【S2ダブル最終1位】サルバニラファミリー


レンタルチームID: 0000 0001 KMXR GJ

はじめに

初めまして、さやぶしん(@sayabusin)と申します。
シーズン2ダブルバトルのランクマッチで使用した構築の紹介をします。

瞬間1位を数回達成し、そのまま最終1位を達成する事ができました!

構築経緯

シーズン1の上位構築を眺めたときに感じたのは「氷の一貫性があり、吹雪が通る」ということだったので、自分が好きなポケモンであるバイバニラバイバニラアイコンを軸に考えることにしました。

ダイマックス環境で上から攻撃をしかけるためには素早さ操作が重要ですが、バイバニラの素早さが少し遅めであることと、1月上旬に流行していたSejunさんの歴代WCS王者大会の優勝構築がトリックルームに弱いことから、トリックルームパーティを作ることにしました。

当時採用率の高いポケモンでバイバニラの障害になりそうなポケモンの筆頭はバンギラスとウインディだったので、この2体に強いナゲツケサルをダイマックスエースとし、横でバイバニラが吹雪を通せるような構築を組みました。

構成

ナゲツケサル

特性 まけんき
持ち物 とつげきチョッキ
性格 ゆうかん
実数値(努力値) 207(252)-189(252)-110-*-81(4)-76
かわらわり/いわなだれ

はたきおとす/アイアンヘッド

メインのダイマックスエースです。トリックルーム下の最遅の突撃チョッキナゲツケサルは非常に広範囲のポケモンと殴り合うことができて強力です。

ナゲツケサルとローブシンの種族値配分はよく似ていますが、ナゲツケサルは特性の負けん気が威嚇やダイドラグーン、甘えるに強い点が優秀です。

また8世代の叩き落とすは非常に強力で、ダイマックスしない試合においても優れたサポート性能を発揮できます。

インファイトとかわらわりはダイナックルになった時の威力が5しか変わらないので、壁を破壊できる追加効果が重要なかわらわりを採用しています。

バイバニラ

特性 ゆきふらし
持ち物 じゃくてんほけん
性格 ひかえめ
実数値(努力値) 178(252)-*-106(4)-178(252)-115-99
ふぶき/フリーズドライ

ラスターカノン/まもる

ガラルダブルは氷タイプの攻撃の一貫性が高く、吹雪が強力です。

ナゲツケサルの苦手なトゲキッスやウォーグル等に強いのでナゲツケサルとバイバニラは横の相性が良いです。相手のバイバニラやヒヒダルマを考慮してラスターカノンを持たせています。

持ち物の弱点保険は不一致の弱点攻撃や、ダイマックス技を守ることで発動する事が多かったです。

オーロンゲ

特性 いたずらごころ
持ち物 いのちのたま
性格 いじっぱり
実数値(努力値) 202(252)-189(252)-86(4)-*-95-80
ふいうち/じゃれつく

ねこだまし/ちょうはつ

ねこだまし&挑発によるサポートができ、攻撃性能も高いです。

命の珠を持たせることで、じゃれつくでローブシン、ねこだまし+じゃれつくでエルフーンやバイバニラが倒せるようになります。ローブシンでトリックルーム対策をしているパーティも多いため、後発にアタッカーとして置くことも相手次第では重要です。

トリックルーム下でナゲツケサルのダイナックルの後でじゃれつくのが強いと感じたので、遅くしていません。

ゴチルゼル

特性 かちき
持ち物 カシブのみ
性格 れいせい
実数値(努力値) 177(252)-*-118(20)-159(236)-130-63
サイコキネシス/エナジーボール

ねこだまし/トリックルーム

調整
・意地っ張りドラパルトの命の珠ダイホロウをカシブの実で81.3%耐え

8世代の勝気・負けん気のポケモンはいるだけで5種類(ドラゴン・ゴースト・むし・あく・ノーマル)の能力を下げるダイマックス技を撃ちにくくさせるので、とても優秀です。

ゴチルゼル・シャンデラの並びは特に悪・ゴーストタイプのダイマックス技を誘うので、勝気はそれなりに発動します。逆に勝気が発動しないとパワーが低いのが弱点です。

サイコキネシス・トリックルーム・ねこだましは確定で4つ目の技をどうするかは悩ましいのですが、最後の方はエナジーボールにしていました。ローブシン・ドサイドン・トリトドンといったトリックルーム対策のポケモンに強くなるので、選出がしやすくなりました。

ウォッシュロトム

特性 ふゆう
持ち物 じしゃく
性格 ひかえめ
実数値(努力値) 157(252)-*-128(4)-171(244)-128(4)-107(4)
10まんボルト/ハイドロポンプ

イカサマ/まもる

ナゲツケサルの苦手な飛行タイプ、バイバニラの苦手なバンドリと炎タイプを意識して水ロトムを採用しています。

トゲキッスがとても強いルールなので、なるべく早く倒す為にじしゃくを持たせています。

シャンデラ

特性 もらいび
持ち物 きあいのタスキ
性格 れいせい
実数値(努力値) 166(244)-*-111(4)-216(252)-110-77(8)
ねっぷう/シャドーボール

エナジーボール/トリックルーム

調整
・味方の最遅ナゲツケサルの素早さ+1

最遅個体ですが、ナゲツケサルとの素早さ関係をはっきりさせるために素早さに努力値を8振りました。(最遅+1の個体を用意するのが理想です)

選出・立ち回り

基本選出

先発: シャンデラの画像+ゴチルゼルor

後発: +or

基本的に初手でトリックルームを貼り、刺さっているポケモンでダイマックスをしてトリックルームターン中に数的有利を取りに行きます。

ねこだましはダイマックスのため不安定な技ですが、サポート寄りのポケモン、ダイマックスとの相性が悪いポケモン、弱点保険のトリガーのポケモン等を意識して狙うと成功しやすいです。

シャンデラ+ゴチルゼルの並びの方が相手にどちらがトリックルームを貼るかの的を絞らせないためトリックルームを貼りやすいです。(その引き換えに、ゴチルゼルは勝気が発動しない限り攻撃性能が低いです)

対バンドリキッスバンギラスの画像 ドリュウズ トゲキッスのアイコン

先発: シャンデラの画像+ゴチルゼル

後発: +oror

基本的にトゲキッス以外のポケモンがトリックルーム下のナゲツケサルの攻撃に弱いことが多いので、ダイマックスナゲツケサルで荒らすことを意識します。

バンドリキッスは相性補完に優れた構築なので、交換やダイウォール等で攻撃を躱しに来ます。相手の視点に立って行動を読み、ダイマックス技を無駄撃ちしない事がとても重要です。

対Aaron Traylor構築エルフーンジュラルドンローブシンの画像トゲキッスのアイコン

先発: シャンデラの画像+ゴチルゼル

後発: +

シーズン2でメジャーだったDallas Regional Championships優勝構築です。ローブシンに厚い選出で行けば高い確率で勝てると思います。

おわりに

「ふういん+トリックルーム」に弱い等といった非常に大きな欠陥もありますが、自分が使用した際の勝率は74~75%と悪くなかったので、自分なりにシーズン2の環境にメタを張れたのかなと思います。
癖の強い構築ですが、よろしければ使ってみてください。


レンタルチームID: 0000 0001 KMXR GJ

パーティ作成者

さやぶしん

ツイッター

ブログ: さやぶしんのビルドレキッス

ダブルカテゴリの最新記事