2022年もポケモンダブルバトルのコンテンツを中心に情報発信していきます。今年もよろしくお願いします!

【ダブル】マスターランク級でのポケモン使用率!(シーズン1まとめ)

はじめに

シーズン1でのランクマッチダブルバトルのポケモンの使用率の集計を行いました。

また、トップ10のポケモンの解説と対策も紹介しています。

是非ご覧ください!

ダブルバトルの使用率

トップ30

集計期間:2019/11/18~2020/1/1(シーズン1)

データ数:923

順位ポケモンKP(被りポイント)採用率
1ドラパルトドラパルト35037.9%
2ドリュウズドリュウズ32134.8%
3ウインディウインディ30533.0%
4エルフーン26628.8%
5アーマーガアアーマーガア20221.9%
6ウォッシュロトムウォッシュロトム17819.3%
7バンギラスの画像バンギラス17719.2%
8トゲキッストゲキッス17018.4%
9トリトドン16017.3%
10ジュラルドンジュラルドン14115.3%
11ニンフィア14015.2%
11ウオノラゴンウオノラゴン14015.2%
13ミミッキュ13514.6%
14オーロンゲオーロンゲ13114.2%
15ギャラドス13014.1%
16ウォーグルの画像ウォーグル12313.3%
17ドサイドンの画像ドサイドン11512.5%
18コータスの画像コータス11011.9%
19サザンドラ9910.7%
20カットロトム9210.0%
21イエッサンの画像イエッサン♀909.8%
21リザードンの画像リザードン909.8%
23ブリムオンブリムオン798.6%
23カビゴンカビゴン798.6%
25シャンデラの画像シャンデラ768.2%
26バンバドロの画像バンバドロ748.0%
27ナットレイの画像ナットレイ657.0%
28ローブシンの画像ローブシン636.8%
28ヒヒダルマヒヒダルマ636.8%
30サマヨールの画像サマヨール606.5%

トップ10ポケモン

1位 ドラパルトドラパルト

使用率

集計期間順位
2019/11/18~11/251位
2019/11/26~12/11位
2019/12/2~12/84位
2019/12/9~12/152位
2019/12/16~12/221位
2019/12/23~2020/1/11位

圧倒的使用率を誇る今作の600族です。

ドラパルトの多くは非常に高いすばやさからダイマックスで攻撃をしてくるため、基本的には一回はドラパルトの攻撃を通されてしまいます。

また、シーズン1中盤からはトゲキッスと共に先発で出すプレイヤーが多くなり、サポート型ドラパルトも増えてきました。

依然として採用率がトップクラスであるので、対策は必須といえます。

対策

ヒヒダルマヒヒダルマ…「こだわりスカーフ」を持って「つららおとし」を打てばダイマックスしたドラパルトを倒せます。

バンギラスバンギラスの画像…ダイマックスしたドラパルトの攻撃を受け、あく技で返り討ちにします。

 

ドラパルトの育成論と対策はこちら↓

【ダブル】ドラパルトの育成論と対策【ポケモン剣盾】

 

2位 ドリュウズドリュウズ

使用率

集計期間順位
2019/11/18~11/254位
2019/11/26~12/14位
2019/12/2~12/82位
2019/12/9~12/151位
2019/12/16~12/223位
2019/12/23~2020/1/12位

環境序盤はとくせい「すなかき」を活かした型でバンドリウォーグルの一角として流行していました。

中盤では、とくせい「かたやぶり」が注目されました。ウォッシュロトムの「ふゆう」やミミッキュの「ばけのかわ」を無視して攻撃できる強力な性能を持っています。

シーズン1の終盤では、再び「すなかき」での採用が多くなり、先発「ドリュウズ+トゲキッス」がメジャーな並びとなりました。

ドリュウズのタイプであるじめんとはがねはダイマックスするとそれぞれ「ダイアース」「ダイスチル」となり、自身を含めた味方の耐久を上げることができます。

対策

ウインディウインディ…「いかく」によるこうげきダウンと「おにび」、ほのお技の攻撃が有効です。

カットロトム…じめん技を等倍で受けることができ、「おにび」で弱体化を狙えます。

ドサイドンドサイドンの画像…トリックルーム下でドサイドンの「じゃくてんほけん」を発動させて「ダイアース」で一撃で倒します。

ドリュウズの育成論と対策はこちら↓

【ダブル】ドリュウズの育成論と対策【ポケモン剣盾】

3位 ウインディウインディ

使用率

集計期間順位
2019/11/18~11/258位
2019/11/26~12/12位
2019/12/2~12/81位
2019/12/9~12/154位
2019/12/16~12/222位
2019/12/23~2020/1/13位

