【ダブル】ウーラオスの育成論と対策【ポケモン剣盾】

【ダブル】ウーラオスの育成論と対策【ポケモン剣盾】

ウーラオスの基本データ

HP 100 タイプ

かくとう
こうげき 130 あく(いちげき)/みず(れんげき)
ぼうぎょ 100 特性 ふかしのこぶし
とくこう 63
とくぼう 60 夢特性 なし
すばやさ 97

ウーラオスの特徴

特性「ふかしのこぶし」でまもる系の技を無視

ウーラオスの使う直接技は特性「ふかしのこぶし」により、まもる系の技を無視できます。(ダイウォールは無視できない)

ダブルバトルにおいては非常に強力で、交代先がいない場合などは、ウーラオスと対面した時点で詰むこともあり得ます。

必ず急所に当たる「あんこくきょうだ」と「すいりゅうれんだ」

「いちげきのかた」は あんこくきょうだ を、「れんげきのかた」は すいりゅうれんだ をそれぞれ習得します。

どちらも必ず急所に当たる技で、特性「いかく」によるランクダウンや、ダイスチルなどによるランクアップの影響を無視することが可能です。

わざ タイプ 威力 命中 分類
あんこくきょうだ あく 80 100 物理
あくのかたを極めし強烈な一撃。必ず急所に当たる。
わざ タイプ 威力 命中 分類
すいりゅうれんだ みず 25 100 物理
みずのかたを極めし流れるような3回の連撃。必ず急所に当たる。

キョダイマックスの選択肢

キョダイマックス技のキョダイイチゲキキョダイレンゲキはまもる系の技に加え、ダイウォールも無視するため特性「よびみず」などで無効化されない限りは必ず当たります。

一方で、通常ダイマックスのダイアークやダイストリームも追加効果も強力なため、パーティにとってどちらが有益か判断して選択肢のひとつとして使いましょう。

ウーラオスの技

有用な攻撃技(いちげき)

あんこくきょうだ メインウエポン。急所必中により安定したダメージソースに。
ふいうち タイプ一致先制技。縛れる範囲が広がる優秀な技。
イカサマ はらだいこなどでこうげきが極端に上昇した相手に対し有効。
ふくろだたき 特性「せいぎのこころ」を発動可能。
じごくづき ニンフィアのハイパーボイスを阻止できる。
うっぷんばらし 限定的な場面のみだが、あんこくきょうだを上回る威力になる。
バークアウト 比較的高いすばやさからとくこうを下げられる。

有用な攻撃技(れんげき)

すいりゅうれんだ メインウエポン。急所必中によりウインディの「いかく」も無視して弱点を突ける。
アクアジェット タイプ一致先制技。まもる系の技を無視するためミリ残しを狩りやすい。
たきのぼり オボンのみの圏外から一気に倒せる。
アクアブレイク 20%の確立でぼうぎょダウン

有用な攻撃技(共通)

インファイト タイプ一致技。
かわらわり タイプ一致技。オーロラベールやリフレクターを破壊可能。
ほのおのパンチ アイアントに対する最大打点。
れいとうパンチ ひこう、ドラゴン、くさタイプを強打できる。
かみなりパンチ ギャラドスに対して有効。アシレーヌなどに対しても打点になる。
いわなだれ リザードンに対して有効な打点。ひるみも強力。
つばめがえし ダイジェット用。
アイアンヘッド フェアリータイプに対する打点。
がんせきふうじ 無効化されないS操作技。外れることも。
とんぼがえり 特性の関係で交代が決まりやすい。
ローキック S操作技。まもる貫通のためダイウォール以外に対して成功する。
どくづき フェアリータイプに対する打点。
しねんのずつき モロバレルに対する打点になるほか、ひるみも期待できる。

有用な変化技(共通)

みきり 大事に扱いたい場面に。
まもる ふういんの対象になりやすいが、とびはねるに対してPP勝負を仕掛けられる。
ちょうはつ 特性の関係でまもる系の技を打たれにくいため通りやすい。
コーチング 味方のこうげきとぼうぎょを上げる。このゆびとまれで吸えない。
みがわり 状態異常技の対策として。
ビルドアップ 積み技。つるぎのまいは覚えない。
こわいかお すばやさを2段階下げる。
てだすけ 縛られている状況でも味方のサポートができる。

