2022年もポケモンダブルバトルのコンテンツを中心に情報発信していきます。今年もよろしくお願いします!
レオさんの構築記事

【PJCS2021決勝大会シニアベスト8】バナコーポリ2~状態異常を嫌いまくった男の末路~

レオさんのパーティ

レンタルチームID: 0000 0004 GWBF 8N

はじめに

こんにちは。今回初めて構築記事を寄稿させてもらいます、レオ(@reonald__)です。

僕は日本一決定戦予選から本格的にポケモン対戦を始めた新参者なので、普通ではありえないことを書いてるかもしれませんが多めに見てもらえると嬉しいです。一応このパーティーでPJCS2021シニア部門本戦3位、同ライブ大会予選リーグ3位、決勝トーナメントベスト8と結果はある程度残せた構築なので是非見て行ってください。

構築経緯

まずこの構築を見て一部の方は「またこの並びか」と思われると思います。そう、あのcobaltさんのパーティーを自分の使いやすいように改良した構築になっています。

僕も初めはcobaltさんのパーティーをそのまま使用していましたが、そこでの自分の使いにくかったところが何点かありました。

まず、霊獣ランドロスがとつげきチョッキなため守れないこと。確かにとんぼがえりがあるとパーティとして回しやすくなる事は確かですが、それより守れないほうが致命的かと考えました。

霊獣ランドロス

二つ目にレジエレキの強みが今ひとつよく分からなかったという事です。電気技しか打てないのが本当に自分に合わなかったです。

レジエレキ

そして三つ目、コータスのソーラービームを撃つ機会があまりなかった事。ソーラービームを撃ちたい相手と言ったらカプレヒレを筆頭とする水タイプとバンギラスなどの岩タイプ。ここは他でうまく見れるのではと思いました。

コータス

最後に状態異常がやばすぎることフシギバナに電磁波やらランドロスに鬼火やらダイマックスしたら凍るわで散々泣かせられました。これはこの構築関係無しですが。

と色々改善できそうな点が上がってきました。

そこでまず考えたのはレジエレキの枠。こいつの嫌だったところは電気技しか打てないという所なので電気タイプが嫌という訳ではありませんでした。

そこでまず頭に浮かんだのが原種サンダー。これなら技範囲も確保できると思ったのですが、よく考えたら炎技も飛行技もコータスとランドロスでカバー出来るし、晴れパなのに暴風採用するのは少しナンセンスかと思ってしまい断念。

ここで状態異常防止用に急浮上したカプ・レヒレならうまくハマるんじゃないかと。そうしたらコータスのソーラービームを撃ちたい岩タイプの対策まで出来るじゃないか。という流れでカプ・レヒレの採用が決定しました。

レジエレキ -> カプ・レヒレ

そうすると問題は霊獣ランドロスの状態異常対策。ここでとつげきチョッキの代わりにラムのみを持たせればまもるを入れる枠もできる。

となりまして構築が大体見えてきたのですが、最後にコータスのソーラービームの枠をあくびか大地の力かボディプレスにするかの3択に悩まされます。ここで僕のポケモン対戦人生を一から作ってくれたマスターさんに質問してみたところ、「トリルのない時にも仕事できるようにあくびの方がいいのでは」とのアドバイスをいただき、確かにそうだなと納得もしたため、あくびにしました。カプ・レヒレとの相性が一見悪そうに見えますが、これが意外と最後の詰めに刺さったりする場面も多く、とても使用感はよかったです。

ただこのパーティだと結構消極的で火力を出しにくいかもと思ったので一瞬ランドロスに命の珠を持たせるか悩んだのですが、使ってて困ったこともないし、なんならひんしまでにかかるターン数が短くなってしまうので、場持ちが悪いという理由でラムのみに落ち着きました。

そして最後にカプ・レヒレの型を決めなければいけないのですが、めいそう型か冷凍ビームなどを入れて技範囲を増やすかでかなり迷ったのですが、やはり火力がイマイチになるのでめいそう型に落ち着きました。各個体はこれから解説します。

フシギバナポリゴン2コータス霊獣ランドロスカプ・レヒレウーラオス

個別解説

フシギバナ

特性ようりょくそキョダイマックスフシギバナ
持ち物バコウのみ
性格ひかえめ
実数値(努力値)178(180)-*-103-167(252)-120-110(76)
ハードプラント/ヘドロばくだん
だいちのちから/まもる

調整忘れましたごめんなさい。本当にすみません。でも使っててなんも困りませんでした。

ポリゴン2

特性トレースポリゴン2
持ち物しんかのきせき
性格ずぶとい
実数値(努力値)191(244)-*-121-130(36)-144(230)-65
トライアタック/じこさいせい
トリックルーム/サイドチェンジ
調整
H:16n-1
C:11n
HD:C152こだわりメガネ持ちレジエレキのてだすけエレキボール確定耐え

cobaltさんの個体をまるまるパクってます。
ただ、物理耐久の低さが気になったので特性だけダウンロードからトレースに変えました。

コータス

特性ひでりコータス
持ち物もくたん
性格れいせい
実数値(努力値)177(252)-*-161(4)-150(252)-90-22 ※S個体値0
ふんか/ねっぷう
あくび/まもる

HCぶっぱの普通のコータスです。

 

霊獣ランドロス

特性いかく霊獣ランドロス
持ち物ラムのみ
性格いじっぱり
実数値(努力値)165(4)-216(252)-110-*-110-143(252)
じしん/いわなだれ
そらをとぶ/まもる

普通のASぶっぱのランドロスです。

 

カプ・レヒレ

特性ミストメイカーカプ・レヒレ
持ち物たべのこし
性格ひかえめ
実数値(努力値)177(252)-*-136(4)-161(252)-150-105
だくりゅう/ムーンフォース
めいそう/まもる

