2022年もポケモンダブルバトルのコンテンツを中心に情報発信していきます。今年もよろしくお願いします!

【ダブル】マスターランク級でのポケモン使用率!(シーズン5まとめ)

はじめに

シーズン5でのランクマッチダブルバトルのポケモンの使用率の集計を行いました。

データはすべてマスターボール級のものとなっています。

後半では、シーズン4と比べて使用率が上がったポケモンをピックアップしています。

前回のシーズン4使用率のまとめ記事もあわせてご覧ください!

【ダブル】マスターランク級でのポケモン使用率!(シーズン4まとめ)

ダブルバトルの使用率

トップ30

集計期間:2020/4/1~5/1(シーズン5)

データ数:756

マスターボール級の対戦データのみを集計しています。

シーズン4と比較して順位が上がったポケモンは「」で、順位が下がったポケモンは「」、順位の変動がないポケモンは「→」で示しています。

順位ポケモンKP(かぶりポイント)採用率
1ドラパルト ドラパルト29539.0%
2トゲキッスのアイコン トゲキッス27135.8%
3ドリュウズ ドリュウズ20326.9%
4サマヨールの画像 サマヨール19826.2%
4バンギラスの画像 バンギラス19826.2%
6ミミッキュ ミミッキュ16221.4%
7エルフーン エルフーン15320.2%
7ウォッシュロトムのアイコン ウォッシュロトム15320.2%
9ガオガエン ガオガエン13517.9%
10ローブシン ローブシン13217.5%
11ミロカロス ミロカロス12416.4%
12ウインディのアイコン ウインディ12116.0%
13ナットレイのアイコン ナットレイ10814.3%
14リザードン リザードン10313.6%
15ニンフィアの画像 ニンフィア10213.5%
16フシギバナ フシギバナ9412.4%
17 アシレーヌ8911.8%
18ラプラス ラプラス8511.2%
19コータスのアイコン コータス8110.7%
20ドサイドンの画像 ドサイドン7910.4%
21イエッサンの画像 イエッサン♀7810.3%
22シャンデラの画像シャンデラ648.5%
23ピッピのアイコン ピッピ638.3%
24ジュラルドン ジュラルドン628.2%
25トリトドンのアイコントリトドン567.4%
26ウオノラゴン ウオノラゴン526.9%
27オーロンゲのアイコン オーロンゲ506.6%
28アーマーガア アーマーガア466.1%
28セキタンザンのアイコン セキタンザン466.1%
30ギャラドス ギャラドス425.6%

シーズン5で使用率が上昇した主なポケモン

使用率が上昇したポケモンをいくつかピックアップして紹介します。

なお、表の「S1」はシーズン1、「圏外」は30位圏外の略称です。

ドラパルトドラパルト

集計期間S1S2S3S4S5
順位1位2位4位2位1位

シーズン1以来、ドラパルトが久しぶりに1位にランクインしました。

シーズン4では耐久物理のじゃくてんほけん持ちが増えましたが、シーズン5ではダイビングを採用したドラパルトが増加しています。

>>ドラパルトの育成論と対策はこちら

エルフーンエルフーン

集計期間S1S2S3S4S5
順位4位3位3位→13位7位

シーズン4ではガオガエンの台頭や、エルフーンと組み合わせることの多いジュラルドンの使用率低下などによって使用率が下がっていました。

シーズン5では使用率の高いサマヨールのトリックルームの展開を防ぐためのちょうはつ、ねこだましより先に打ちサポートできるてだすけなどの採用が見られ、環境に適用した型で使用率を従来の順位付近に戻しています。

>>エルフーンの育成論と対策はこちら

ナットレイナットレイの画像

集計期間S1S2S3S4S5
順位27位圏外圏外→26位13位

INC Feb.以降数を伸ばし、現環境ではみずタイプ+サマヨール+ナットレイの形で採用されることが多いです。

とつげきチョッキで高耐久と技範囲の広さを実現している型もあれば、てっぺき+ボディプレス+やどりぎのタネで詰めていく型も存在します。

アシレーヌ

集計期間S1S2S3S4S5
順位圏外圏外→17位

アシレーヌはポケモンHOME解禁で使用できるようになりました。

他のみずタイプと比べるとフェアリータイプの技を高火力で打てること、とくこう種族値が126と高い点などが魅力的なポケモンです。

セキタンザン

集計期間S1S2S3S4S5
順位圏外圏外圏外圏外→28位

シーズン4からはセキタンザンのキョダイマックスが解禁されました。

キョダイマックスセキタンザンの専用技キョダイフンセキは4ターンの間いわタイプ以外にターン終了時1/6のダメージを与える効果を持っています。

単体性能が高いポケモンではありませんが、特性「じょうききかん」+じゃくてんほけんによるコンボで強力な選出圧力を相手に与えることができます。

セキタンザンを採用したパーティ

おわりに

シーズン5のマスターランク級のダブルバトル使用率と環境の変化について紹介しました。

毎シーズン後にシーズンの使用率まとめの記事を投稿する予定となっています。

今後も是非ご覧ください!

Twitterで最新情報をチェック!