【PJCS2021予選 最終108位】オーガロンゲイエッサン

レンタルチームID:0000 0002 9FH2 41

はじめに

お疲れ様です、イロク(@iroku0105)と申します。
この度PJCS2021予選で最終レート1753、108位をとることができた構築を紹介させていただきます。

おいかぜ等のS操作がほとんどないこと、カイオーガにこんげんのはどうがないことなど「どうやって動かすのか?」という疑問の声が多かったため今回記事を書くことにしました。よろしくお願いします。

構築経緯

オーロンゲ

PJCS2021予選開催直前、ランクマッチにおいて上位のプレイヤーがオーロンゲを使っているという情報が拡散され、それによりオーロンゲが流行し始めていました。そのことから今大会においてもオーロンゲをいかに対策するか、また自分がうまく使うかが予選突破のカギだと考えました。

まず自分がオーロンゲを使うのは確定として、相手のオーロンゲに好き勝手されないための手段として、自分がどの構築でもよく使っていたイエッサン♀を採用。オーロンゲは両壁+電磁波や挑発、噓泣きなど+攻撃技という構成が多かったため、いるだけで相手のオーロンゲの技を実質3つに制限してしまうサイコフィールド持ちは非常に環境にマッチしていると考えました。

イエッサンの画像

次は一番大事な伝説枠。これは本当に直前まで悩みましたが、大会前にフレ戦をしてくださった仲良しのたいきさん(@Infinity_Ju)の使われていたオーロンゲ+カイオーガがめちゃくちゃ強かったので、自分もカイオーガ使おうということになりました。

カイオーガ

この構築はほぼこの3体を軸としており、

  • 壁とこの指を使って初手ダイマックスor潮吹き連打で相手のポケモンの数を減らす。
  • 後ろのポケモン1体~2体で詰め切る。

という単純でわかりやすい方向性となっています。

後ろから出す詰めのポケモンとしてレジエレキを採用。カイオーガとの相性もよく数少ない相手の素早さを下げる手段を持ったポケモン。イエッサンといっしょに並べても非常に協力です。

レジエレキ

次に相手のディアルガソルガレオ日食ネクロズマディアルガのアイコンソルガレオ日食ネクロズマのようなカイオーガでは倒しきれない伝説を相手にするポケモンとして悪ウーラオスを採用。特殊アタッカーの弱点であるバークアウト使いに対しても圧力があり、何よりウーラオス+レジエレキの並びが強力なのは全国ダブルのときにも言われていたので安定した強さがあります。

ウーラオス

最後に、カイオーガが苦手なドラゴン、草、電気に強いドラパルトを採用。ダイジェット+カイオーガ潮吹きも強力ですし、イエッサンと合わせてのこの指龍の舞をするのにも相性がよいです。クリアボディによる威嚇の効かない積みアタッカーかつ、状態異常の対策もすることで非常に安定感のある活躍をしてくれると考えました。

ドラパルト

いたずらごころでんじはによる事故防止のサイコフィールド、催眠技に対してダイサンダー持ちが2体、ラムのみ持ちクリアボディ、命中率の低い技はエレキネットの95%のみ(かみなりは雨で必中)にするなど、運によるブレを最大限に防ぐような構築になっているのもポイントです。

こうして6体が決まり、カイオーガ軸のパーティが完成しました。
努力値の調整は何度か行いましたが、基本一度組んだポケモンは誰も入れ替えることがなかったので、自分の組んだ構築の中ではそれなりの完成度があるなと感じていました。

オーロンゲイエッサンの画像カイオーガレジエレキウーラオスドラパルト

構成

カイオーガ

特性あめふらしカイオーガ
持ち物じゃくてんほけん
性格ひかえめ
実数値(努力値)207(252)-*-114(28)-216(214)-161(4)-112(12)
しおふき/れいとうビーム
かみなり/まもる
調整
H:全振り
B:余り
C:じゃくてんほけん発動時、H175ダイマックスフシギバナをダイアイスで確定1発。じゃくてんほけん発動時、H175ダイマックスチョッキボルトロスを雨ダイストリームで確定1発
S:S113フシギバナ抜かれ。相手S1段階ダウン時100属抜き、2段階ダウンで黒バドレックス抜き