普通のHCぶっぱの瞑想レヒレです。

 

ウーラオス(いちげきのかた)

特性ふかしのこぶしウーラオス(いちげきのかた)
持ち物きあいのタスキ
性格ようき
実数値(努力値)175-182(252)-121(4)-*-80-163(252)
あんこくきょうだ/インファイト
ふいうち/まもる

普通のASぶっぱの(以下略)

 

選出と立ち回り

基本選出

先発:ポリゴン2フシギバナ
後発:コータス@1

基本選出はポリゴン2+フシギバナで裏にコータスと残りで刺さっているポケモンが一番安定します。これは言わずもがな強いです。

そしてこれからある程度メジャーな構築への選出を書きますが、これらで共通する事は「ポリゴン2を死なせない」ということと「ダイマックスを臨機応変に切る」ということです。ここを意識するだけでこの構築はうまくいきます。

対晴れリザリザードン

先発:ポリゴン2霊獣ランドロス
後発:@2

ポリゴン2+ランドロスと裏は刺さっていそうなポケモンを置きます。(フシギバナとコータスを置くことが多かったが、相手によって臨機応変に変える。)

この場合相手はリザを引くかリザダイマの主に2パターンなのでこちらはランドロスを初手ダイマックスしてダイロックをリザードンに打ち、ポリゴン2でサイドチェンジをしていましたが、上位になればなるほど読まれるので読まれたら相手が上手いと諦めましょう。

対オーロンゲ構築オーロンゲ

先発:ポリゴン2カプ・レヒレ
後発:@2

ポリゴン2+カプ・レヒレ裏に刺さっている2体(フシギバナコータスかランドロスコータスが多かった。)オーロンゲ構築はオーロンゲを倒さないとめんどくさいことになるのでオーロンゲを狙います。

オーロンゲの取るであろう行動は猫だましかポリゴン2に挑発か壁かうそなきなど沢山あります。しかしここではサイドチェンジとムーンフォースをオーロンゲに打つことで基本的な行動に対応できるためおすすめです。

対ガラルファイヤー構築ガラルファイヤー

先発:ポリゴン2カプ・レヒレ
後発:@2

ポリゴン2+カプ・レヒレ裏に刺さっている2体(フシギバナコータスやランドロスウーラオス、ランドロスコータスなどを多く選出した印象。)ガラルファイアーは悪巧みを積んでくる方々と初手にダイマックスを切ってくる方々の二極化していると思っています。

しかし、このどちらでもトリックルームとめいそうでカバー出来、瞑想を積んだレヒレでダイマックスを切って押し切りましょう。

対バナコーポリ2フシギバナコータスポリゴン2

先発:ポリゴン2コータス
後発:フシギバナ@1

ポリゴン2+コータス裏にフシギバナと刺さっているポケモン(ランドロスかレジエレキのいない構築ならカプ・レヒレが安定)初手で晴らすと相手はうきうきになってフシギバナを動かしてきます。

そこにコータスでダイマックスを合わせてダイバーンをねじ込むというヤンキープレイをしています。これは先に言います。真似しないでください。対策の思いつかない人間の末路です。これやり始めたらバナコーを使わない方が良いでしょう。

対メタグロス構築メタグロス

先発:ポリゴン2ウーラオス
後発:コータス@1

ポリゴン2+ウーラオス裏にコータスと刺さっているポケモン。メタグロスには基本的にウーラオスで満遍なく削ってトリックルーム展開からの噴火で一掃というプランが取りやすいかと思います。

ただ、これもメタグロスと何で組んでいるかにもよるのできちんと状況把握が必要です。

対トノグドラニョロトノキングドラ

先発:ポリゴン2カプ・レヒレ
後発:フシギバナコータス

ポリゴン2+カプ・レヒレ裏にフシギバナコータス。基本の雨はこれでなんとかなる気がします。困ったらサイドチェンジをしましょう。

レヒレでめいそうを積んでおくとほろびのうたを打たれるのでそこだけはケアをしましょう。

対ブリザポス軸ブリザポス

先発:ポリゴン2ウーラオス
後発:コータス霊獣ランドロス

ポリゴン2+ウーラオス裏にコータスランドロス。とにかくポリゴン2を生かしていればなんとかなります。

最終的にはコータスの噴火で倒すのが理想です。

対イエブリイエッサンの画像ブリムオン

先発:ポリゴン2ウーラオス
後発:霊獣ランドロスコータス

ポリゴン2+ウーラオス裏にランドロスコータス。基本的にこれでなんとかなる場合が多いですが、ランドロスが刺さっていない場合はカプレヒレ採用も視野に入れます。

とにかくウーラオスは削りを入れて裏で全抜きが理想です。

さいごに

ここまでポケモン対戦新参者の僕が書いた記事を読んでいただきありがとうございます。全然まともじゃ無いこともいっぱい書きましたが、少しでも役に立てると幸いです。

そしてこのパーティをいっしょに作ってくれたマスターさん、PJCSを開催していただいた株式会社ポケモン様に対しての感謝の言葉をもってこの記事を終わりにしたいと思います。ありがとうございました。そして本当に読んでいただいた方々もありがとうございました。

また記事を書いたときは読んでいただけるとありがたいです。

レオさんのパーティ

レンタルチームID: 0000 0004 GWBF 8N

パーティ作成者

レオ

レオさんのプロフィール

ツイッター

日本一決定戦本戦シニア7位
PJCS2021本戦シニア3位
同ライブ大会決勝トーナメントシニアベスト8
WCS2022DAY2マスター権利獲得

レオさんの構築記事
Twitterで最新情報をチェック!