オニクモさんの構築記事

オニクモさんのパーティ

チームID:V10SNQ

はじめに

はじめまして、オニクモ(@araquanid_mpk)と申します。先日のランクバトルで17位(レート2041)を達成したので構築記事を書かせていただきました。最後まで読んでいただけると嬉しいです。

構築の経緯

レギュレーションGのルールは禁止伝説1体のルール、禁止伝説のパワーがそのまま構築のパワーにつながる。そこで一番強いと考えた黒馬バドレックスを使用することに決めました。

黒馬バドレックス

しかし、黒馬を使う上で以下のポケモンを対策する必要があると感じました。

①スカーフ水ウーラオス
②黒馬ミラー
③ガオガエンをはじめとした悪タイプ
④タケルライコなどのバークアウト勢
⑤白馬バドレックスをはじめとするトリックルーム
⑥テラパゴス

これらのポケモンに抗うためにまずは黒馬の型をHBフェアリーテラスわるだくみにしました。これによってあらゆる相手の攻撃を一発耐えることができます。黒馬をサポートする方針で残りの5体を決めていきます。

2体目:黒馬の耐久をサポートするポケモンがいいと考えてオーロンゲを採用。黒馬にタイプ上有利であり、両壁で味方の耐久をサポートできます。

オーロンゲ

ここまでで壁+黒馬で④のバークアウトは逆に起点にできます。⑤の白馬に対してもオーロンゲにミストフィールドを採用することでモロバレルをシャットアウトしながら積みあって、トリル下であっても殴り合いで勝つことができました。

しかし、環境が進むにつれて白馬にペリッパー+水ウーラを入れる形が増えてきて初手でオーロンゲ+黒馬で出したとき水テラすいりゅうれんだで壁を無視して黒馬をワンパンする動きをされるようになりました。

3体目:そこで3体目としてタケルライコを採用し、水ウーラオスを見たら出せるようにしました。また、カイオーガやイーユイ、ミライドンといった黒馬をワンパンしてくるポケモンに対して初手に置く枠として優秀でした。

タケルライコ

4体目:⑥のテラパゴスに対しては黒馬で戦うと、わるだくみドレインキッスではテラパゴスを全く削れないので黒馬で戦うことはあきらめ、壁と相性のいい別の積みポケモンとしてコノヨザルを採用。

コノヨザル

残りのポケモンに求める役割は黒馬のHPを回復できること、このゆびとまれやいかりのこなで黒馬を水ウーラオスをはじめとするポケモンから守れることでした。

これに該当するポケモンとして当初はヤバソチャを使用していました。ヤバソチャは特性のおもてなし、いのちのしずくによる味方のHPの回復と、いかりのこなで味方を守ることを両立できます。また、トリックルームによって素早さを落としている自分の黒馬を相手の禁止伝説の上から行動させることができました。しかし、草ゴーストというタイプはねこだましを防げ、水ウーラに耐性を持つ一方、両バドレックスに不利をとることがネックでした。

そこで友人のyさんから提案されたピッピを採用しました。ピッピはこのゆびとまれで味方の耐久をサポートでき、命の雫や癒しの波動で味方の回復もできます。さらにはフレンドガードで味方の耐久のさらなる底上げ、お先にどうぞでトリル下で味方を先制で動かすことも可能です。

ピッピ

最後にいかく、ねこだましでサイクルのサポートをするガオガエンを採用して構築が完成しました。

ガオガエン

黒馬バドレックスオーロンゲタケルライココノヨザルピッピガオガエン

個別紹介

バドレックス(こくばじょう)

特性じんばいったい黒馬バドレックス
持ち物たべのこし
テラスタイプフェアリー
性格ずぶとい
実数値(努力値)H207(252)-A×-B143(236)-C185-D120-S173(20)
アストラルビット/まもる
ドレインキッス/わるだくみ
調整
HB:いじっぱり水ウーラオスの雨水テラスすいりゅうれんだが乱数24%
白馬バドレックスのブリザードランスが36.7%~43.9%
HD:壁フレンドガード込みミライドンのテラス眼鏡イナズマドライブ確定耐え
テラス時、壁フレンドガード込み黒馬バドレックスの+2アストラルビットをたべのこし込みで2耐え

