2022年もポケモンダブルバトルのコンテンツを中心に情報発信していきます。今年もよろしくお願いします!

【ダブル】マスターランク級でのポケモン使用率!(2019/12/16~12/22)

はじめに

今週も、ランクマッチダブルバトルでのポケモンの使用率の集計を行いました。

データはすべてマスターボール級のものとなっています。

前週の記事もあわせてご覧ください!

【ダブル】マスターランク級でのポケモン使用率!(2019/12/9〜12/15)

ダブルバトルの使用率

トップ30

集計期間:2019/12/16~12/22

データ数:199

マスターボール級の対戦データのみを集計しています。

先週分(2019/12/9~12/15)と比較して順位が上がったポケモンは「」で、順位が下がったポケモンは「」、順位の変動がないポケモンは「→」で示しています。

順位ポケモンKP(かぶりポイント)採用率
1ドラパルト7135.7%
2ウインディ7035.2%
3ドリュウズ6532.7%
4エルフーン6030.2%
5トリトドン4723.6%
6アーマーガア4422.1%
7トゲキッス4120.6%
8バンギラス3417.1%
9ウォッシュロトム3216.1%
10ジュラルドン3115.6%
11ニンフィア2814.1%
12オーロンゲ2713.6%
12ギャラドス2713.6%
12ウオノラゴン2713.6%
15カットロトム2613.1%
16バンバドロ
2412.1%
16ミミッキュ2412.1%
18ドサイドン2311.6%
19コータス2211.1%
20リザードン2110.6%
21イエッサン♀199.5%
22ウォーグル189.0%
23ナットレイ168.0%
23カビゴン168.0%
23 ヒートロトム168.0%
26ローブシン157.5%
26シャンデラ157.5%
28ルンパッパ136.5%
28ペリッパー136.5%
28サザンドラ136.5%

主な環境の変化

トリックルーム軸パーティの減少

「トリックルーム」して戦うことがメインである構築のポケモンの使用率が軒並み減少しています。

以下の表は、トリックルーム軸のパーティに主に採用されるポケモンの使用率の推移を示しています。

※順位が40位よりも低い場合は「圏外」と表記しています。

ポケモン12/2~12/812/9~12/1512/16~12/22
ドサイドン8位16位18位
コータス8位13位19位
ブリムオン20位18位32位
サマヨール27位24位36位
バタフリー圏外25位32位
ヤレユータン27位27位圏外
イエッサン♀7位21位21位

カットロトムの増加

カットロトムは先週(2019/12/9~12/15)が28位であるのに対し、今週(2019/12/16~12/22)は15位と急上昇しています。

使用率が高いウォッシュロトムと比較して、使用率が同じく上昇しているトリトドンに強めであり、かたやぶりドリュウズに弱点を突かれない点で評価されています。

バンバドロの増加

先週(2019/12/9~12/15)が25位から、今週(2019/12/16~12/22)は16位とバンバドロの使用率が上がりました。

トリックルームのアタッカーとして多く使われているドサイドンに強めなところが評価されています。

また、バンバドロは優秀な特性を持っています。

特性「せいしんりょく」は今世代から「いかく」によるこうげきランクのダウンの効果を受けないため、より強力になっています。

特性「じきゅうりょく」はこうげきを受ける度にぼうぎょランクを1段階上げることができ、エルフーンなどの「ふくろだたき」とコンボで使われることもあります。

おわりに

2019/12/16~12/22分のマスターランク級のダブルバトル使用率と環境の変化について紹介しました。

来週末にもダブルバトルの使用率を投稿する予定ですので、ぜひご覧ください!

Twitterで最新情報をチェック!