【ダブル】マスターランク級でのポケモン使用率!(シーズン7まとめ)

【ダブル】マスターランク級でのポケモン使用率!(シーズン7まとめ)

はじめに

シーズン7でのランクマッチダブルバトルのポケモンの使用率の集計を行いました。

データはすべてマスターボール級のものとなっています。

後半では、シーズン6と比べて使用率が上がったポケモンをピックアップしています。

前回のシーズン6使用率のまとめ記事もあわせてご覧ください!

【ダブル】マスターランク級でのポケモン使用率!(シーズン6まとめ)

ダブルバトルの使用率

トップ30

集計期間:2020/6/1~6/30(シーズン7)

データ数:835

マスターボール級の対戦データのみを集計しています。

シーズン6と比較して順位が上がったポケモンは「」で、順位が下がったポケモンは「」、順位の変動がないポケモンは「→」で示しています。

順位 ポケモン KP(かぶりポイント) 採用率
1 トゲキッスのアイコン トゲキッス 319 38.2%
2 エースバーンエースバーン 249 29.8%
3 サマヨールの画像 サマヨール 240 28.7%
4 バンギラスの画像 バンギラス 236 28.3%
5 エルフーン エルフーン 228 27.3%
6 ドラパルト ドラパルト 204 24.4%
7 ゴリランダーゴリランダー 198 23.7%
8 ドリュウズ ドリュウズ 189 22.6%
9 アシレーヌ 161 19.3%
10 ガオガエン ガオガエン 154 18.4%
11 コータスのアイコン コータス 126 15.1%
11 ウォッシュロトムのアイコン ロトム水 126 15.1%
13 ウインディのアイコン ウインディ 112 13.4%
13 フシギバナ フシギバナ 112 13.4%
15 ミロカロス ミロカロス 109 13.1%
16 ミミッキュ ミミッキュ 100 12.0%
17 ジュラルドン ジュラルドン 93 11.1%
18 ローブシン ローブシン 90 10.8%
19 ウオノラゴン ウオノラゴン 87 10.4%
20 ドサイドンの画像 ドサイドン 85 10.2%
21 ラプラス ラプラス 82 9.8%
22 ナットレイのアイコン ナットレイ 81 9.7%
23 ニンフィアの画像 ニンフィア 80 9.6%
23 イエッサンの画像 イエッサン♀ 80 9.6%
25 シャンデラ 71 8.5%
26 ブリムオン ブリムオン 70 8.4%
27 リザードン リザードン 61 7.3%
28 ギャラドス ギャラドス 56 6.7%
29 オーロンゲのアイコン オーロンゲ 51 6.1%
30 イエッサン♂ 46 5.5%

シーズン7で使用率が上昇した主なポケモン

使用率が上昇したポケモンをいくつかピックアップして紹介します。

なお、表の「S1」はシーズン1、「圏外」は30位圏外の略称です。

エースバーン、ゴリランダーエースバーンゴリランダー

シーズン7から隠れ特性が解禁され、一気に使用率上位に躍り出ました。

ゴリランダーはシーズン後半では「鎧の孤島」の教え技「グラススライダー」によりさらに強化されています。

エースバーン、ゴリランダーともにシーズン8からはキョダイマックスが解禁されるため、さらなる活躍が予想されます。

イエッサン♀、ブリムオンイエッサンの画像ブリムオン

新技「ワイドフォース」の習得により強化されました。

6月下旬に開催されたPJNOでは優勝者を含めイエッサン+ブリムオンでDay1を勝ち上がっている人も多く、この結果から来シーズンではさらに数を増やすかもしれません。

PJNOの結果はこちら↓

PJNO2020ソード・シールド部門まとめ

シーズン7で使用率が下がった主なポケモン

ナットレイナットレイのアイコン

集計期間 S1 S2 S3 S4 S5 S6 S7
順位 27位 圏外 圏外→ 26位 13位 7位 22位

以前は強力なくさタイプが少なく、使用率上位をキープしていたナットレイですが、同じくさタイプで強力なグラスメイカーゴリランダーが解禁された影響で使用率を落としています。

ナットレイは4倍弱点があるものの、耐久の高さやトゲキッスへの打点を持っている点はゴリランダーにない強みであるため、この辺りを意識するとナットレイはまだまだ活躍できそうです。

>>ナットレイの育成論と対策はこちら

おわりに

シーズン7のマスターランク級のダブルバトル使用率と環境の変化について紹介しました。

毎シーズン後にシーズンの使用率まとめの記事を投稿する予定となっています。

今後も是非ご覧ください!

ダブルカテゴリの最新記事