2022年もポケモンダブルバトルのコンテンツを中心に情報発信していきます。今年もよろしくお願いします!
ダブル使用率

【ダブル】マスターランク級でのポケモン使用率!(2021/8/1~8/7)

ダブル使用率

はじめに

Pokémon HOMEにてランキング機能が実装されましたが、当サイトでは環境の変遷を独自に調査するため引き続きランクマッチダブルバトルでのポケモンの使用率の集計を行うことにしています。

データはすべてマスターボール級のものとなっています。

前回の記事もあわせてご覧ください!

前回の使用率

はじめにPokémon HOMEにてランキング機能が実装されましたが、当サイトでは環境の変遷を独自に調査するため引き続きランクマッチダブルバトルでのポケモンの使用率の集計を行うことにしています。データはすべてマスターボール級[…]

ダブル使用率

ダブルバトルの使用率

トップ30

集計期間:2021/8/1~8/7
データ数:200

マスターボール級の対戦データのみを集計しています。
前回分(2021/7/16~7/31)と比較して順位が上がったポケモンは「」で、順位が下がったポケモンは「」、順位の変動がないポケモンは「→」で示しています。
また、シリーズ10で使用できるようになった伝説ポケモンは「新」で示しています。

順位ポケモンKP(かぶりポイント)採用率
1ガオガエン ガオガエン12261.0%
2ゴリランダー ゴリランダー9246.0%
3レジエレキ レジエレキ8743.5%
4ウーラオス ウーラオス6130.5%
5ザシアン ザシアン4422.0%
6 化身ランドロス3819.0%
7バドレックス(こくばじょうのすがた) 黒馬バドレックス3417.0%
8カイオーガ カイオーガ3316.5%
9化身トルネロス 化身トルネロス2914.5%
10エルフーン エルフーン2613.0%
10イエッサンの画像 イエッサン♀2613.0%
12コジョンド コジョンド2512.5%
13アマージョ アマージョ2412.0%
14エンテイ エンテイ2311.5%
15霊獣ランドロス 霊獣ランドロス2010.0%
15カプ・テテフ カプ・テテフ2010.0%
15 ツンデツンデ2010.0%
18ゼルネアス ゼルネアス199.5%
19ウルガモス ウルガモス178.5%
19カプ・レヒレ カプ・レヒレ178.5%
21モロバレル モロバレル157.5%
22ポリゴン2 ポリゴン2136.5%
22コータスのアイコン コータス136.5%
24バドレックス(はくばじょうのすがた) 白馬バドレックス126.0%
25ミロカロス ミロカロス115.5%
26 ヌケニン105.0%
26グラードン グラードン105.0%
26ミミッキュ ミミッキュ105.0%
26ムゲンダイナ ムゲンダイナ105.0%
30トリトドン トリトドン94.5%
30ナットレイ ナットレイ94.5%
30イベルタルのアイコン イベルタル94.5%
30カプ・コケコ カプ・コケコ94.5%
30エースバーン エースバーン94.5%

 

ピックアップ

ザシアンザシアン

2021/8/1~8/7:5位
<環境に多いザシアンのパーティ>
ザシアンゴリランダーガオガエンレジエレキ化身ランドロス

ザシアン入りの構築はガオガエンとゴリランダーによるサイクルを中心とした構成になることがメジャーになっています。

中でも注目は化身ランドロス(使用率6位)です。特性「ちからづく」+いのちのたまで高火力を出せるポケモンで、相手のザシアンやガオガエンをだいちのちから一発で倒すことが可能です。

霊獣ランドロスは使用率15位であり、剣盾環境で初めて霊獣よりも化身の方が使用率が高くなりました。

れんげきウーラオスの採用が比較的多くみられますが、みずタイプのレパートリーは豊富であり、他にカプ・レヒレ、ミロカロス、スイクン、オニシズクモなどの採用が見られます。

カプ・レヒレミロカロススイクンオニシズクモ

黒馬バドレックスバドレックス(こくばじょうのすがた)

2021/8/1~8/7:7位
<環境に多い黒馬バドレックスのパーティ>
バドレックス(こくばじょうのすがた)コジョンドイエッサンの画像@3

黒馬バドレックスのパーティで特徴的なポケモンはコジョンドです。

コジョンド

コジョンドは特性「せいしんりょく」により、「いかく」による攻撃ダウンと怯みの追加効果を無効にします。これにより、黒馬バドレックスの苦手なガオガエンに対して安定した高火力のかくとう技を打つことができます。
また、ワイドガードやフェイント、サイドチェンジといった器用なサポート技を使えるため、相手視点で考慮しなければならない技が多い現環境に合ったポケモンです。

黒馬バドレックスのパーティは全体的に耐久力がなく、ふいうちやグラススライダー等の先制技を受けたくないので、特性「サイコメイカー」のポケモン(イエッサン、カプ・テテフ)をパーティに入れることが多いです。

イエッサンの画像イエッサン♂カプ・テテフ

カイオーガカイオーガ

2021/8/1~8/7:8位
<環境に多いカイオーガのパーティ>
カイオーガガオガエンレジエレキ化身トルネロスアマージョ

カイオーガは特性「あめふらし」で天候を雨にし、そこから放たれる高火力範囲技のしおふきが強力なポケモンです。

シリーズ8(ダイマックス有)環境から引き続き化身トルネロスがサポート役として採用されることが多いですが、シリーズ10ではアマージョとヌケニンの採用が目立ちます。

アマージョ

アマージョは特性「じょおうのいげん」により、化身トルネロスやカイオーガが苦手とするねこだましやグラススライダーといった先制技を無効化することができるポケモンです。
8世代ではフェイントが没収されてしまいましたが、新たにトリプルアクセルを習得しています。とんぼがえりで相手を削りながらカイオーガに交代する動きも強力です。

ヌケニンは特性「ふしぎなまもり」によって効果抜群以外の攻撃技を無効化します。つまり、ヌケニンを攻撃する際はほのお・ゴースト・いわ・ひこう・あくタイプで弱点を突かなければ倒せません。
使用率の高い伝説ポケモン(ザシアン、ゼルネアス、カイオーガ)は基本ヌケニンの弱点技を採用しないためパーティの他のポケモンで倒すこととなり、ヌケニンの突破は容易ではないです。
ヌケニンを選出する際は、ヌケニンに打点のあるポケモンを優先的に倒す立ち回りをすることを意識するとヌケニンで詰めやすくなります。

おわりに

2021/8/1~8/7分のマスターランク級のダブルバトル使用率と環境の変化について紹介しました。

当サイトでは定期的に使用率の記事を投稿する予定ですので、今後も是非ご覧ください!

ダブル使用率
Twitterで最新情報をチェック!