次回のてるチャレは4/17(土)に開催されます!シリーズ8の個人戦です!

【ダブル】マスターランク級でのポケモン使用率!(2020/10/4~10/10)

はじめに

Pokémon HOMEにてランキング機能が実装されましたが、当サイトでは環境の変遷を独自に調査するため引き続きランクマッチダブルバトルでのポケモンの使用率の集計を行うことにしました。

データはすべてマスターボール級のものとなっています。

前回の記事もあわせてご覧ください!

【ダブル】マスターランク級でのポケモン使用率!(2020/9/27~10/3)

ダブルバトルの使用率

トップ30

集計期間:2020/10/4〜10/10
データ数:200

マスターボール級の対戦データのみを集計しています。
前回分(2020/9/27〜10/3)と比較して順位が上がったポケモンは「」で、順位が下がったポケモンは「」、順位の変動がないポケモンは「→」で示しています。

順位ポケモンKP(かぶりポイント)採用率
1ウーラオス ウーラオス7236.0%
2 アシレーヌ6934.5%
3ファイアロー ファイアロー5728.5%
4サマヨールの画像 サマヨール5125.5%
5モロバレル モロバレル4723.5%
6ウインディのアイコン ウインディ4020.0%
7ナットレイのアイコン ナットレイ3919.5%
8ラプラス ラプラス2914.5%
8ブリムオン ブリムオン2914.5%
8パッチラゴン パッチラゴン2914.5%
11テラキオン テラキオン2412.0%
12ライチュウ ライチュウ2311.5%
12ピッピのアイコン ピッピ2311.5%
14リザードン リザードン2110.5%
15アマージョアマージョ189.0%
15ダダリンダダリン189.0%
15オーロンゲのアイコン オーロンゲ189.0%
15ジュラルドン ジュラルドン189.0%
19ゲンガー ゲンガー178.5%
19マニューラマニューラ178.5%
19セキタンザンのアイコン セキタンザン178.5%
22ウォッシュロトムのアイコン ウォッシュロトム168.0%
22ニンフィアの画像 ニンフィア168.0%
24ドサイドンの画像 ドサイドン157.5%
25アローラキュウコンアローラキュウコン147.0%
25アローラガラガラ アローラガラガラ147.0%
27ピクシーピクシー126.0%
28トリトドン トリトドン115.5%
28ポリゴンZ ポリゴンZ115.5%
28ウォーグル ウォーグル115.5%
28キュワワー キュワワー115.5%

ピックアップ

ライチュウライチュウ

集計期間順位
2020/9/1~9/5圏外
2020/9/6~9/1223位
2020/9/13~9/19圏外
2020/9/20~9/2625位
2020/9/27~10/330位
2020/10/4~10/1012位

ライチュウが使用率を大きく伸ばしました。

ライチュウは火力はあまりないものの、高い素早さからほっぺすりすりあまえるかいでんぱといった技で相手を妨害し、有利な盤面を作ることを得意としています。

特性のひらいしんを生かしてラプラスアシレーヌキョダイラプラスアシレーヌといったみずタイプのアタッカーと組み合わせているか、セキタンザンセキタンザンのアイコンのじょうききかん発動要員(なみのり)として組み合わせているかのどちらかが多い印象です。

アローラキュウコンアローラキュウコン

集計期間順位
2020/9/1~9/5圏外
2020/9/6~9/12圏外
2020/9/13~9/19圏外
2020/9/20~9/26圏外
2020/9/27~10/3圏外
2020/10/4~10/1025位

シーズン10で最終1位、2位を含む多くのプレイヤーが使用していたアローラキュウコンが使用率を伸ばしています!

【ダブル】シーズン10最終順位トップ30まとめ

アローラキュウコンはオーロラベールこごえるかぜといった補助技が強力なイメージですが、現環境で猛威を振るっているきあいのタスキウーラオスムーンフォース+あられダメージで倒せるという強みも持っています。

他にも味方を強化できるとおぼえやトリックルーム対策になるほえるなど、パーティ次第でいろいろな使い方ができるポケモンです。

アローラキュウコンを採用したパーティ

ゲンガーゲンガー

集計期間順位
2020/9/1~9/5圏外
2020/9/6~9/1228位
2020/9/13~9/1915位
2020/9/20~9/26圏外
2020/9/27~10/3圏外
2020/10/4~10/1019位

ゲンガーは流行りのアシレーヌ+サマヨールの組み合わせに強く、マジカルシャインでウーラオスへの打点も持つなど攻撃範囲に優れています。基本的に補助技を1~2個採用されていることが多く、ちょうはつふういんトリックルームおにびまもるなど選択肢が多いので型が判別しづらいのも強みの1つです。

また、ゲンガーも高い素早さからこごえるかぜを使うことができます。こごえるかぜ+中速アタッカーの組み合わせはウーラオスやアイアントなどに対して特に有効であり、シリーズ6でよく使われる戦術です。こごえるかぜ、エレキネット等を使えるポケモンが相手にいる場合は注意しましょう。

おわりに

2020/10/4~10/10分のマスターランク級のダブルバトル使用率と環境の変化について紹介しました。

今後も毎週末に使用率の記事を投稿する予定です。

お楽しみに!

Twitterで最新情報をチェック!