【ダブル】トゲキッスの育成論と対策【ポケモン剣盾】

【ダブル】トゲキッスの育成論と対策【ポケモン剣盾】

トゲキッスの育成論の画像

トゲキッスの基本データ

HP 85 タイプ

フェアリー
こうげき 50 ひこう
ぼうぎょ 95 特性

はりきり
とくこう 120 てんのめぐみ
とくぼう 115 夢特性 きょううん
すばやさ 80

トゲキッスの特徴

高い耐久と豊富な補助技

トゲキッスはHP、防御、特防がすべて高水準であり、HP振りだけでドリュウズの「アイアンヘッド」やウォッシュロトムの「10まんボルト」などのタイプ一致弱点技を耐えることができるほどです。

加えて補助技も豊富で、「このゆびとまれ」、「てだすけ」、「しんぴのまもり」などで味方を守ったり強化する技や、「あくび」、「でんじは」、「アンコール」などの相手を妨害する技を使えるため、サポート役として優秀なポケモンです。

裏をかいたアタッカー型も強力

「このゆびとまれ」などの補助技を使うことで有名なトゲキッスですが、特攻の種族値が120もあるためアタッカーとして使うのも強力です。

厄介なトゲキッスを処理するために弱点を突こうとしてきたところに、じゃくてんほけん持ちのトゲキッスをダイマックスさせて反撃することができます。

 

トゲキッスの技

有用な攻撃技

マジカルシャイン タイプ一致技。全体技なので削りとして優秀。
エアスラッシュ タイプ一致技。特性のてんのめぐみと合わせることで相手を6割の確率で怯ませることができます。
かえんほうしゃ 苦手なはがねタイプへの打点。命中安定なのが強み。
だいもんじ かえんほうしゃでは火力が足りない場合に。
ねっぷう 相手2体を攻撃可能なほのお技。かえんほうしゃ、だいもんじと選択。
はどうだん かくとう打点が欲しい場合に。対バンギラスピンポイントになりがちなので優先度は低め。
しんそく 先制技。火力は低いがきあいのタスキ潰しとして優秀。

有用な補助技

このゆびとまれ 味方のサポートをできるほか、相手のコンボ(ふくろだたき+せいぎのこころや味方に攻撃してじゃくてんほけんを発動させるコンボなど)を妨害できる点も強力です。
あくび ダイマックスポケモンや積み技を使うポケモンなどの交代したくない相手に打つのが強力な技。
てだすけ 味方の火力を上昇させる、汎用性の高い補助技。
しんぴのまもり 「おにび」や「あくび」の対策として。
でんじは てんのめぐみ+「エアスラッシュ」と合わせることで相手を高確率で行動不能にすることができます。
わるだくみ アタッカー型の選択肢として。
まもる 耐久が高く集中攻撃されやすいため、そこに「まもる」を合わせられると強力です。

トゲキッスの型

※敬称略

※型の一例を表示していますが、パーティ記事の詳細とは少し異なる場合があります。

サポート型

特性 きょううんorてんのめぐみ
持ち物 リリバのみ
性格 おだやか
実数値(努力値) 191(244)-*-122(52)-141(4)-176(196)-102(12)
マジカルシャインorエアスラッシュ/このゆびとまれ

あくび/てだすけ

調整

HB:いじっぱりドリュウズのいのちのたま「ダイスチル」最高乱数以外耐え

HD:ひかえめトゲキッスのダイジェット確定3発

S:少しでもサポートトゲキッスミラーで上を取れる可能性を増やす

C:残り

高い耐久を生かして「このゆびとまれ」で味方のサポートをおこなう型です。

「このゆびとまれ」で相手の攻撃を引き寄せている隙にドラパルトの「りゅうのまい」ドラパルトやドリュウズの「つるぎのまい」ドリュウズといった強力な積み技を使い、全抜きを狙います。

「あくび」は相手のダイマックスポケモンに打つのが強力で、相手にダイマックスターンが残ったポケモンを引っ込めるか眠らせるかの二択を迫ることができます。

はがねタイプのドリュウズの使用率が高いため、ドリュウズの「ダイスチル」を耐えるために持ち物はリリバのみを持つのが主流になっています。

特性と攻撃技は遅いポケモンやトリックルームに対して怯みを狙える「てんのめぐみ+エアスラッシュ」ダメージ効率のいい全体技に加えて急所に当たりやすく大ダメージを狙いやすい「きょううん+マジカルシャイン」のどちらの組み合わせも強力です。パーティや好みに合わせて選択しましょう。

この型のトゲキッスを採用したパーティ

じゃくてんほけん型

特性 きょううん
持ち物 じゃくてんほけん
性格 ひかえめ
実数値(努力値) 191(244)-*-123(60)-167(92)-136(4)-114(108)
マジカルシャイン/エアスラッシュ

かえんほうしゃ/このゆびとまれ

調整

H:16n-1(天候ダメージ割合最小)

B:ダイマックス時、いじっぱりドリュウズのいのちのたま「ダイスチル」耐え

C:+2ダイバーンでH4振りダイマックスドリュウズ確定1発

S:準速バンギラス抜き、ダイジェット後最速100族抜き

「このゆびとまれ」によるサポートが厄介なトゲキッスは相手にとって早急に処理したいポケモンであり、はがね技やでんき技で弱点を突いて倒しに来ることが多いです。

そこで刺さるのがこのじゃくてんほけん型トゲキッスです。

相手が弱点を突いて倒しに来たところをダイマックスの耐久上昇によって耐え、じゃくてんほけんを発動させて返り討ちにします。

また、このときに「ダイジェット」を打って素早さを上げることで、圧倒的な制圧力を誇ります。

アタッカー型ではありますが「このゆびとまれ」を採用することで、エルフーン+ウインディエルフーンウインディのアイコンのせいぎのこころコンボなど使ってくる相手に対してはその対策にも使うことができ、ダイマックスさせた場合は「ダイウォール」を使えるようになります。

