに

まだシーズン途中ですが、環境の変化により厳しい構築が増えてきたために構築の公開に踏み切りさせていただきました。残りのシーズンは別構築で頑張ります!

ここまで読んでくださり本当にありがとうございました! 何か質問やご意見などがございましたら@hakata_rubyまでお願いします!

パーティ作成者

はかたるびー

ランクマッチダブル 1位到達

Blog:はかたのブログ

ダブルカテゴリの最新記事