絶対的エースポケモン。水タイプながら環境に多かったフシギバナ、ボルトロス等に対して出して返り討ちにしていた姿はまさに怪物。基本この2体を初見殺し的に倒すことで相手のダイマックスを潰して、あとは順番に相手を倒していくのが基本の型です。

このPTでは能動的なじゃくてんほけんの発動ができないので、発動なしでも火力を出せるように最低限のCを確保しています(H199ザシアンを雨ダイストリームで確定1など)。

ダイマックス前提の型であり、じゃくてんほけんが発動すれば体力が半分だとしてもしおふきで火力が出せて命中も安定している上、ダイサンダーでのエレキフィールド+じゃくてんほけん発動時のかみなりが強力なため、こんげんのはどうは採用しておりません。

オーロンゲ

特性いたずらごころオーロンゲ
持ち物ひかりのねんど
性格しんちょう
実数値(努力値)202(252)-141(4)-101(124)-*-121(116)-82(12)
リフレクター/ひかりのかべ
イカサマ/ソウルクラッシュ
調整
H:全振り
AB:余り
D:実数値11n。ひかりのかべ込みでC222カイオーガの雨ダイストリーム耐えなど
S:同族意識の無振り+実数値2

おそらく今大会におけるトップメタポケモン。味方にイエッサンがいるおかげで、壁以外の2枠を超強力な攻撃技にすることを許されたオーロンゲ
イカサマは黒バドレックス、白バドレックス、ドラパルト、ザシアンバドレックス(こくばじょうのすがた)バドレックス(はくばじょうのすがた)ドラパルトザシアンに有効。ソウルクラッシュはオーロンゲミラー、同悪タイプ、パルキアオーロンゲウーラオスパルキアのアイコン等に撃つなど遺憾なく強さを発揮してくれました。

もちろん本業は壁を貼ってカイオーガを守ることがメインとなりますが、生き残った際にもやれることが多くあり、相手の技や特性の制限もほとんどされない攻撃技だったのは強かったです。

イエッサン

特性サイコフィールド
持ち物ナモのみ
性格ずぶとい
実数値(努力値)175(236)-*-124(220)-122(52)-125-104 (S個体値29)
このゆびとまれ/てだすけ
まもる/ワイドフォース
調整
HB:天候ダメージ最小限。ようきこだわりハチマキ悪ウーラオスのあんこくきょうだを最高乱数切って耐え
C:余り
S:ゴリランダー、カプ・レヒレに対するフィールドの取り合いで勝てるようS個体値29

普段から使い慣れていた何の変哲もないイエッサンです。
この構築において非常に重要なポジションにあるので、このポケモンをうまく動かすことが勝敗の決め手になると思っています。
単純な考えとして、このゆびとまれ+しおふきの組み合わせでイージーウィンを狙うこともできますし、オーロンゲが壁を貼って退場した後に出すことによって、簡単には倒されないこのゆび要員としてカイオーガを守り続けることができます。
後述しますが、このゆびとまれの強制力など対戦中の見えない部分での強さが多くあり、大活躍でした。

レジエレキ

特性トランジスタレジエレキ
持ち物じしゃく
性格おくびょう
実数値(努力値)159(28)-*-89(148)-152(252)-71(4)-253(76)
まもる/かいでんぱ
10まんボルト/エレキネット
調整
HB:天候ダメージ最小かつ、A194奇跡の種ゴリランダーのグラススライダー最高乱数切って耐え
C:全振り
D:余り
S:Sランク+1した最速100族抜き

お掃除役その1。後ろから出てきて高速高火力で相手を落としていきます。
ディアルガがどうしても重くなりがちなので、かいでんぱでダイマックスを腐らせることもできる器用なポケモンです。

最も強力なのは、カイオーガがダイマックス時にダイサンダーをしておけば等倍相手ならほとんどのポケモンを10まんボルトで倒してしまえる相性の良さでした。

ウーラオス(いちげきのかた)

