【ダブル】ニンフィアの育成論と対策【ポケモン剣盾】

【ダブル】ニンフィアの育成論と対策【ポケモン剣盾】

ニンフィアの基本データ

HP 95 タイプ

フェアリー
こうげき 65
ぼうぎょ 65 特性

メロメロボディ
とくこう 110
とくぼう 130 夢特性 フェアリースキン
すばやさ 60

ニンフィアの特徴

フェアリースキンによる高火力

特性「フェアリースキン」により、ノーマルタイプの技が威力1.2倍のフェアリー技に変換されます。

これにより、「ハイパーボイス」を実質威力108、命中100のフェアリー全体技として使うことができます。

ニンフィアの技

有用な攻撃技

※ノーマルタイプ技もタイプ一致扱いで紹介します

ハイパーボイス タイプ一致全体技。「うるおいボイス」と違い威力補正が乗る。
ムーンフォース タイプ一致技。単体技が欲しいときに。
はかいこうせん タイプ一致の最終兵器。
ミストバースト 退場技。ミストフィールドで威力が上がる。
でんこうせっか 先制技。特性が乗るため意外と火力が出る。
マジカルフレイム ソードシールドで新規習得の炎技。Cを下げる効果が便利。
ウェザーボール 天候によってタイプと威力が変化するトリッキーな技。

有用な変化技

めいそう CDを1段階up。現環境ではあまり打つ余裕はない。
しんぴのまもり モロバレルやあくび対策に。
まもる/みきり PP意識ならまもる、ふういんを意識するならみきりの選択。

ニンフィアの型

※型の一例を表示しています。

こだわりメガネ型

特性 フェアリースキン
持ち物 こだわりメガネ
性格 れいせい
実数値(努力値) 191(164)-*-99(108)-176(236)-150-64 ※S個体値14~15
ハイパーボイス/ムーンフォース
はかいこうせん/マジカルフレイム

「ハイパーボイス」の火力を底上げした型です。

また「はかいこうせん」はダイマックスバンギラスを倒せるほどの火力が出せる為、非常に強力です。

この型のニンフィアを採用したパーティ

せいれいプレート型

特性 フェアリースキン
持ち物 せいれいプレート
性格 ひかえめ
実数値(努力値) 202(252)-76-86(4)-178(252)-150-58 ※S個体値0
ハイパーボイス/マジカルフレイム
でんこうせっか/みきり

「こだわりメガネ」より火力が落ちる代わりに柔軟性を持たせた型です。

最遅で紹介していますが、「おいかぜ」を使うパーティならSを底上げると良いでしょう。

ニンフィアは最速で素早さを123まで上げることが出来ます。

また、実数値107以上に設定すれば、おいかぜ下でドラパルトに先制することができます。

この型のニンフィアを採用したパーティ

ニンフィアの使用率

当サイトが集計した、ランクバトル(ダブル)の使用率の記事からニンフィアの順位を参照しています。

ダブル使用率まとめ

ニンフィアとの主な組み合わせ

サマヨール

「トリックルーム」によってニンフィアの中途半端な素早さを補うことが出来ます。

サマヨールは一例で、ミミッキュ等の他のポケモンと合わせても良いでしょう。

>>サマヨールの育成論と対策はこちら

エルフーンエルフーン

「おいかぜ」で素早さのサポートを行います。

ニンフィアは中途半端な素早さのポケモンですが、裏を返せばトリルでも追い風でも運用可能な素早さであるといえます。

「うそなき」でニンフィアの射程をさらに広げられる点も相性が良いです。

>>エルフーンの育成論と対策はこちら

ギャラドスギャラドス

全体技の「ハイパーボイス」で削った相手をギャラドスの攻撃技で倒し、特性「じしんかじょう」を発動させる動きが強力です。

「ダイジェット」の効果が乗ればニンフィアの圧力も加速度的に上がっていきます。

>>ギャラドスの育成論と対策はこちら

ニンフィアの対策

ドリュウズドリュウズ

フェアリーを半減できる鋼タイプの中でも、特に汎用性が高く採用しやすいポケモンです。

ダイマックスすればより安定して戦えます。

素の耐久の種族値自体はあまり高くないため、後出しはややリスクがあるといえます。

>>ドリュウズの育成論と対策はこちら

ジュラルドンジュラルドン

特性「すじがねいり」により、このゆびとまれやサイドチェンジを無視してニンフィアを縛ることが出来ます。

ドリュウズ以上に耐久面が薄く、そもそもフェアリー技は等倍なので満タン近いHPで対面させたいポケモンです。

>>ジュラルドンの育成論はこちら

アーマーガアアーマーガア

晴れウェザーボールにでも被弾しない限り、殆どの攻撃を受け切れるポケモンです。

マジカルフレイムを打たれた場合、特性「ミラーアーマー」によってニンフィアの特攻を下げることが可能です。

タイマンに持ち込めば負けないので、隣にいる鋼対策のポケモンをいかに処理するかが肝になります。

>>アーマーガアの育成論と対策はこちら

さいごに

ダブルバトルにおけるニンフィアの育成論と対策について紹介しました!

みなさんのパーティ考察や育成の参考になれば幸いです。

記事内容は追加され次第更新していく予定です。

ダブルカテゴリの最新記事