とくせい「いかく」でサイクル戦を可能にします。

環境中盤からはとくせい「せいぎのこころ」を活かしたアタッカーでの採用も増えてきました。見せ合い時点でエルフーンがいる場合は「せいぎのこころ」である可能性が非常に高いです。

「せいぎのこころ」コンボ…手持ちの生存数(4匹)分あくわざで攻撃する「ふくろだたき」で、あく技を受ける度こうげきランクを1段階上昇させる「せいぎのこころ」のポケモンのこうげきランクを一気に高めること。

技に関しては、「バークアウト」、「おにび」、「てだすけ」など補助技も充実しています。

対策

みずタイプのポケモンウォッシュロトムウオノラゴン…ウインディからの攻撃を受けることができ、みず技で大きく削ることができます。

「このゆびとまれ」を覚えるポケモントゲキッスイエッサンの画像…「せいぎのこころ」ウインディに対して有力な技です。「ふくろだたき」を吸ってコンボを阻止しましょう。

ウインディの育成論と対策はこちら↓

【ダブル】ウインディの育成論と対策【ポケモン剣盾】

4位 エルフーン

使用率

集計期間順位
2019/11/18~11/2510位
2019/11/26~12/16位
2019/12/2~12/82位
2019/12/9~12/153位
2019/12/16~12/224位
2019/12/23~2020/1/14位

とくせい「いたずらごころ」「おいかぜ」を使える唯一のポケモンです。

「おいかぜ」によるすばやさ上昇が使用したターンでも有効に働くようになったこともあり、使用率が高くなっています。

対策

トリックルームブリムオンサマヨールの画像…「メンタルハーブ」や「サイコフィールド」、「このゆびとまれ」を利用してトリックルームを張ることでエルフーンの「おいかぜ」展開を阻止します。

イエッサン♀イエッサンの画像…特性「サイコメイカー」で対象を取られる変化技を無効化し、「このゆびとまれ」で味方をサポートします。

エルフーンの育成論と対策はこちら↓

【ダブル】エルフーンの育成論と対策【ポケモン剣盾】

5位 アーマーガアアーマーガア

使用率

集計期間順位
2019/11/18~11/255位
2019/11/26~12/13位
2019/12/2~12/86位
2019/12/9~12/156位
2019/12/16~12/226位
2019/12/23~2020/1/113位

とくせい「ミラーアーマー」により、能力ランクの減少を無効化し、相手に跳ね返します。

中盤からは「てっぺき」や「ビルドアップ」で能力を上昇させ、「ボディプレス」で攻撃にしにいく型も増えました。

途中まで一桁台を保持していましたが、シーズン1終盤では13位と採用率は下がりました。

対策

とくしゅの一致弱点技で倒しに行く立ち回りが良いでしょう。

ほのおタイプのポケモンリザードンの画像コータスの画像ウインディ…タイプ一致のほのお技で弱点を突くことで倒せます。

ロトムウォッシュロトム…でんき技で倒しにいきましょう。

アーマーガアの育成論と対策はこちら↓

【ダブル】アーマーガアの育成論と対策【ポケモン剣盾】

6位 ウォッシュロトムウォッシュロトム

使用率

集計期間順位
2019/11/18~11/2515位
2019/11/26~12/15位
2019/12/2~12/88位
2019/12/9~12/155位
2019/12/16~12/229位
2019/12/23~2020/1/117位

とくせい「ふゆう」により、弱点が実質くさタイプのみであり、優秀なタイプを持っています。(かたやぶりドリュウズにはじめん弱点を突かれてしまいます)

特に、ガラル地方にいるでんきタイプで対戦でよくみかけるのは各種ロトムくらいであり、それ故貴重なでんき打点を担っています。

「おにび」「サイドチェンジ」でサポートをします。

対策

ドリュウズドリュウズ…「かたやぶり」でじめん技が通ります。

カットロトム…ウォッシュロトムの打点を半減で受け、「リーフストーム」で弱点を突けます。

トリトドン…ウォッシュロトムからの攻撃を無効化することができます。

ウォッシュロトムの育成論と対策はこちら↓

【ダブル】ウォッシュロトムの育成論と対策【ポケモン剣盾】

7位 バンギラスバンギラスの画像

集計期間順位
2019/11/18~11/252位
2019/11/26~12/16位
2019/12/2~12/813位
2019/12/9~12/157位
2019/12/16~12/228位
2019/12/23~2020/1/16位