特性ふかしのこぶしウーラオス(いちげきのかた)
持ち物きあいのタスキ
性格いじっぱり
実数値(努力値)175-200(252)-121(4)-*-80-149(252)
あんこくきょうだ/インファイト
ふいうち/みきり

お掃除役その2。後ろから出してダイマックスの終わったソルガレオやディアルガを倒していきます。

いじっぱりにしたのは伝説相手だとSで勝っていても火力が足りず押し負けることがあったためです。今回の大会ではいじっぱりにしたことのデメリットはほとんど感じませんでした。
他努力値はテンプレです。

ドラパルト

特性クリアボディドラパルト
持ち物ラムのみ
性格いじっぱり
実数値(努力値)169(44)-189(252)-95-*-95-189(212)
ゴーストダイブ/ドラゴンアロー
そらをとぶ/りゅうのまい
調整
H:余り
A:全振り
S:最速エースバーン抜き

カイオーガではどうしようもないドラゴン、草、電気が相手にいた場合に選出する裏選出枠です。また対カイオーガ性能も高いので、相手がパッチラゴンやカミツルギ入りのカイオーガ構築だった場合に出していきます。

ラムのみを持たせたのはフシギバナのねむりごなや、コータスのしっとのほのお、ライチュウ系統によるほっぺすりすりでのマヒに耐性を持たせたかったためです。

選出率は多くなかったですが、選出した際には必ず活躍してくれました。
ダイジェットでカイオーガの素早さを上げる動きも強いのですが、この構築のカイオーガは余り早くないため積極的には狙わず、後続のウーラオスに繋げられるダイホロウによるBダウンを意識することが多かったです。

選出と立ち回り

基本は

カイオーガ+オーロンゲカイオーガオーロンゲ
カイオーガ+イエッサンカイオーガイエッサンの画像

の2パターンです。相手の構築によって先発を変えていきます。出し方をミスした場合でもカイオーガ+イエッサンは裏目になりにくいため、迷ったらこちらを選出することをオススメします。

対ザシアン+ボルトロスザシアン化身ボルトロス

先発:カイオーガオーロンゲ
後発:イエッサンの画像ウーラオスorレジエレキ

1ターン目はオーロンゲはリフレクターカイオーガはダイマックスしてダイストリームをザシアン方向に撃ちます。もしザシアンがオーロンゲをきょじゅうざんで処理しに来た場合はそのままダイストリームで落とせますし、守るをされてもただではすまないダメージが入ります。身代わりをされたとしても体力が4分の1削られるので、カイオーガのダイサンダーでフィールドをエレキフィールドにしておけば多くのザシアンをレジエレキの10まんボルト県内に入れることができます。

ボルトロスを狙わない理由としては、ダイジェットでカイオーガのじゃくてんほけんを起動してこなかった場合に倒すことができないためです。ボルトロスのダイサンダーはリフレクターを貼っておけばカイオーガへのダメージは34%~40%程度の確定3発なので、そのあとでも処理可能です。オーロンゲが処理された後は後ろからイエッサンを出せるので、このゆびとまれをしながらカイオーガで相手を倒していきます

対フシギバナ+オーロンゲキョダイマックスフシギバナオーロンゲ

先発:カイオーガイエッサンの画像
後発:ウーラオスレジエレキ

1ターン目にイエッサンの手助け+カイオーガのダイアイスをフシギバナ方向に撃ちます。相手はほぼオーロンゲひかりのかべ+カイオーガにキョダイベンタツをしてきますので、そのままじゃくてんほけんが発動してフシギバナを倒せます

C特化フシギバナのハードプラントベースキョダイベンタツでのカイオーガへのダメージは42%~50%のダメージですので、イエッサンのこのゆびとまれと合わせてキョダイベンタツの定数ダメージがあったとしても十分相手を殲滅できるだけの体力は残ります。

対グラードングラードン

先発:カイオーガオーロンゲ
後発:イエッサンの画像ウーラオスorレジエレキ

相手の先発でオーロンゲ+ポリゴン2のような出し方をしてくるパーティが多かったので、その際はしおふきを選択しながらオーロンゲをイエッサンに交代

その後はこのゆびとまれをしながらしおふきで相手2体を処理し、フシギバナが出てきたタイミングでカイオーガにダイマックスを切ればほとんど有利でした。

対エルフーン+レジエレキ+カイオーガor黒バドレックスなど(追い風構築全般)エルフーンレジエレキカイオーガバドレックス(こくばじょうのすがた)

