【日本一決定戦本戦】オールレンジドラテラレントラー【最終1553】

【日本一決定戦本戦】オールレンジドラテラレントラー【最終1553】

レンタルチームID: 0000 0007 T3VX 2V

はじめに

2回目の投稿になりますKOOTA(@koota488)です。

今回は日本一決定戦で最終レート1553 32位でJCS2021出場権を得られた構築を紹介します。

今ではやや珍しいオールレンジダイマックスの構築となっていますのでぜひ見ていってください。

構築経緯

まず、鎧の孤島解禁から他と比べてパワーが一つ抜けてると考えていたテラキオンを使用することから構築がスタート。

最初はエルフーン+テラキオンのふくろだたきコンボを考えていましたがテラキオンは弱点が多く、ダイマックスを活かせるタイミングは非常に限られるということに気づきました。
そこでふくろだたきは諦めてテラキオンをタスキで運用し、ふくろだたき偽装を行うことに決めました。

ふくろだたきギミックがなくなった以上別の要素で打点を出す必要がありましたが、テラキオンがいわなだれで削りを入れられることもあり範囲技+おいかぜの戦術をメインにしました。

範囲技で火力を出すポケモンには前回愛用していたニンフィアをはじめそこそこ数はいますが今回アシレーヌを採用することにしました。

理由としてはフェアリー技を使うというニンフィアの役割を持ちつつ、ドリュウズ等の地面タイプやガオガエン等の火力を削いでくるポケモンに対してハイパーボイス一撃で倒しにいける点、また水タイプを持っているためキングドラ等の水タイプ相手に余裕を持って勝負しにいける点を評価したためです。

ただしこの二匹ではゴリランダーのグラススライダーでほとんど倒されてしまうという大きな弱点を抱えています。
また、エルフーンの役割がふくろだたきを失うと先制おいかぜくらいしかないのもあり、エルフーンをファイアローに変更することで先制おいかぜの役割を維持しつつゴリランダーを睨むことが出来るようになりました。

ただゴリランダーの対抗策がファイアローだけだと不安なのでアシレーヌとタイプ相性のいいガオガエンも合わせて採用しました。対トリックルーム等先制できない状況を作られるとかなり脆くなってしまうのもあり時間を稼げるポケモンが一体は欲しかったのもあります。それでもだいぶ脆いですが。

ガオガエン

次にエルフーン→ファイアローに変わったことによりふくろだたき偽装が出来なくなったこと、局所的に強いポケモンはいるものの状況を選ぶことが少なくダイマックスを切って強力なポケモンがいないということでダイマックスを切って単純に強いドラパルトを採用。ふくろだたきこそないもののダイホロウとテラキオンは相性が抜群な上、追い風後にダイジェットで再び圧をかけ続けられる体勢も作ることができ、非常に強力でした。

ドラパルト

最後には水タイプに強いゴリランダーを最初採用していたのですが、トゲキッスにダイマックスを切られる等飛行タイプのダイジェットが非常に辛く、ゴリランダーの採用を見直しました。この時点でドラパテラキ+アシレガエンゴリラが強いということも認知されはじめ、トゲキッスにダイマックスを切るプレイヤーも増えると考えしっかりと対策をすることとしました。

紆余曲折あったのですが最終的に「単電気タイプでダイバーンに焼かれない」「アシレーヌの上を取って倒せ、キングドラに一撃で倒されたりしない」「ダイナックルによりほとんど物理で組まれたこの構築の味方の火力を上げられる」ところを評価し、レントラーを採用しました。

はじめは威嚇で採用していたのですがガオガエンのように耐性が強力なわけではなく、威嚇が発動するのが死に出し時の一度のみということが多かったので自身で火力を出せる根性型にしました。

構成

テラキオン

特性 せいぎのこころ
持ち物 きあいのタスキ
性格 ようき
実数値(努力値) 166-*-181(252)-110-*-111(4)-176(252)
いわなだれ/インファイト
でんこうせっか/まもる
調整
ミラーを考えて最速AS振り
D: 申し訳程度のダウンロード対策

