【ダブル】マスターランク級でのポケモン使用率!(2020/2/1~2/8)

【ダブル】マスターランク級でのポケモン使用率!(2020/2/1~2/8)

はじめに

今回も、ランクマッチダブルバトルでのポケモンの使用率の集計を行いました。

データはすべてマスターボール級のものとなっています。

前回の記事もあわせてご覧ください!

【ダブル】マスターランク級でのポケモン使用率!(2020/1/27~1/31)

ダブルバトルの使用率

トップ30

集計期間:2020/2/1~2/8

データ数:186

マスターボール級の対戦データのみを集計しています。

前回分(2020/1/27~1/31)と比較して順位が上がったポケモンは「」で、順位が下がったポケモンは「」、順位の変動がないポケモンは「→」で示しています。

順位 ポケモン KP(かぶりポイント) 採用率
1 トゲキッス 77 41.6%
2 エルフーンエルフーン 61 33.0%
3 ドリュウズドリュウズ 54 29.2%
4 ドラパルトドラパルト 50 27.0%
5 ジュラルドン 47 25.4%
6 バンギラス 40 21.6%
7 ウインディのアイコンウインディ 36 19.5%
7 ローブシン 36 19.5%
9 トリトドン 34 18.4%
10 オーロンゲ 32 17.3%
11 ウォッシュロトムのアイコンウォッシュロトム 28 15.1%
12 ギャラドスギャラドス 26 14.1%
13 リザード 25 13.5%
14 サマヨール 23 12.4%
14 カビゴン 23 12.4%
14 シャンデラ 23 12.4%
17 バイバニラアイコンバイバニラ 22 11.9%
17 ミロカロス 22 11.9%
17 イエッサン♀ 22 11.9%
20 ニンフィア 19 10.3%
21 インテレオンのアイコンインテレオン 16 8.6%
21 アーマーガア 16 8.6%
23 ヒヒダルマ 15 8.1%
24 ドサイドン 14 7.6%
24 コータス 14 7.6%
24 ミミッキュ 14 7.6%
24 ブルンゲル 14 7.6%
28 バンバドロ 13 7.0%
28 ヤミラミ 13 7.0%
28 カットロトムカットロトム 13 7.0%

ピックアップ

トゲキッス

シーズン2不動の1位がまたもや1位にランクイン。

このゆびとまれやサイドチェンジ、あくびでサポート役としても一級の強さです。

また、弱点保険で火力を上げられるダイマックスする型も存在するなど型を見極めることが非常に難しいポケモンです。

>>トゲキッスの育成論と対策はこちら

バイバニラバイバニラアイコン

シーズン2から順位をあげてきたポケモンです。

全体技かつ通りの良い「ふぶき」をタイプ一致で打つことができます。また、自身の特性「ゆきふらし」により「ふぶき」が必中になります。

そうした強みからシーズン2の最終1位のパーティでも採用されています。

 

【S2ダブル最終1位】サルバニラファミリー

ニンフィア

特性「フェアリースキン」によって、ノーマル技をより高い威力のフェアリー技にすることができます。

また、今世代からはマジカルフレイムを習得し、フェアリーとの相性補完が良いサブウェポンを手に入れました。

2020年2月8日に行われたてんのめぐみオフでの決勝戦の両プレイヤーがニンフィアを使っており、今後要注目なポケモンです。

>>てんのめぐみオフの配信のYouTubeアーカイブはこちら

おわりに

2020/2/1~2/8分のマスターランク級のダブルバトル使用率と環境の変化について紹介しました。

合わせて、シーズン2の使用率まとめ記事もチェックしてください。

【ダブル】マスターランク級でのポケモン使用率!(シーズン2まとめ)

今後も毎週末に使用率の記事を投稿する予定です。

お楽しみに!

ダブルカテゴリの最新記事