2022年もポケモンダブルバトルのコンテンツを中心に情報発信していきます。今年もよろしくお願いします!

【ダブル】マスターランク級でのポケモン使用率!(2020/1/13〜1/19)

はじめに

今回も、ランクマッチダブルバトルでのポケモンの使用率の集計を行いました。

データはすべてマスターボール級のものとなっています。

前回の記事もあわせてご覧ください!

【ダブル】マスターランク級でのポケモン使用率!(2020/1/2〜1/12)

ダブルバトルの使用率

トップ30

集計期間:2020/1/13~1/19

データ数:250

マスターボール級の対戦データのみを集計しています。

前回分(2020/1/2~1/12)と比較して順位が上がったポケモンは「」で、順位が下がったポケモンは「」、順位の変動がないポケモンは「→」で示しています。

順位ポケモンKP(かぶりポイント)採用率
1トゲキッス10642.4%
2ドラパルト8734.8%
3エルフーンエルフーン7329.2%
4ドリュウズ7028.0%
5トリトドン5622.4%
6ウインディ5321.2%
7バンギラス4919.6%
8ジュラルドン4819.2%
9オーロンゲ4417.6%
10ドサイドン3614.4%
11リザードン3514.0%
12ウオノラゴンウオノラゴン3413.6%
13ギャラドスギャラドス3313.2%
13ローブシン3313.2%
15カビゴン3212.8%
15ヒヒダルマ3212.8%
17バイバニラ2911.6%
18コータス2710.8%
19インテレオンのアイコンインテレオン228.8%
19ニンフィア228.8%
19カットロトム228.8%
22ミミッキュ197.6%
23サマヨール187.2%
23ミロカロス187.2%
23イエッサン♀187.2%
26アーマーガア176.8%
26ゴチルゼル176.8%
28ペリッパーペリッパー166.4%
28シャンデラ166.4%
28ヤミラミ166.4%

ピックアップ

ふぶき、フリーズドライを覚えるバイバニラに注目

これまで当サイトで集計した使用率で一度もTOP30入りしたことがなかったバイバニラが、今週は17位にランクインしました。

バイバニラの強みは特性のゆきふらしで天候をあられ状態にできるため、「ふぶき」を必中で打てることで、「ふぶき」はこおりタイプの全体技であるため依然として使用率が高いドラパルト+トゲキッスの並びに強く、使用率3位のエルフーンに対しても天候ダメージ+「ふぶき」により1ターンで倒すことができるため、注目が高まっています。

また、現在使用率の高いみずタイプは「フリーズドライ」が4倍弱点なポケモンが多く(ウオノラゴンギャラドスペリッパーなど)、「フリーズドライ」を使える点も強みとなっています。

フリーズドライを覚える主なポケモン

>>ラプラスの育成論と対策はこちら

ローブシンの増加

ローブシンの使用率が大きく上昇しています。(先週:24位⇒今週13位)

現在の使用率上位にはバンギラス+ドリュウズの並びを始めとしてかくとう弱点のポケモンが多く、高い物理耐久を持ち、強力なかくとう技を使えるローブシンはその対策として優秀です。

使用率1位のトゲキッスには弱いものの、トゲキッスを倒されるとローブシンが倒せないようなパーティも少なくなく、ローブシンが苦手な相手を倒してから終盤に繰り出す使い方が強力です。

持ち物は特性がてつのこぶしの場合はとつげきチョッキ、こんじょうの場合はかえんだまを持っていることが多いように見受けられます。

>>ローブシンの育成論と対策はこちら

おわりに

2020/1/13~1/19分のマスターランク級のダブルバトル使用率と環境の変化について紹介しました。

今後も毎週末に使用率の記事を投稿する予定です。

是非ご覧ください!

Twitterで最新情報をチェック!