【S2ダブル最終17位】バンドリドラパキッス

レンタルチームID:0000 0008 KLC6 VC

 

今回は2018年に世界大会でTOP16に入るなど、世界大会常連のアメリカ人プレイヤーであるPaul Chua選手に記事を寄稿していただきました!

はじめに

こんにちは、Paul Chua(@Paul_Chua_)です。私はアメリカのVGCプレイヤーです。

今回はシーズン2ダブルで最終17位を取ったパーティについて解説します!

構築経緯

ランクマッチ シーズン1ダブルの上位の結果から、ドラパルト+トゲキッス+ドリュウズドラパルトトゲキッスのアイコンドリュウズがトッププレイヤーに人気だということがわかりました。そのため、私はその並びに対して有利なパーティを組むため、はじめはトリックルームを使用したパーティを組もうと考えました。

そのときは次の6体を使用していました。

ドラパルトトゲキッスのアイコンドリュウズバンギラスの画像サマヨールの画像カットロトム

しかしこのパーティのサマヨールがサポートに寄りすぎているポケモンであるため、相手を削ることができない点が欠点でした。

サマヨールの画像ウオノラゴン

そのためサマヨールをウオノラゴンに変更。これにより多くのダメージを相手に与えられるようにしましたが、ウオノラゴンを採用した場合アイアントやドリュウズが厳しいことが気になりました。

ウオノラゴンギャラドス

そこで、ウオノラゴンをアイアントやドリュウズに強いギャラドスに変更しました。

ギャラドスは特性のいかくだけではなく、たきのぼりとパワーウィップによる優れた攻撃範囲を持っている点も強力です。

 

このような経緯で、最終的に次の6体になりました。

バンギラスの画像ドリュウズドラパルトトゲキッスのアイコンカットロトムギャラドス

この6体はシーズン1で最終1位を獲得したもちはさん(@mochinohappa)の構築と同じ並びです。

また、配分ももちはさんのものをいくつか使用させていただきました。

構成

バンギラス

特性 すなおこし
持ち物 じゃくてんほけん
性格 いじっぱり
実数値(努力値) 205(236)-204(252)-130-*-120-84(20)
いわなだれ/かみくだく

ばかぢから/まもる

もちはさんがシーズン1で使っていたのと同じ構成です。もともとはラムのみを持たせていましたが、こうかばつぐんの技にも動じない耐久を活かすために、じゃくてんほけんを持たせました。少しだけ素早さに振っていますが、これによって無振りもしくは4振りが目立つバンギラスミラーで優位に立つことが出来ます。

ドリュウズ

特性 すなかき
持ち物 いのちのたま
性格 ようき
実数値(努力値) 185-187(252)-80-*-86(4)-154(252)
じしん/アイアンヘッド

いわなだれ/まもる

私はドリュウズに対してダイマックスの有無を問わず、素早さと打点を発揮してアドバンテージを獲得してほしいと考えているため一般的なASに振り切っています。

地面技には全体技の「じしん」を選択しました。このパーティではバンギラスの「じゃくてんほけん」のトリガーとして使えるほかトゲキッス・ギャラドス・ロトムと地面耐性を持つ相方が多いため、「10まんばりき」よりもこちらを優先しています。相手のトゲキッスと組んだドリュウズを攻撃できるのも重要なポイントです。

「まもる」の枠には当初「つるぎのまい」を採用していましたが、守りたくても守れない場面が散見され他ので変更しました。また「まもる」を採用することは「おいかぜ」「トリックルーム」といった素早さ操作への時間稼ぎとしても有効です。

「いのちのたま」を持たせたのはダイマックス状態、きあいのタスキ持ち以外の相手のドリュウズを一撃で倒すためです。
また私は「つるぎのまい」を搭載しないようきドリュウズは弱いと考えているので、火力不足を補う意味でもこのアイテムは必須でした。

ドラパルト

ドラパルト

特性 クリアボディ
持ち物 こだわりメガネ
性格 おくびょう
実数値(努力値) 163-*-95-152(252)-96(4)-213(252)
りゅうせいぐん/シャドーボール

かえんほうしゃ/10まんボルト

特に何の変哲もないメガネドラパルトだと思います。タイプ一致技の2つは当然として、「かえんほうしゃ」はやや増えつつあるアイアントへの打点として必須です。10まんボルトは同様に増えてきているミロカロスやカシブのみ(ゴースト半減)ブルンゲルに対して有効な技となっています。

トゲキッス

トゲキッス

特性 きょううん
持ち物 するどいツメ
性格 おくびょう
実数値(努力値) 174(108)-*-115-159(148)-135-145(252)
エアスラッシュ/マジカルシャイン

ねっぷう/このゆびとまれ

「するどいツメ」はあまりトゲキッスが持っていることを想像されないアイテムです。効果は「ピントレンズ」と同じなのですが、知名度の低さによって相手が効果を誤認してくれることもあるのではないか、と考えてこちらを選びました。

攻撃技はごく普通ですが、最後に「このゆびとまれ」を採用したのはドリュウズを少しでも長くフィールドに残し、ダメージを稼いでもらうことが目的です。

炎技にはいくつか候補がありますが、ドリュウズの「じしん」同様に「このゆびとまれ」を無視できる点、特性の発動率を上げられる点から「ねっぷう」を選択しています。

素早さはダイジェット後にドラパルトを抜いてもらうために最速としました。
耐久無振りだと非ダイマックス時に187ドリュウズの「アイアンヘッド」で倒されてしまうのが心もとないため、高確率で耐えられるところまでHPに振って残りは火力に配分しました。

ギャラドス

特性 いかく
持ち物 オボンのみ
性格 わんぱく
実数値(努力値) 201(244)-145-143(244)-*-120-104(20)
たきのぼり/パワーウィップ

