【日本王者決定戦2020 3位】燃えよ蒼龍ドラゴンズ【シニアカテゴリ】

【日本王者決定戦2020 3位】燃えよ蒼龍ドラゴンズ【シニアカテゴリ】

王者決定戦シニアカテゴリ3位

レンタルチームID: 0000 0003 J5RG FF

はじめに

こんにちは、マリン(@Yamyam_poke)です!

今回は日本一決定戦シニアカテゴリで使用した構築の概要を書いていきます。王者決定戦のときの考えについても書いてあるのでぜひ最後までご覧下さい!

構築経緯

4月のINCが終わり、いい結果が残せなかった僕はリザードンを解雇し、完全に新しい構築を作ることにしました。

そこで作りたいなと思ったのがオーロンゲを使って壁を貼ったあと、ダイマックス(以下ダイマ)で破壊するいわゆる「打開ダイマ構築」でした。

オーロンゲ

そこでおのさんのダブルウナギコントロールに出会い、そこから現環境にあった構築を作っていくことにしました。

しかし、5月は結果を残せず、日本一決定戦予選も時間が足りず11位で終わってしまいました。

とても悔しくなった僕はギャラ構築使って王者決定戦に出るとギャラ構築を使い続ける決意をしました。

ギャラドスオーロンゲのアイコンウインディのアイコンゴリランダー

ギャラドス、オーロンゲ、ウインディ、ゴリランダーまでは決めていたのですが、日本一決定戦本戦が近づいてきてもなかなか勝てず、どうしようとなっていたとき、リバティノートさんで見つけたギャラ構築の中身を覗いてみたところ、ダイマキッス、ウオノラゴンと相性がいいことが分かり、組んでみたら上手くいったので使うことにしました。

トゲキッスのアイコンウオノラゴン

そしてギャラドスが青い龍であることから中日ドラゴンズ(以下中日)という構築名を思いつき、パーティのNNを全て中日の選手名にしました(NNは過去のツイート参照)。

ギャラドスオーロンゲのアイコンウインディのアイコンゴリランダー トゲキッスのアイコンウオノラゴン

構成

ギャラドス

特性 じしんかじょう
持ち物 いのちのたま
性格 ようき
実数値(努力値) 171(4)-177(252)-99-*-120-146(252)
たきのぼり/とびはねる
パワーウィップ/まもる

ASぶっぱなので調整は特になし

この構築のエースです。王者決定戦では選出しなかったものの、予選などでは大活躍のポケモンでした。

基本後発として置きます。

オーロンゲ

特性 いたずらごころ オーロンゲ
持ち物 ひかりのねんど
性格 わんぱく
実数値(努力値) 201(244)-140-111(124)-*-113(140)-80
ソウルクラッシュ/リフレクター
ひかりのかべ/でんじは
調整
HD:C特化トゲキッスのダブルダメージマジカルシャインを急所でも確定耐え

この構築の大事な役割を果たすポケモンです。

初手のトゲキッスにマジカルシャインを急所に当てられ行動できないのが嫌だったため、確定耐えまでDに振りました。これでトゲキッスにも安定して出せるようになったので良かったと思います。

電磁波は葉緑素バナの上をギャラで取れるため必須レベルです(最悪運ゲできます)。

ウインディ

特性 いかく ウインディ
持ち物 マゴのみ
性格 おくびょう
実数値(努力値) 192(212)-*-101(4)-125(36)-101(4)-161(252)
ねっぷう/バークアウト
しんぴのまもり/まもる
調整
4nできのみ発動効率、3nで回復量を最大にした12n、最速

基本先発で出すポケモンです。

威嚇からのバークアウトで相手の火力を削ぎながら、熱風でダイマアタッカーの攻撃圏内まで入れていくのが理想です。

バコウバレルが死ぬほどきつかったので神秘の守りを採用しましたが、トゲキッス、コータスの欠伸にも対応できるようになり非常に強い技でした。しかし、準決勝のポリゴンzのダイアタックを耐えるところまで耐久を伸ばしたかったです。