ウーラオスの型

※型の一例を表示しています。

きあいのタスキ型(いちげきのかた)

特性 ふかしのこぶし
持ち物 きあいのタスキ
性格 ようき
実数値(努力値) 175-182(252)-120-*-81(4)-163(252)
インファイト/あんこくきょうだ
ふいうち/まもる

オーソドックスなきあいのタスキ型です。

これだけでも十分使いやすい性能で、ねこだましなどに対してまもるを使用することで被害を抑えるなど柔軟さが特徴です。

あんこくきょうだ+ふいうちで広い範囲を縛れるため、ダイマックスしたドラパルトなどにも強気に出られます。

この型のウーラオスを採用したパーティ

こだわりハチマキ型(れんげきのかた)

特性 ふかしのこぶし
持ち物 こだわりハチマキ
性格 ようき
実数値(努力値) 175-182(252)-120-*-81(4)-163(252)
すいりゅうれんだ/インファイト
いわなだれ/れいとうパンチ

「ふかしのこぶし」を有効に使い、高い圧力を押し付ける型です。

攻撃面は非常に強力ですが、まもるがない分弱点も突かれやすいため防御面はこのゆびとまれなどでサポートしてあげるとより活躍が見込めます。

この型のコータスを採用したパーティ

こだわりスカーフ型(れんげきのかた)

特性 ふかしのこぶし
持ち物 こだわりスカーフ
性格 いじっぱり
実数値(努力値) 175-200(252)-120-*-81(4)-149(252)
インファイト/すいりゅうれんだ
ほのおのパンチ/コーチング

アイアントや、セキタンザン+ドラパルトなど本来抜けない相手に上から打点を持てる型です。

コーチングを上から使用できるため、ドラパルトなどの高速ダイマックスエースの補佐としても使えます。

ウーラオスの使用率

当サイトが集計した、ランクバトル(ダブル)の使用率の記事からウーラオスの順位を参照しています。

ダブル使用率まとめ


ウーラオスとの主な組み合わせ(いちげきのかた)

リザードンリザードンの画像

リザードンの苦手とするバンギラスに対してウーラオスが強く出られます。

キョダイゴクエンの定数ダメージでふいうちの圏内に押し込んだりと攻防ともにシナジーがある組み合わせです。

>>リザードンの育成論と対策はこちら

ドラパルトドラパルト

ダイホロウダイジェットでウーラオスの攻撃力を底上げします。

ゴースト、ひこう、かくとう、あくの打点域は非常に広く、簡単には受けられない超攻撃的な組み合わせとなります。

>>ドラパルトの育成論と対策はこちら

ウーラオスとの主な組み合わせ(いちげきのかた)

インテレオンインテレオン

こちらはシリーズ6を想定した組み合わせです。

ダイストリームですいりゅうれんだの威力を上げられたり、ダイジェットですばやさを上昇させられます。

天敵であるゴリランダーがいない環境ならではの組み合わせです。

ウーラオスの対策(共通)

アシレーヌアシレーヌ

あく、みず、かくとう全てを半減に抑え、ムーンフォースで弱点を突けるため正面から打ち合えます。

ダイマックスエースとしての汎用性も高く、自然に組み込める対策です。

>>アシレーヌの育成論と対策はこちら

ファイアローファイアロー

特性「はやてのつばさ」が発動していれば上から弱点を突くことができます。

おいかぜによるサポートで味方が上からウーラオスを攻撃できる状況を作ってあげることも有効です。

オーロンゲオーロンゲのアイコン

特性「いたずらごころ」から打つでんじはで「れんげきのかた」のすばやさを奪うことができます。

「いちげきのかた」に対しては有効打をタイプ一致では貰わないため、ソウルクラッシュで弱点を突くことができます。

さいごに

ダブルバトルにおけるウーラオスの育成論と対策について紹介しました!

みなさんのパーティ考察や育成の参考になれば幸いです。

記事内容は追加され次第更新していく予定です。

ダブルカテゴリの最新記事