後発先発どちらでも使えるタスキテラキです。

調整も特筆すべきところは無いですがやや珍しい要素としてでんこうせっかを採用。
これはとにかく上から相手を叩き続ける構築であるためちょっとした相手の削り残しが非常に痛手になります。
それをケアすることができるでんこうせっかは優先するだけの価値があると考え、てだすけ等を差し置いて採用することにしました。

ドラパルト

特性 クリアボディ ドラパルト
持ち物 いのちのたま
性格 ようき
実数値(努力値) 164(4)-172(252)-95-*-95-213(252)
ゴーストダイブ/ドラゴンアロー
そらをとぶ/まもる
調整
ミラーを考えて最速AS振り
H: いのちのたまで削れていくのでちょっとでもHに

ドラパルトにはいくつか型がありますが初速の速いいのちのたま型をチョイス。

コンセプト的に先発ダイマの際はとにかく相手に反撃を許さない辺りまで押し込みたい、後発ダイマをする場合にも隣が倒されるより先に相手を倒すためなるべく巻き返しのスピードを上げたいというのもあり、いのちのたまは非常にマッチしました。

技とかはなるべく選択肢を広げやすい4つをチョイス。勝負を早めたい構築なのでダイマックスを切った上で耐久を上げる意味は薄いと判断し、ダイスチルは採用していません。

ファイアロー

特性 はやてのつばさ
持ち物 するどいくちばし
性格 ようき
実数値(努力値) 154(4)-133(252)-91-*-89-195(252)
ブレイブバード/フレアドライブ
おいかぜ/まもる
調整
はやてのつばさに頼らず抜ける範囲を広げたいためAS振り(S甘えたダイマキッスにダイジェットされても抜けたりする)
H: 反動技が多いので少しでもHに

本構築のキーパーツ。

先制おいかぜでテンポを取っていきます。基本は先発で出すのですが状況に応じて先発、後発、ダイマ、非ダイマ全てを切り替えることができ非常に柔軟性も高いです。

後発ダイマックスプランを取る際、先発のこのポケモンが生き残るかどうかが大事になる場面も多いのでまもるをしっかり散りばめながら動いていきましょう。先発ダイマックスプランの際ははやてのつばさで殴ることを考えて裏に添えていくと詰めやすいです。

アシレーヌ

特性 うるおいボイス
持ち物 こだわりメガネ
性格 ひかえめ
実数値(努力値) 155-*-95(4)-195(252)-136-112(252)
ハイパーボイス/ムーンフォース
マジカルシャイン/ハイドロカノン
調整
S: 追い風下でS+1トゲキッスを抜きたいかつジバコイルと同速が仕掛けられる可能性があるため準速
C: D4ダイマドラパルトに対してムーンフォースが100.0%~118.4%で確定1発
B: 無補正A252ドリュウズのじしん、10まんばりきベースのダイアースの乱数が若干変わるので気持ち程度(乱数1発62.5%→乱数1発56.25%)

ダイマを使わずに相手を大きく削れるキーポケモン。

ドラパルトを速やかに倒したいのもありこだわりメガネ型をチョイス。あとはメインで使う技にハイパーボイス、ピッピやトゲキッスとキングドラ等が並んだ時に後手に回りたくないのでマジカルシャイン、ダイマックスしたときにもパワーを保てるハイドロカノンを採用。

アシレーヌはこの構築には珍しく出すタイミングが限られます。あくまで追い風とセットで使うのでファイアローと一緒に先発で出すことに重点を置きます。Sが中途半端なため後発で置くことによるメリットはほとんどないので注意です。ダイマックスは対面で一撃死するのを避ける目的で行うのがメインです。ダイマックス率はさほど高くないですがダイマックスを切れないと直接勝敗に関わりやすいのでしっかりと頭に入れておきましょう。

ガオガエン

特性 いかく ガオガエンの画像
持ち物 とつげきチョッキ
性格 しんちょう
実数値(努力値) 201(244)-136(4)-122(92)-*-144(164)-81(4)
フレアドライブ/バークアウト
とんぼがえり/ねこだまし
調整
HD: 補正ありC252ブリムオンのプレートキョダイテンバツまで確定3発
HB: 残り全部
S: 時間稼ぎがメインなのでSは余りのみ

