次回のてるチャレは4/17(土)に開催されます!シリーズ8の個人戦です!
ファイツさんの構築記事

【てるチャレ王者決定戦優勝】『ノーレイス・ノーザポス』泥馬トリルスイッチ

ファイツさんのパーティ

レンタルチームID: 0000 0007 6JRK L4

はじめに

前回マンムーゴリラ式スイッチトリパという構築記事を書かせてもらったファイツ(@faitu_wcs_poke)です。

前回の寄稿記事

さっそく先日行われたてるチャレ王者決定戦で優勝、シャロン杯で2回連続1位入賞した時の使用構築を紹介させていただきます!

構築経緯

まず12月に行われたてるチャレで優勝した時に使ったサンダーラオスポリザポトリルスイッチを元に現在の環境に合うように改良していこうと決めました。

サンダーウーラオスガオガエンモロバレルポリゴン2ブリザポス

そこでポリ2ガエンラオスは今でも間違いなく強いのでそのままにして、モロバレルがてるチャレで優勝した時よりもガエンの挑発やレヒレがまた増え始めて動かしづらくなったと感じたので使うのを辞めました。

そこでトラアタポリ2の更なる増加やフェアリー打点としてカプ・レヒレをパーティに加えることにしました。

カプ・レヒレ

そしてバレルと同じくブリザポスもここ最近で増えたのが原因でグロスやヒートムの増加が増してきていると感じていたので代わりのトリルアタッカーを探していたところ、過去に少し使っていた事もあり威嚇や猫が効かない、電気の一貫が切れる、ブリザポス同様ポリ2を隣に置くとポリ2を要塞化して詰めるルートが出来る、流行りのグロスやヒートムに撃ち合えるという条件を持ったバンバドロを思い出し久々に使うことにしました。

バンバドロ

ラスト1体は前より環境的に少なくなったと言ってもまだ十分使われているザポス軸やバナコーに強いヒートムを入れて構築が完成しました。

ヒートロトム

構成

ウーラオス

特性ふかしのこぶしウーラオス(いちげきのかた)
持ち物きあいのタスキ
性格ようき
実数値(努力値)175-182(252)-120-*-81(4)-163(252)
あんこくきょうだ/インファイト
ふいうち/まもる
調整
ASぶっぱ

環境が変わっても常にどこかしらに刺さっていて、構築全体としても単体としても入っていると活躍するのでほとんどの構築に採用しているくらいには使っています。

あと隣のダイジェットに乗せる以外は締めとして使う終盤の裏ラオスが本当に強いです。

ヒートロトム

特性ふゆうヒートロトム
持ち物オボンのみ
性格ひかえめ
実数値(努力値)155(236)-*-127-155(124)-127-125(148)
10まんボルト/オーバーヒート
わるだくみ/まもる
調整
C:11n
S:最速バンギラス、最速テッカグヤ+1

1番の採用理由は決勝戦での個人メタとして対戦相手のTakaさんが恐らくバナコーで来ると予想していたので急遽用意したポケモン。

しかし全体的に見るとこいつが居ないとザポスやカグヤが重いので1番ベストな役割を持っていると思っています。

型はシンプルな悪巧み型です。

ガオガエン

特性いかくガオガエンの画像
持ち物フィラのみ
性格わんぱく
実数値(努力値)201(244)-136(4)-125(28)-*-122(92)-98(140)
フレアドライブ/すてゼリフ
ちょうはつ/ねこだまし
調整
H : 奇数最大
B : A-1ランドのダイアースを確定耐え
ブリザボスのダイアースを確定耐え
D : 球フシギバナ、C197球レイスポスのダイアースを高乱数で耐え
S : 最速モロバレル、S無振りヒードラン抜き
最速レジエレキのエレキボール威力80調整

チキンレースにはなりますが王者決定戦の予選で唯一負けた試合がガエンミラーでSが同速だったのがかなり痛かったのでガエンミラーで確実に上を取れるようにかなり上げました。

なので最低限の耐久を確保しつつ素早さを上げた努力値配分になっています。

カプ·レヒレ

特性ミストメイカーカプ・レヒレ
持ち物たべのこし
性格ひかえめ
実数値(努力値)176(244)-*-136(4)-144(124)-152(12)-121(124)
だくりゅう/ムーンフォース
めいそう/まもる
調整
H:16n
S : S+1で化身ボルトロス、カミツルギ、ウツロイド抜き

ポリ2と同じくダイマポケモンのアースやスチールで要塞化させる為詰めポケモンとして使うことが多いです。

技構成は最近濁流より熱湯の方が増え始めて居ますが自分はムンフォは絶対に欲しい技だと思っています。そうなるともう1つは全体技が欲しいという考えになり、命中が不安ですがワンチャン命中ダウンを狙えることや当たって欲しい方に当たることを願っての濁流にしています。

配分はこの決勝で使った構築はSを上げる技が無いですが準決まではダイジェットなどに乗せることもあったのでS+1まで考えているのと、単純にここまでSを上げるとほとんどのレヒレの上を取れるのでラストレヒレ対面になった時にかなり有利になるのが理由です。

ポリゴン2

特性ダウンロードポリゴン2
持ち物しんかのきせき
性格おだやか
実数値(努力値)191(244)-*-127(132)-126(4)-143(116)-82(12)
トライアタック/かいでんぱ
じこさいせい/トリックルーム
調整
H:16n-1
D:11n
S:ミラー意識で12振り