ピントレンズきょううん型

特性 きょううん
持ち物 ピントレンズ
性格 おくびょう
実数値(努力値) 162(12)-*-120(36)-168(220)-136(4)-143(236)
マジカルシャイン/エアスラッシュ

かえんほうしゃ/このゆびとまれ

調整

HB:陽気ドラパルトのいのちのたま「ダイホロウ」耐え

C:急所「ダイフェアリー」でH252D4振りダイマックスドラパルト確定1発

S:「ダイジェット」後最速ドラパルト抜き

こちらもアタッカー型のトゲキッスです。

ピントレンズ+特性のきょううんによって、すべての攻撃技を1/2の確率で急所に当てることができます。

急所は自分の能力ダウンや相手の能力アップを無視することができるため、「バークアウト」の特攻ダウンや「ダイアース」の特防アップ、「ひかりのかべ」を無視して攻撃できる点が強みです。

この型のトゲキッスを採用したパーティ

こだわりメガネ型

特性 てんのめぐみorきょううん
持ち物 こだわりメガネ
性格 ひかえめ
実数値(努力値) 175(116)-x-116(4)-189(252)-138(20)-115(116)
マジカルシャイン/エアスラッシュ/
かえんほうしゃ/このゆびとまれ

調整

H:16n-1
C:全振り
S:準速バンギラス+2

特攻種族値120から繰り出されるこだわりメガネ「マジカルシャイン」や「エアスラッシュ」で相手をどんどん削っていきます。

ダイマックス中はこだわりメガネの効果は発動しませんが、ダイマックスが切れた後は「ダイジェット」による素早さ上昇から高火力の「マジカルシャイン」を打てる点が強力です。

特性は2つ候補があり、「エアスラッシュ」の追加効果を重視するならてんのめぐみ、「マジカルシャイン」が急所に当たる確率を上げたい場合はきょううんを選択しましょう。

この型のトゲキッスを採用したパーティ

きょうせいギプス型

特性 てんのめぐみ
持ち物 きょうせいギプス
性格 なまいき
実数値(努力値) 192(252)-*-123(60)-140-160(196)-76 ※S個体値0
エアスラッシュ/おさきにどうぞ
このゆびとまれ/あくびorまもる

調整

H-B-D:最も合計耐久指数が高くなるパターンで一番Bが高くなるように
S:最遅

素早さを下げることでトリックルーム状態で最遅ドサイドンや最遅トリトドンよりも先に動けるため、おさきにどうぞやエアスラ怯み、あくびなどで妨害してテンポを取らせないようにすることができます。

トリックルームされない場合においても、このゆびとまれでサポートすることができるのが強みです。

この型のトゲキッスを採用したパーティ

トゲキッスの使用率

当サイトが集計した、ランクバトル(ダブル)の使用率の記事からトゲキッスの順位を参照しています。

ダブル使用率まとめ

 

トゲキッスとの主な組み合わせ

ドラパルトドラパルト

シーズン1初期から長く使われている組み合わせで、「このゆびとまれ」をしている間にドラパルトが「りゅうのまい」を積み、全抜きを狙います。

無対策だと何もできずに負けてしまうため、対策必須の並びです。

>>ドラパルトの育成論と対策はこちら

ドリュウズドリュウズ

「このゆびとまれ」をしながら「つるぎのまい」を積み、ドリュウズで全抜きを狙う並びです。

トゲキッスが飛行タイプであるため「じしん」が打ちやすいこと、トゲキッスが苦手なはがねタイプに対してドリュウズがじめん技を打てることなどタイプ面でも相性がいいです。

>>ドリュウズの育成論と対策はこちら

カビゴンカビゴンのアイコン

こちらも「このゆびとまれ」+積み技の組み合わせで、攻撃を引き寄せているうちに「はらだいこ」を積みます。

相手のダイマックスポケモンに対してあくびを入れられる他、苦手なかくとうタイプのポケモンに対して打点があるためカビゴンを動かせる隙を作りやすいです。

 

トゲキッスの対策

ドリュウズドリュウズ

トゲキッスに有利なはがねタイプであり、素早さもドリュウズのほうが上です。

現在のトゲキッスはリリバのみorダイマックスじゃくてんほけん型のどちらかがほとんどであるため、「つるぎのまい」で攻撃を上げてから「ダイスチル」で確実に1発で倒すのがおすすめです。

>>ドリュウズの育成論と対策はこちら

ヒヒダルマ

いじっぱりヒヒダルマの「つららおとし」はずぶといHBトゲキッスを1発で倒すことができます。

ただし、ダイマックス型には耐えられてしまうため注意が必要です。

>>ヒヒダルマ(ガラルのすがた)の育成論と対策はこちら

トリックルーム+ドサイドンサマヨールの画像ドサイドンの画像

トリックルーム下でドサイドンのじゃくてんほけんを発動させ、ダイロックで一撃で倒すことを狙います。

トリックルーム役にはサマヨールがオススメです。型がわかりづらいトゲキッスの持ち物を特性の「おみとおし」で確認することができます。

>>サマヨールの育成論と対策はこちら

さいごに

トゲキッスの育成論と対策について紹介しました!

非常に強力で使用率の高いポケモンなので、より強い使い方や対策の仕方などの考察に役立てば嬉しいです。

トゲキッスの育成論の画像

ダブルカテゴリの最新記事