ここまで火力押しのポケモンばかりでしたがトリックルーム等に対抗できなくなるため耐久寄りのガオガエンを採用。バークアウトと威嚇で相手の火力をとにかく削いでいきます。

重要なのはまともに受け出しが可能なのはこのポケモンのみということでガオガエンが縛られると受けられないので裏にいるということが重要です。なのでとんぼがえりで控えに帰るタイミングはなるべく早くしておきたいです。

とつげきチョッキをチョイスしたのは隣や裏に頼れず、自身の耐久力を盾に動いていくことが非常に多いので多少の無茶が効きやすいことを考えたためです。

レントラー

特性 こんじょう
持ち物 かえんだま
性格 いじっぱり
実数値(努力値) 175(156)-170(116)-101(12)-*-105(44)-113(180)
ワイルドボルト/ばかぢから
こおりのキバ/まもる
調整
HD: 補正ありC252珠適応力ポリゴンZのはかいこうせんベースダイアタック+やけどダメをダイマックス時確定耐え
H: 16n-1
A: こんじょうダイサンダーでB4ダイマトゲキッスを確定1発
S: 準速60族抜き
B: あまり

今回のイロモノ枠。

トゲキッス、アーマーガア等のドラパテラキが苦手とするポケモンを叩き潰すというのが役割です。またアシレーヌ、ゴリランダー、ガオガエンの御三家全員に強烈な打点を持つところもあり、流行しているドラテラ御三家の構築にも非常に強いです。

使い方としては基本的に後発で出します。単電気タイプは打ち合いに強いのもあり相手の数が少し減っている状況の方がやりやすいです。ただ、打開ダイマックスというよりかは中盤ダイマックスという形でファイアローの追い風からすぐ出していってダイマックスポケモンと撃ち合うことがメインです。

まもるで自主的にかえんだまを起動させることもできますが相手のポケモン片方をなるべく素のダイマックスワザの圏内に入れておくとかなり強く扱えます。ちなみにたまに素でドラパとセットで出したりします。その辺りも柔軟に選択肢を頭の片隅に入れておきましょう。

技に関してはワイルドボルトまもるは確定、ばかぢからもダイナックルが強力で確定、残りはS操作のできるダイアタックになるギガインパクト、ゴリランダーをダイアイスで沈められるこおりのキバの選択ですがドラパルトへの打点があまり多くない、アシレーヌ、テラキオンと共に出すとゴリランダー倒すポケモンが減ってしまうのもありこおりのキバをチョイス。
ちなみに日本一決定戦ではからげんきを使いましたがこれはただの技の変え忘れです。

選出と立ち回り

選出は相手の取り巻きによって大きく変わってくるほかダイマックスのタイミングも盤面によって変わってくるのでこれといった選出を載せるのは難しいです。

一応先発ダイマ、中盤ダイマ、後発ダイマの選出例を載せておきますがあくまで参考程度にとどめてください。

先発ダイマックス

先発:ドラパルト
後発:orガオガエン

使う相手: 純晴れ、ラプラスなど

中盤ダイマックス

先発:orガオガエンor
後発:ガオガエンorドラパルト

使う相手: 晴れトリル、ダイマギャラダイマキッスが見える構築

後発ダイマックス

先発:
後発:ドラパルトorガオガエン

使う相手:ドラパテラキ、雨など

対トリルギミック構築

先発:ガオガエン
後発:orドラパルト

※スイッチ系の場合相手の並び次第で後発ダイマルートをごり押したりします。

さいごに

いかがでしょうか。これが自分の鎧環境の集大成ですが種族値の高いポケモンもだいぶ追加されてDLC前よりはかなりやりやすかったです。JCS2021の出場権も得られたので言うことなしの結果で満足しています。

分岐の多いオールレンジダイマックスの構築となっていますが素のパワーが高いポケモンが多く意外と扱いやすいので一度使ってみてもらえると嬉しいです。

ではまた冠の雪原で会いましょう。

レンタルチームID: 0000 0007 T3VX 2V

パーティ作成者

KOOTA

ツイッター

実績:日本一決定戦でマッチした某レモネードにせんせいのつめエラがみでウオノラゴンを縛っているファイアローを突如倒され敗北

ダブルカテゴリの最新記事