ちょうはつ/まもる

こちらももちはさんが使っていた型を参考にしました。唯一手を加えたのはアイテムで、発動機会の多さを考えてフィラのみからオボンのみに変更しています。
このギャラドスには様々な物理攻撃を乗り越えて「いかく」を撒いてくれることを期待しているので、その殆どを物理耐久に割いています。
技構成は構築経緯でも述べたようにパーティの範囲を上手く補ってくれる「たきのぼり」と「パワーウィップ」、後述する対トリックルームで必要な「ちょうはつ」、大事に扱うための「まもる」の4つに落ち着きました。

※ダイマックスアメを全く使っていないので、私のレンタルパーティを使う場合は注意してください。
(そもそもこのポケモンはサポート枠として採用しており、ダイマックスする必要性は薄いですが)

カットロトム

特性 ふゆう
持ち物 ウイのみ
性格 ずぶとい
実数値(努力値) 157(252)-*-154(100)-145(156)-127-106
リーフストーム/10まんボルト

てだすけ/まもる

バンギラス、ギャラドスに続いてもちはさんの構成を拝借しつつ、アレンジを加えました。
一つ目の変更点は彼が素早さに振っていた分を火力に回したことです。「おにび」を使わない以上無理に相手の上を取る必要はないと考えました。

「てだすけ」はバンギラスをはじめとしたアタッカー達の打点を底上げし、確定数を変えることを狙って採用しました。例えば、「ダイアーク」と合わせてダイマックスドラパルトやサマヨールを倒したい場面で役立ちます。

そして最後の枠には安定した立ち回りを取るため、「サイドチェンジ」ではなく「まもる」を採用しました。
採用せずとも相手が「サイドチェンジ」を勝手に警戒してターンを無駄にしてくれることもあります。

選出・立ち回り

基本選出

先発: ドリュウズorドラパルト+トゲキッスのアイコン

後発: ギャラドス+カットロトムorバンギラスの画像

トゲキッスはきょううん+するどいツメのおかげで多くのダメージを稼ぐことができるため、先発にいつも出していました。隣にはトゲキッスと横の相性が良いドリュウズまたはドラパルトを出すことが多いです。

ギャラドスは威嚇でのサポートのために裏に控えさせておくと良いです。カットロトムはこれらのポケモンで苦しくなりがちなウォッシュロトムなどと戦うのに役立ちます。相手のパーティが遅めのポケモンで固まっている場合は、不意にトリックルームを決められてしまった場合に備えてバンギラスを選出するのが良いでしょう。

対トゲキッス+ドリュウズ+ドラパルトトゲキッスのアイコンドリュウズドラパルト

先発: ドリュウズ+トゲキッスのアイコン

後発: ギャラドス+カットロトムorドラパルト

このようなタイプの構築に対してはこの選出をします。トゲキッス+ドリュウズの先発は、想定される全てのトゲキッス絡みの選出を対処できます

こちらのポケモンが動きやすくなるように、トゲキッスドリュウズドラパルトの3体のうち1体を倒すことを目指します。例えば、相手のドリュウズを倒すことができればこちらのトゲキッスをダイマックスさせて通しやすくなります。

相手のドリュウズが剣の舞から入ってきた場合にはギャラドスの威嚇が有効に働きます。

最後のポケモンはドラパルトかカットロトムを相手に合わせて出しますが、相手にウォッシュロトム等がいた場合はカットロトムを、そうでない場合はこだわりメガネによる後発からのスイープ性能が優秀なドラパルトを出していました。

対トリックルーム構築(1)

先発: ギャラドス+トゲキッスのアイコンorバンギラスの画像

後発: バンギラスの画像orトゲキッスのアイコン+カットロトムorドラパルト

相手に猫騙しやこの指止まれ持ちがいた場合の選出です。相手のトリックルーム要因を怯ませることをまずは試みます。(挑発を防がれてしまう場合、トリックルームを防ぐ術がありません)

トリックルームを決められてしまっても即負けというわけではなく、ダイマックスターンを有効に活用してトリックルームを凌ぎきることを目指します。

対トリックルーム構築(2)

先発: バンギラスの画像+カットロトム

後発: ギャラドス+トゲキッスのアイコンorドラパルト

相手の猫騙し要因がゴチルゼルでこの指止まれ持ちがいない場合、この選出をしててだすけ+ダイアークでトリックルーム要因(ほとんどサマヨール)を倒します。

この動きが決まれば、その後は上から攻撃するだけで勝てます。

対エルフーン系統エルフーンジュラルドンローブシンの画像

先発: トゲキッスのアイコン+ドリュウズ

後発: ギャラドス+バンギラスの画像

エルフーン+ジュラルドンの場合、トゲキッスをバンギラスに交代しながらダイアースを使うことでバンギラスはジュラルドンのダイスチルを耐えることができ、おいかぜをされた後もドリュウズがジュラルドンの上を取ることができます。

エルフーン+リザードンの場合、リザードンのキョダイマックスワザをこの指止まれで吸いながらドリュウズでリザードンを倒します。

相手の後発にいることが多いローブシンに威嚇を入れるためにギャラドスを裏に控えさせておきます。

おわりに

このパーティはバンギラス+ドリュウズ+トゲキッス+ドラパルトというシーズン1~現在まで最も流行しているパーティタイプであり、このパーティの強みを理解することがこれからのダブルバトルを勝ち抜くのに必須とも言えそうです。

レンタルパーティも公開しているのでぜひ使ってみてください!

レンタルチームID:0000 0008 KLC6 VC

パーティ作成者

Paul Chua

ツイッター

I like anime and Pokemon

2018年世界大会TOP16

Regional優勝 5回

ダブルカテゴリの最新記事