当日までポリゴンzと当たらなかったので無警戒でした…(光の壁、またはバークアウト1回で68%の高乱数落ちでした) 。

ゴリランダー

特性 グラスメイカー ゴリランダー
持ち物 おはなのおこう
性格 いじっぱり
実数値(努力値) 195(156)-194(252)-110-*-90-118(100)
ウッドハンマー/グラススライダー
10まんばりき/ねこだまし
調整
Aにぶっぱ
S:最速テラキオンをゴリランダーS+1で抜き(ここまで振ればそこらへんのミラーに勝てるでしょと思いながら)

ドサイドンや水ポケモンが若干きつかったので入れました。なんできせきのタネじゃないのかについては聞かないでください()

微妙枠ですが、草技押してるだけで強かったので実際ここに代われるポケモンはいないと思ってます。

トゲキッス

特性 きょううん トゲキッス
持ち物 じゃくてんほけん
性格 おくびょう
実数値(努力値) 161(4)-*-115-172(252)-135-145(252)
マジカルシャイン/エアスラッシュ
ねっぷう/まもる
調整
CSぶっぱ

爆運両急所犯罪ポケモンです。

このポケモンのおかげ?で僕の試合は沸きました。ダイマしても強く、ダイマしなくてもそこそこの火力が出る使い勝手のいいポケモンです。

しかし、熱風はこの指とまれか手助けにするべきだったと思います。ナットレイなどの炎弱点の多くが環境から少なくなったのが原因です。この指とまれや手助けにするとサポートとしての動きも出来るのでいいと思います。

こいつを使うときはみなさん祈りましょう!w

ウオノラゴン

特性 がんじょうあご
持ち物 こだわりスカーフ
性格 いじっぱり
実数値(努力値) 166(4)-156(252)-120-*-100-127(252)
エラがみ/サイコファング
いかりのまえば/いわなだれ
調整
ASぶっぱ

エラがみを押してるだけで強かったです。

準決勝はこのポケモンをいかに通せるかで試合が決まる感じだったのに、雑に扱ってしまったのでものすごく反省してます。

スカーフのおかげでエースバーンの上から殴れます。威嚇を1回入れられるくらいだとなかなか止まらないのでエラがみを押していきます。ダイストリームとの相性もとてもよかったです。

各選手パーティ公開後の選出と立ち回り考察

準決勝:タカサゴナオヤ選手

王者決定戦シニア準優勝

まず相手は

先発:ポリゴンZポリゴンZ+トゲキッストゲキッスのアイコン
後発:ゴリランダーゴリランダー+ガオガエンガオガエン

で来ると思いました。理由としては手助けダイアタックでウインディが壁バクア状態でも乱数で落ちてしまうからです。相手から見てもほとんど落ちるような計算だと思いました。

そして、こちらは

先発:オーロンゲオーロンゲ+ウインディウインディのアイコン
後発:トゲキッストゲキッスのアイコン+ウオノラゴンウオノラゴン

でした。

初手はロンゲウインで誰がきても場を整え、トゲキッスがあまえる、ポリゴンzが10万ボルトを持っていたことからギャラドスを出すのが厳しく、アタッカーをトゲキッス、ウオノラゴンにしました。

しかし、本番は初手ポリゴンz、ガオガエンでした。

ポリゴンZガオガエン

これも予測はしていましたが、ポリゴンzを初手に引かれるのは予測していませんでした。

選出は大体予想通りでグラススライダーをオーロンゲが上手く耐えてくれたものの、こちらのポケモンを上手く通すことが出来なかったのが敗因だと思います。

特に上でも述べたように、ウオノラゴンをどれだけ上手く通せるかが大事であったのに、ウオノラゴンを雑に扱ってしまったのがよくなかったと思います。上振れてただけにかなり悔しさの残る試合となりました。