あまりにも硬いバドレックス。シーズンの初めにHBぶっぱで使い始めたが、硬いバドレックスがわるだくみを複数回積めてあまりにも強かったです。テラスタルやドレインキッス、たべのこしと合わせて体力管理しつつ積んでいけました。

唯一壁を無視してくる水ウーラオスはきつかったが、後述するタケルライコをウーラオスを見たら選出することで対応しました。
火力と素早さにはほとんど降っていませんが、下から動くのが分かっていてs関係が分かりやすく、わるだくみを積めば十分な火力が出ました。

オーロンゲ

特性いたずらごころオーロンゲ
持ち物ひかりのねんど
テラスタイプゴースト
性格しんちょう
実数値(努力値)H202(252)-A140-B108(180)-C×-D115(76)-S80
ミストフィールド/ひかりのかべ
リフレクター/すてゼリフ
調整
HB:災いの剣込みカイリューのノマテラ鉢巻しんそく耐え
HD:ハバタクカミのおくびょう眼鏡ムーンフォースを壁込みで乱数一つ切って耐え

黒馬をサポートするポケモン。ひかりのかべ、リフレクターで黒馬がいろいろな技を耐えるようにしました。また、モロバレルにキノコのほうしをされると黒馬が満足に積んでいけないのでミストフィールドを採用しました。

また、技構成は変化技オンリーであったが、CTSのランクバトルにおいては問題なかったように思います。両壁を貼った後は雑に扱って自分の裏のポケモンに負荷をかけないことを意識しました。

タケルライコ

特性こだいかっせいタケルライコ
持ち物とつげきチョッキ
テラスタイプフェアリー
性格ひかえめ
実数値(努力値)H225(196)-A×-B128(132)-C188(108)-D118(68)-S96(4)
じんらい/りゅうせいぐん
ボルトチェンジ/バークアウト
調整
H:16n+1(グラスフィールド・たべのこしの回復効率◎)
※GFやたべのこしの回復を考慮する場合、調整2より総合耐久指数が高くなる
HB:A特化パオジアンのつららおとしを確定耐え
A252炎ポンのじだんだを2発確定耐え
C:11n+1(性格補正・めいそう効率◎)
H252化身トルネロスを10まんボルトで確1
環境の多くの水ウーラオス(H84.D4まで)をじんらいで確1
HD:残り、2n(めいそう効率◎)

しゃち様の調整をお借りしました。

タケルライコ-【ポケモンsv】ダブル育成論 – しゃちpokeサイト

黒馬をサポートするポケモン②。黒馬が積んでいけない水ウーラオスやイーユイ+ハバタクカミの並び、ミライドン、コライドンなど様々な構築に対して初手においていました。

ボルトチェンジはバークアウトで特攻を下げた相手に対して後攻から交換することで黒馬で積んでいける状況を作れる他、タケルライコと対面した水ウーラオスが素引きしてきたときに相手のポケモンを見てから裏のポケモンを繰り出せます。

ミライドンに対しては壁を貼れていたとしても眼鏡りゅうせいぐんを打たれた場合は倒されますが、その場合は黒馬がわるだくみの起点にすることができました。

コノヨザル

特性まけんきコノヨザル
持ち物ぼうじんゴーグル
テラスタイプほのお
性格いじっぱり
実数値(努力値)H217(252)-A165(116)-B101(4)-C×-D118(60)-S120(76)
ふんどのこぶし/ドレインパンチ
ビルドアップ/まもる
調整
HD:テラパゴスのシングルダメ+2テラクラスター耐え
S:ゴリランダーやめいそう型テラパゴス、サーフゴー辺りを抜きたいので気持ち高めに
A:できるだけ高く