配分はじーんさんのポリ2を参考にさせていただきました。ポリ2対面の時に相手のダウンロードでAが上がるようにDに厚く振っています。

技構成ですが正直かいでんぱの強さに気づいてからは攻撃技はトラアタだけで十分だと思っています。とにかく特殊アタッカーに対してかいでんぱを撃っておけば全て解決します。そして1対1に持ち込むことが出来ればTODでかなり有利になります。

特にお互いポリ2が入っている構築だとTOD試合になる確率が高いのでそういう意味ではHP管理が1番大事なポケモンだと思います。

バンバドロ

特性せいしんりょくバンバドロ
持ち物いのちのたま
性格いじっぱり
実数値(努力値)207(252)-185(188)-120-*-114(68)-55
10まんばりき/インファイト
いわなだれ/まもる
調整
HD : 晴れ下サンパワーC161リザードンの球ゴクエン(ブラストバーンベース)をダイマ状態で確定耐え

馬界で今1番熱いポケモン。

単純にザポスがきつくなったので違う馬にするかと思ったのが理由なのですが、とにかくガエンランドの威嚇サイクルに対して逆さバトルをしなくて良いのが1番の強みだと思っています。

というのもザポスの場合だとそもそも威嚇を回されるのもきついですしガエンランドのサイクルをどこかで読みに行ってサイクルを止めないといけないのですが、バンバドロの場合ガエンランド方向にダイロックを撃つだけでかなりダメージレース的に有利になることが多いです。

その他にも特性のおかげで猫騙しが効かないのでダイマしていなくてもガエンやロンゲに対して強気に動かしていけます。ファイヤーの燃え上がる怒りやカグヤのエアスラなども同じく怯まないので安心です。

持ち物についてですが準決の場合は他に球を持たせていたのでチョッキに、決勝はまず出さないと予想していたので準決のままという理由があり、それ以外では命の珠を持たせているのが1番強いので今回のレンタルでは命の珠にしています。

選出と立ち回り

基本選出①

先発:ポリゴン2ガオガエン
後発:バンバドロ+@1

トリルが通せそうな時や序盤にデバフを撒きまくりたい時はこの選出をします。

前回てるチャレで優勝した構築同様ガエンポリ2の初手からのトリルアタッカーは安心と安全の強さを持っているので困ったらこの投げ方をしましょう。

基本選出②

先発:ガオガエンカプ・レヒレ
後発:( ウーラオスヒートロトム ) or ( ポリゴン2バンバドロ )

催眠が来そうだったり上の選出じゃキツいと判断したらこの投げ方をします。

この場合は猫+瞑想、守る+捨て台詞からのアタッカーやトリル要因を繰り出すなど場合によって臨機応変に対応出来る初手となっています。

この構築できついポケモン

ウォッシュロトムウォッシュロトム

カミツルギをヒートムに変更したのでとても処理が大変になります。

ポリ2のかいでんぱやダイマしてない時にウーラオスで殴る以外はかなり打点がないので上手く快電波とウーラオスを通す立ち回りをしましょう。

水ウーラオスウーラオス

ガエン、ヒートム、パンバドロとかなり弱点を付かれてポリ2ラオスにもインファイトが刺さるのでレヒレを大事に使わないと厳しいです。

シャロン杯〜てるチャレ王者決定戦の間に一部変更してきたポケモンの紹介

ヒートム→霊獣ボルトロス

ヒートロトム霊獣ボルトロス

レジエレキのエレキネットでS操作をするような構築に対して両刀で空を飛ぶを入れることによって電気が効かないダイジェット要因として使えるのでとても強かったです。

実際てるチャレ王者決定戦の準決勝で活躍しています。

ヒートム→カミツルギ

ヒートロトムカミツルギ

元々IFK(ガエン、レヒレ、ツルギ)+ポリ2バドロをシャロン杯で使い始めたのが始まりです。

カミツルギはバンバドロが苦手なブリザポスや水ポケに対して有利が取れて、逆にカミツルギがきついヒートムやガエンに対してはバンバドロが有利を取れます。

このようにパーティバランスはかなり良かったのもあり、シャロン杯で2回連続1位入賞した時もカミツルギを使っている時でした。

ウーラオス→ドラパルト

ウーラオスドラパルト

地ならしレイス+弱保グロスが厄介だったのでドラパ+ツルギで上から地ならしをされる前に処理する作戦でてるチャレ王者決定戦の予選では使っていました。

さいごに

冠からのシリーズ7ルールでてるチャレ優勝からのてるチャレ王者決定戦で王者になる事が出来たり、シャロン杯で2回連続1位入賞などとても良い結果が近い期間で何回も出せて満足です。

そしてここまでの構築に至るまでに調整につきあってくれた人達、てるチャレ王者決定戦という素晴らしい大会を開いてくれた運営の皆様ありがとうございました!

ファイツさんのパーティ

レンタルチームID: 0000 0007 6JRK L4

パーティ作成者

ファイツ

ファイツさんのプロフィール

ツイッター はてなブログ

実績
usm:PJCS全国大会2018 TOP16 / PJCS全国大会2019出場 / 剣盾: PJNO2020 TOP32 / 日本一決定戦2020本戦出場 / s9 最終12位(2006) / てるチャレ王者決定戦優勝

Twitter:ファイツ(@faitu_wcs_poke)

ブログ:ファイツの草Zブログ

ファイツさんの構築記事
Twitterで最新情報をチェック!