ツキデコウ選手

王者決定戦シニア3位

予想は

先発:トゲキッストゲキッスのアイコン+ガオガエンガオガエン
後発:エースバーンエースバーン+ウーラオスウーラオス

でした。

正直、誰が出てきてもおかしくない相手です。

対面は若干有利くらいだと思いますが、相手が強すぎるのでなんとも言えません…w

そしてこちらは

先発:オーロンゲオーロンゲ+ウインディウインディのアイコン
後発:ギャラドスギャラドス+トゲキッストゲキッスのアイコンorウオノラゴンウオノラゴン

です。ウインディが落ちる前に神秘の守りを上手く貼って、欠伸やキノコの胞子をケアできるようにして、ギャラドスで攻撃していくというものでした。

本番では当たりませんでしたが、読み合いが大事になるマッチングだったと思います。

イチカワカイセイ選手

王者決定戦シニア優勝

予想は

先発:サマヨールサマヨール+トゲキッストゲキッスのアイコン
後発:バンギラスバンギラス+ガオガエンガオガエン

でした。

そしてこちらは

先発:ウオノラゴンウオノラゴン+ゴリランダーゴリランダー
後発:ギャラドスギャラドス+オーロンゲオーロンゲ

です。

初手でエラがみウッドハンマーでキッスを処理、裏をギャラドスはトリル稼ぎ要因になる可能性が高いです。

正直に言うとかなり不利なマッチングです。なので1回も読みを外せない厳しい対面です。そして相手のエースがバンギラスだと思ったので、ゴリランダーでダイマックスすることにしました。ゴリランダーに電磁波を入れると、最遅バンギラスと同速になるのでこれも視野に入れておきたいところです

僕がもし準決勝で勝っていても、厳しい試合になったのは間違いないと言えます。でも、勝てない相手ではないので上手く立ち回る事が大事です。

選出

基本選出、基本的なトリル

先発:オーロンゲウインディのアイコン
後発:ギャラドストゲキッスのアイコンウオノラゴンから2匹選出

超基本の立ち回りです。オーロンゲで壁をはり、威嚇、バークアウトで火力を下げ、熱風でこちらのダイマ技圏内に入れていきます。

相手に鬼火、欠伸持ちがいるときは積極的に神秘の守りを打ちたいですが、バークアウトの火力下げや熱風の方が重要なことがあるので優先順位をしっかりと見極めて技を選択します。

実はレンズトゲキッスがきつかったりします。ギャラドスのダイマで上手く捲るしかないです。隙があれば電磁波を入れたいです。

 

ギガイアス、ドサイドン、バンギラスがエースだと思われるトリルパギガイアスドサイドンの画像バンギラス

パターン1

先発:オーロンゲウインディのアイコン
後発:ゴリランダーギャラドス

パターン2

先発:ウオノラゴンゴリランダー
後発:オーロンゲギャラドス

微不利です。

おそらくこの3体がダイマしてくると思われるのでゴリランダーを上手く通します。

パターン1ならウインディで威嚇を回し、パターン2の場合はウオノラゴン、ゴリランダーでエラがみウッドハンマーを集中してトリル役、または指してきたポケモンを倒し、あとはゴリランダーで頑張ります。電磁波で最遅バンギラスと素早さが一緒なのを覚えておくと割と便利かもしれません。

聞きたいことがDMまでお願いします。

おわりに

自分は世界大会に行ってもいい結果が残せず、特に去年の世界大会では日本人選手が大躍進しているのを見て、とても悔しい思いをしました。

なので今年は絶対にいい結果をとろうと思っていたので、このような結果をとれて嬉しい反面、優勝まであと少しのところで負けてしまって、とても悔しいです。幸いにも来年もシニアでいられるようなので、来年こそは優勝したいと思います!

ここまで読んでくださりほんとにありがとうございました!

王者決定戦シニアカテゴリ3位

レンタルチームID: 0000 0003 J5RG FF

パーティ作成者

マリン

ツイッター

シニアのVGCプレイヤーです。2018年全国大会ベスト16、世界大会day1/2019年全国大会ベスト8、世界大会day2/2020年 日本一決定戦本戦2位、王者決定戦3位/TN:やむ /フレコ:2932-6274-0904/坂道グループが好きです。

ダブルカテゴリの最新記事