黒馬では絶対に勝てないテラパゴスに選出する枠。どの型のテラパゴスにも基本的に有利に立ち回れました。他にも原種ガチグマやコライドン、レックウザといったビルドアップが刺さりそうなポケモンに選出しました。

ぼうじんゴーグルはオーロンゲがミストフィールドを持っているのに過剰であるように見えます。しかし、テラパゴスとよく一緒に入っているモロバレルに怒りの粉を打たれているだけでテラパゴスを倒せなくなったり、ゼロフォーミングされながら胞子を打たれると眠ってしまうので必要であったように思います。(ミストフィールドが貼られているときにコノヨザルにきのこの胞子を打たれても防塵ゴーグルがばれるのはちょっと残念な点でした)

ピッピ

特性フレンドガードピッピ
持ち物しんかのきせき
テラスタイプくさ
性格のんき
実数値(努力値)H177(252)-A×(116)-B100(180)-C×-D95(76)-S49
このゆびとまれ/おさきにどうぞ
まもる/いのちのしずく
調整
HB:できるだけ高く
HD:壁込みテラスなしひかえめ眼鏡イナズマドライブ確定耐え
壁込み+2アストラルビット耐え

黒馬やコノヨザルをこのゆびとまれいのちのしずくでサポートしていきます。耐久を上げるだけでなく、黒馬やコノヨザルに飛んでくるエルフーンのアンコールをこのゆびとまれで吸えるのも強力でした。

ピッピはオーロンゲの壁と合わせると自身も硬くなるのでいのちのしずくを採用して自分も回復できるようにしていました。黒馬で目の前のポケモンを倒しながらいのちのしずくをうつ動きが強力です。

ガオガエン

特性いかくガオガエン
持ち物オボンのみ
テラスタイプフェアリー
性格のんき
実数値(努力値)H201(244)-A135-B147(188)-C×-D120(76)-S72
フレアドライブ/はたきおとす
ねこだまし/すてゼリフ
特性
HB:水ウーラオスのしんぴのしずくすいりゅうれんだをオボンのみ込みでほぼほぼ耐え

最後に入ってきた枠。一番選出率は低かったがタケルライコが刺さらない相手に対して積極的に出していった。

環境の物理ポケモンの多くがクリアチャームを持っていて、タイプ的に有利な黒馬もテラスタルされて不利をとるので選出しづらかったが、出した試合は活躍しました。

選出と立ち回り

①基本選出

先発:オーロンゲタケルライコ
後発:黒馬バドレックスピッピ

オーロンゲ+タケルライコで起点を作って裏の黒馬で積んでいきます。

相手の構築にウーラオスがいなかったら黒馬が初手から積んでいくこともありました。

②対テラパゴス

先発:オーロンゲタケルライコ
後発:ピッピコノヨザル

オーロンゲ+タケルライコで起点を作るのは同様。

コノヨザルでビルドアップを積みながらテラパゴスを倒しに行きます。

重いポケモン

パオジアン+カイリュー、ねこだまし+ミライドン

パオジアンカイリュー ミライドン

どちらもオーロンゲに壁を貼らせずに倒してくる動きがつらかったです。

おんみつマント黒馬バドレックス、おんみつマントカイオーガ

黒馬バドレックスカイオーガ

おんみつマントでバークアウトを防がれて積まれるのがきつかったです。

最後に

自身として初のレート2000、リバティノート圏内に乗れてとてもうれしかったです。今後はさらに上を目指して頑張っていけるよう精進したいです。

一緒に構築を考えてくれた高校時代からの友人のyさん、応援してくれたMPKのヌケ、ヴィオラ、ここまで読んでくれた皆様、本当にありがとうございました。

オニクモさんのパーティ

チームID:V10SNQ

パーティ作成者

オニクモ

オニクモさんのプロフィール

ツイッター

mpk代表 ダブル勢 アイコン @mimpk13 サブ @tarenbulle752 最高レート2041(s18)17位

オニクモさんの構築記事
Twitterで最新情報をチェック!

構築記事最新記事