【ダブル】マスターランク級でのポケモン使用率!(2020/2/16~2/22)

はじめに

今回も、ランクマッチダブルバトルでのポケモンの使用率の集計を行いました。

データはすべてマスターボール級のものとなっています。

前回の記事もあわせてご覧ください!

【ダブル】マスターランク級でのポケモン使用率!(2020/2/9~2/15)

ダブルバトルの使用率

トップ30

集計期間:2020/2/16~2/22

データ数:200

マスターボール級の対戦データのみを集計しています。

前回分(2020/2/9~2/15)と比較して順位が上がったポケモンは「」で、順位が下がったポケモンは「」、順位の変動がないポケモンは「→」で示しています。

順位ポケモンKP(かぶりポイント)採用率
1トゲキッス8944.5%
2ドリュウズドリュウズ6532.5%
2エルフーンエルフーン6532.5%
2ドラパルトドラパルト6532.5%
5バンギラス6030.0%
6ローブシン5125.5%
7ウインディのアイコンウインディ4120.5%
8リザード3618.0%
9ニンフィア3517.5%
9ウォッシュロトムのアイコンウォッシュロトム3517.5%
11オーロンゲ3417.0%
12ミロカロス3115.5%
13バイバニラアイコンバイバニラ2512.5%
14ギャラドスギャラドス2412.0%
14ブルンゲル2412.0%
16シャンデラ2311.5%
16ミミッキュ2311.5%
18ジュラルドン2211.0%
19トリトドン199.5%
19ゴチルゼルゴチルゼル199.5%
19ヒヒダルマ199.5%
22アイアントアイアント189.0%
23サマヨール168.0%
24ドサイドン157.5%
24コータス157.5%
26ウオノラゴンウオノラゴン147.0%
27インテレオンのアイコンインテレオン136.5%
27イエッサン♀136.5%
27カットロトムカットロトム136.5%
30アーマーガアアーマーガア126.0%
30サザンドラのアイコンサザンドラ126.0%

ピックアップ

ニンフィア

集計期間(2020年)2/1~2/82/9~2/152/16~2/22
順位20位18位9位

トリックルーム展開を狙うパーティが増えてきており、非ダイマックスで高火力の全体技を打つことができるニンフィアを使用するプレイヤーが増えてきました。

持ち物は火力を重視したこだわりメガネせいれいプレート、はがねタイプの前でも動かせるリリバのみ、音技であるハイパーボイスを打ちながら自身のとくこうを上昇させるのどスプレーなどが多いです。

2020年2月21~23日に行われた2020 Oceania International Championshipsのマスター部門で優勝したMarco Hemantha Kaludura選手のパーティにも入っており、今後ますます注目のポケモンです。

Marco Hemantha Kaludura選手のパーティ
エルフーンウオノラゴンヒートロトムのアイコン

https://twitter.com/VGCVictoryRoad/status/1231429320654163969

ウォッシュロトムウォッシュロトムのアイコン

集計期間(2020年)2/1~2/82/9~2/152/16~2/22
順位10位10位→9位

シーズン3ではウォッシュロトムはこれまでの3回の集計でトップ10入りしています。

シーズン2から増え始めた、わるだくみあくのはどうを採用していのちのたまじしゃくなどの火力アップアイテムを持たせたパワーの高い型が環境に多く存在しています。

また、サイドチェンジが採用されている可能性があるため、サポートとしても強力なポケモンです。

>>ウォッシュロトムの育成論と対策はこちら

おわりに

2020/2/16~2/22分のマスターランク級のダブルバトル使用率と環境の変化について紹介しました。

今後も毎週末に使用率の記事を投稿する予定です。

お楽しみに!

Twitterで最新情報をチェック!

ダブル最新記事