先発:カイオーガイエッサンの画像
後発:ウーラオスレジエレキ

1ターン目はカイオーガはダイマックスしてダイストリームをレジエレキへ撃ち、イエッサンはワイドフォースを選択します。エルフーンはだっしゅつボタンだったとしてもサイコフィールドですりかえができないため、まず追い風をしてきます。

そして、このゆびとまれを使えるイエッサンがいるため、しおふきの威力を下げるためレジエレキはエレキネットを使ってきます。そのエレキネットを餌にじゃくてんほけんを発動してしまえばあとは相手を殲滅するだけになります。

対白バドレックス(ミミッキュガオガエントリル始動型)バドレックス(はくばじょうのすがた)ミミッキュガオガエン

先発:カイオーガ+イエッサンの画像
後発:オーロンゲ+ウーラオス

1ターン目はカイオーガはしおふきイエッサンはワイドフォースを選択します。ガオガエンを倒し、ミミッキュのばけのかわを剝がします。

後ろからはトリックルーム4ターン残した状態で白バドレックスが登場します。しかし、イエッサンのこのゆびとまれがあるおかげでミミッキュの味方かげうちじゃくてんほけん発動を阻止することができます。そのままカイオーガで白バドレックスの横のポケモンを倒していき、トリルが切れたら悪ウーラオスで白バドレックスを倒します。

ただ白バドレックスは非常に堅く、カイオーガのダイストリームを1発入れておかないとあんこくきょうだで倒すことができないので、相手のポケモンが守りそうな際に白バドレックスを一度攻撃しておくのが攻略のコツです。

厳しい相手

トリトドントリトドン

この構築のはっきりとした回答のない一番の天敵です。ドラパルトで無理矢理突破するしかないのですが、ザシアンと組み合わされていることが多いので本当に厳しいです。

大会ではあまりマッチングしませんでしたが、上位の構築にも抜擢されているポケモンですので、今後流行るようであれば厳しいかもしれません。

最後に

「そのパーティどうやって立ち回るのか構築見ただけではわからない」というお声を多くいただいたため、大会でよくマッチングしたパーティに対する初動をメインに書かせていただきましたが、わかりにくい部分もあったかもしれません。文才の無さを恥じるばかりであります。

相手の動きが上記したものだけとは限りませんし、裏目ももちろんあります。しかし、対戦数を多くこなさなければならない今大会においては、ほとんど決め打ち気味にこの行動をしていました。

大会序盤は練度が足りず、この立ち回りを固めるのにも時間がかかってしまい、結果サブと合わせて90戦全て対戦し、ようやく予選抜けに繰り上げで引っかかるかどうかというなんとも情けない結果になりました。
しかし、最後まで諦めずに戦い抜いてよかったです。

ここまで見てくださった方、お付き合い本当にありがとうございました!

途中までパーティ共有して練度を上げてくれた、costさん (@nikosuto)
アイテムやポケモンの支援をしてくれた、 らいこくさん (@raikoku_)
一緒に夜中まで戦いつづけたメンバーのみんなにも最大限の感謝を。

最後になりますが、YouTubeで配信活動を行っており、いつもガチ勢エンジョイ勢関係なく、みんなで楽しくポケモンで遊んでおりますので、よかったらぜひ遊びに来てください♪
ひとりでポケモンやるのもいいですが、やはり大勢でやったほうがモチベーションも上げりますし、構築の完成度も上がり大会に向けての特訓もできるので是非!
あなたとお友達になれる日を心待ちにしております♪

レンタルチームID:0000 0002 9FH2 41

パーティ作成者

イロク

ツイッターユーチューブ

ポケモン🎮 その他楽しければ何でもいいじゃない🙃 25↑♂捨てられ猫2匹と暮らしています😽 ダブルバトルランクマS5瞬間2位、S8瞬間3位🌸 男なら意地を張ろう、カッコつけて生きよう

Twitterで最新情報をチェック!