とくせい「すなおこし」を持つ600族です。

ダイマックスすれば大抵のこうげきを耐えることができ、弱点も突かれやすいので「じゃくてんほけん」での採用が多いです。

また、「おにび」が至る所から飛んでくるので「ラムのみ」での採用も増えています。

対策

アーマーガアアーマーガア…「てっぺき」を積んで、「ボディプレス」で倒しに行きます。

ドリュウズドリュウズ…「すなかき」の効果をタダ乗りできます。バンギラスの「じゃくてんほけん」に注意しながら戦いましょう。

ドサイドンドサイドンの画像…トリックルーム下でドサイドンの「じゃくてんほけん」を発動させて「ダイアース」で一撃で倒します。

バンギラスの育成論と対策はこちら↓

【ダブル】バンギラスの育成論と対策【ポケモン剣盾】

8位 トゲキッストゲキッス

使用率

集計期間順位
2019/11/18~11/2530位圏外
2019/11/26~12/112位
2019/12/2~12/823位
2019/12/9~12/1510位
2019/12/16~12/227位
2019/12/23~2020/1/15位

シーズン1の中盤から使用率を伸ばしました。

「このゆびとまれ」「あくび」「てだすけ」での強力なサポートができる一方、ダイマックスする「じゃくてんほけん」を持ったアタッカーでの採用も見られました。

今後も使用率は高いと予想されるので、対策が必要です。

対策

ジュラルドンジュラルドン…「ダイサンダー」でエレキフィールドを張ることであくびをケアします。

ラムのみ…ねむり状態を回復できるので「あくび」を受けても攻め続けることができます。

【ダブル】トゲキッスの育成論と対策【ポケモン剣盾】

9位 トリトドン

使用率

集計期間順位
2019/11/18~11/2522位
2019/11/26~12/119位
2019/12/2~12/85位
2019/12/9~12/158位
2019/12/16~12/225位
2019/12/23~2020/1/113位

とくせい「よびみず」により、みず技を無効化し、自身のとくこうを1段階上昇させます。

「たくわえる」、「とける」、「じこさいせい」、「あくび」、「クリアスモッグ」など詰めや補助として優秀な技を覚えます。

対策

くさタイプの技が4倍弱点であるので、くさ技で倒すことが良いでしょう。

カットロトム…「リーフストーム」で倒しにいきます。

ギャラドス…みず技は通らないものの、8世代で新規習得した「パワーウィップ」で倒すことができます。

【ダブル】トリトドンの育成論と対策【ポケモン剣盾】

10位 ジュラルドンジュラルドン

使用率

集計期間順位
2019/11/18~11/2518位
2019/11/26~12/118位
2019/12/2~12/813位
2019/12/9~12/159位
2019/12/16~12/2210位
2019/12/23~2020/1/17位

ドラゴン・はがねという優秀なタイプを持つポケモンです。

基本的にはダイマックスを使用して戦います。

とくせい「すじがねいり」により、採用率が高い「このゆびとまれ」や「サイドチェンジ」を無視して攻撃できるので、現環境に合ったポケモンといえます。

対策

ドリュウズドリュウズ…「ダイアース」でとくぼうを上昇させながら戦えます。

ウインディウインディ…「バークアウト」でダイマックス中のジュラルドンのとくこうを下げる立ち回りが可能です。

【ダブル】ジュラルドンの育成論と対策【ポケモン剣盾】

おわりに

シーズン1のマスターランク級のダブルバトル使用率とトップ10の解説、対策について紹介しました。

シーズン2ではキョダイマックスポケモンが一部解禁されます。解禁されるキョダイマックスポケモンについてはこちらの記事で紹介しています。

ランクマッチシーズン2から使えるキョダイマックスポケモン10種紹介

解禁されたキョダイマックスポケモンが環境にどのような影響を及ぼすのか楽しみですね。

また、シーズン2でも使用率の記事を出す予定となっています。

その際は是非ご覧ください!

Twitterで最新情報をチェック!