【ダブル】マスターランク級でのポケモン使用率!(シーズン10まとめ)

【ダブル】マスターランク級でのポケモン使用率!(シーズン10まとめ)

ポケモン剣盾ダブル使用率

はじめに

シーズン10でのランクマッチダブルバトルのポケモンの使用率の集計を行いました。

データはすべてマスターボール級のものとなっています。

後半では、要注目なポケモンをピックアップして解説します。

前回のシーズン9使用率のまとめ記事はこちら↓↓

【ダブル】マスターランク級でのポケモン使用率!(シーズン9まとめ)

シリーズ6で禁止となるポケモン

シリーズ6で使用できないポケモン

フシギバナ
ギャラドス
ギャラドス
ポリゴン2
ポリゴン2
バンギラス
バンギラス
コータスのアイコン
コータス
カバルドン
カバルドン
ジバコイル
ジバコイル
トゲキッスのアイコン
トゲキッス
ドリュウズ
ドリュウズ
エルフーン
エルフーン
ガオガエン
ガオガエン
ミミッキュ
ミミッキュ
ゴリランダー
ゴリランダー
エースバーン
エースバーン
イエッサンオスイエッサンの画像
イエッサン
ドラパルト
ドラパルト

2020/9/1からの新ルール“シリーズ6”ではダブルバトルでおなじみのポケモンが軒並み使用禁止になったほか、シングルバトルで人気のカバルドンやミミッキュも使用できません。

ダブルバトルの使用率

トップ30

集計期間:2020/9/1~9/30(シーズン10)

データ数:846

マスターボール級の対戦データのみを集計しています。

シーズン9と比較して順位が上がったポケモンは「」で、順位が下がったポケモンは「」、順位の変動がないポケモンは「→」で示しています。

順位 ポケモン KP(かぶりポイント) 採用率
1 ウーラオス ウーラオス 338 40.0%
2 アシレーヌ 242 28.6%
3 モロバレル モロバレル 231 27.3%
4 ウインディのアイコン ウインディ 215 25.4%
5 サマヨールの画像 サマヨール 201 23.8%
6 ファイアロー ファイアロー 198 23.4%
7 ナットレイのアイコン ナットレイ 161 19.0%
8 パッチラゴン パッチラゴン 150 17.7%
9 ピッピのアイコン ピッピ 118 13.9%
10 ニンフィアの画像 ニンフィア 109 12.9%
11 リザードン リザードン 102 12.1%
12 テラキオン テラキオン 100 11.8%
13 ラプラス ラプラス 96 11.3%
14 ポリゴンZ ポリゴンZ 88 10.4%
15 オーロンゲのアイコン オーロンゲ 80 9.5%
16 トリトドン トリトドン 77 9.1%
16 ウォーグル ウォーグル 77 9.1%
16 ブリムオン ブリムオン 77 9.1%
19 ジュラルドン ジュラルドン 68 8.0%
20 ウオノラゴン ウオノラゴン 62 7.3%
21 セキタンザンのアイコン セキタンザン 59 7.0%
22 ウルガモス ウルガモス 55 6.5%
23 ゲンガー ゲンガー 53 6.3%
24 ドサイドンの画像 ドサイドン 51 6.0%
25 ヤミラミ ヤミラミ 50 5.9%
26 ミロカロス ミロカロス 48 5.7%
26 ダダリンダダリン 48 5.7%
28 ライチュウ ライチュウ 47 5.6%
29 キュウコン キュウコン 46 5.4%
29 ウォッシュロトムのアイコン ウォッシュロトム 46 5.4%

シーズン10で使用率上位に入った主なポケモン

使用率上位のポケモンをいくつかピックアップして紹介します。

ウインディウインディのアイコン

シーズン10:4位

特性「いかく」のほのおタイプのポケモンです。

シーズン5までは同じほのおタイプでいかく持ちのガオガエンが優先されることが多く使用率は低迷していましたが、シリーズ6ではガオガエンやギャラドスが禁止されており、貴重ないかく持ちポケモンとして採用されることが多くなっています。

>>ウインディの育成論と対策はこちら

ウインディを採用したパーティ

ファイアローファイアロー

シーズン10:6位

特性「はやてのつばさ」により、おいかぜを先制で打つことができるため、使用禁止となっているエルフーンに代わっておいかぜ要員として採用することが増えています。

ウーラオス、ラプラス、パッチラゴンウーラオスラプラスパッチラゴンなどをアタッカーとしてファイアローと一緒に採用しているパーティが多くみられます。

ファイアローを採用したパーティ

パッチラゴンパッチラゴン

シーズン10:8位

パッチラゴンは特性「はりきり」と高威力のでんげきくちばしが魅力なポケモンですが、ドラパルトやトゲキッス、ドリュウズに素早さで負け、タイプ一致の弱点技を打たれてしまう点がネックになっていました。

ですが、シーズン10では苦手なポケモンの多くが禁止されており、でんき技の通りも良いのでパッチラゴンが戦いやすい環境になっています。

ニンフィアニンフィアの画像

シーズン10:10位

トゲキッスやミミッキュといった強力なフェアリータイプが禁止されているため、特性「フェアリースキン」による高火力の全体技、ハイパーボイスを打つことができるニンフィアの使用率が上昇しています。

火力を上げる持ち物を持たせることが多く、こだわりメガネせいれいプレートがメジャーです。

>>ニンフィアの育成論と対策はこちら

ダダリンダダリン

シーズン10:26位

くさ・ゴーストタイプのトリックルームアタッカーです。

モロバレルのキノコのほうしやいかりのこなを無効化し、トリックルーム中に対面することが多いアシレーヌニンフィアサマヨールなどに実質タイプ一致で弱点をつける攻撃範囲の広さが魅力的なポケモンです。

主な持ち物

じゃくてんほけん…トリックルーム起動役であるサマヨールのかげうちで発動させることが非常に多いです。

いのちのたま…単体で高火力を出せる持ち物。パーティ内で競合しやすいのがネック。

おわりに

シーズン10のマスターランク級のダブルバトル使用率と環境の変化について紹介しました。

当サイトでは毎シーズン後にシーズンの使用率まとめの記事を投稿する予定です。

今後も是非ご覧ください!

ダブルカテゴリの最新記事